キム・テリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キム・テリ
김태리
김태리
2017 Asia Artist Awards』にて (2017年11月)
本名 김태리
生年月日 (1990-04-24) 1990年4月24日(29歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
身長 166 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2014年 - 現在
事務所 J,WIDEカンパニー
公式サイト J,WIDE-COMPANY Official Website
主な作品
映画
お嬢さん
1987、ある闘いの真実
リトル・フォレスト 春夏秋冬
テレビドラマ
ミスター・サンシャイン
テンプレートを表示
キム・テリ
各種表記
ハングル 김태리
発音: キム・テリ
英語表記: Kim Tae-ri
テンプレートを表示

キム・テリ: 김태리1990年4月24日 - )は、韓国女優ソウル特別市出身。J,WIDEカンパニー所属[1]

略歴[編集]

ヨンシン女子実業高校を経て[2]慶煕大学校新聞放送学科を卒業[1]。大学時代は演劇サークルに所属し[3]、コンビニやファストフード店など多数のアルバイトを経験した[4][5][6]

2014年、「THE BODY SHOP」のTVCMで芸能界デビューした後、数多くのCMに出演[7]

2016年公開のパク・チャヌク監督作品『お嬢さん』で、1,500人の中からオーディションを経て主人公の一人 ナム・スッキ(珠子)役に抜擢され、長編映画デビュー[8][9][注 1]。第37回青龍映画賞や第11回アジア・フィルム・アワードをはじめ、国内外の映画祭で多数の新人賞を獲得した(受賞歴参照)[11][12]。作品自体も第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にノミネートされ[13]、第71回英国アカデミー賞最優秀外国語作品賞を受賞するなど国際的に高い評価を得た[14][15]

2017年には初単独主演作『ムニョン[16]、翌2018年には『リトル・フォレスト 春夏秋冬』と立て続けに主演映画が公開[17][18]。また、観客動員数720万人超えを記録した2017年公開の映画『1987、ある闘いの真実』にヨニ役で出演[19]

2018年に放送されたテレビドラマ『ミスター・サンシャイン』(tvN)では、連続ドラマ初出演にしてイ・ビョンホンと共に主演を務めた[20][21]

2020年公開予定の映画『勝利号』で主演を務めることが決定している[22]

出演[編集]

映画[編集]

短編[編集]

  • 뭐보노?(2015年) - 女子高生 役
  • 누구인가(2015年) - テリ 役
  • 락 아웃(2015年) - 女 役

長編[編集]

テレビドラマ[編集]

CM・広告[編集]

受賞歴[編集]

  • 第37回青龍映画賞 - 新人女優賞(2016年、『お嬢さん』)[11]
  • 第11回アジア・フィルム・アワード - 新人女優賞(2016年、『お嬢さん』)[12]
  • 第16回ディレクターズ・カット・アワード - 今年の女性新人演技者賞(2016年、『お嬢さん』)[43]
  • 第17回釜山映画評論家協会賞 - 新人演技者賞(2016年、『お嬢さん』)[44]
  • 第25回釜日映画賞 - 女性新人演技賞(2016年、『お嬢さん』)[44]
  • 第8回今年の映画賞 - 新人女優賞(2016年、『お嬢さん』)[45]
  • 第17回今年の女性映画人賞 - 新人演技賞(2016年、『お嬢さん』)[46]
  • 第6回Marie Claire Film Festival英語版 - ルーキー賞(2016年、『お嬢さん』)[47]
  • 第17回大韓民国青少年映画祭 - 新人女優部門 人気映画人賞(2016年、『お嬢さん』)[48]
  • CINE21映画賞 - 今年の新人女優賞(2016年、『お嬢さん』)[49]
  • 第2回Asia Artist Awards - 俳優部門 ベストエンターテイナー賞(2017年)[50]
  • 第18回ディレクターズ・カット・アワード - 今年の女性演技者賞(2018年、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』)[51]
  • 第18回大韓民国青少年映画祭 - 女性俳優部門 人気映画人賞(2018年、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』)[52]
  • 第13回大韓民国大学映画祭 - 演技賞(2018年、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』)[53]
  • 第2回申フィルム芸術映画祭 - チェ・ウンヒ俳優賞(2018年、『リトル・フォレスト 春夏秋冬』)[54]
  • 第6回APAN Star Awards英語版 - 女性新人賞(2018年、『ミスター・サンシャイン』)[55]
  • 第9回大韓民国大衆文化芸術賞 - 文化体育観光部大臣表彰(2018年)[56]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 監督のパク・チャヌクは、キム・テリを抜擢した理由について「私の前でもまったく気おくれすることがなく、自分の意見をはっきり言える女優。オーディションでも、ほかの女優が似たような演技をする中、彼女は全く違った解釈で演じてくれた。彼女なりの考えを持っている点を高く評価した」と述べている[10]

出典[編集]

  1. ^ a b “キム・テリ プロフィール”. WoW!Korea (エイアイエスイー). https://www.wowkorea.jp/profile/100674.html 2019年8月24日閲覧。 
  2. ^ “キム・テリ、美しすぎる卒業写真が話題…変わらない美貌に“視線集中””. Kstyle (LINE). (2016年6月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046123 2016年6月3日閲覧。 
  3. ^ “[Oh!쎈 Pick③]김태리, 연극 동아리 학생→'아가씨'까지 6년”. OSEN. (2016年6月9日). http://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003335209 2016年12月28日閲覧。 
  4. ^ “「リトル・フォレスト」キム・テリ“原作の日本の情緒を、韓国に合わせて表現した””. Kstyle (LINE). (2018年3月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2088533 2018年3月19日閲覧。 
  5. ^ “「アガシ」キム・テリはアルバイト経験豊富な学生だった!?”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2016年12月24日). https://kt.wowkorea.jp/news-read/10477.html 2016年12月24日閲覧。 
  6. ^ “映画界の宝石キム・テリ、ドラマ界でも原石になれるのか”. もっと!コリア (O2CNI). http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=57663 2017年7月6日閲覧。 
  7. ^ a b c d “パク・チャヌク監督新作映画に抜てきのキム・テリ、すでにCMスター”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2014年12月10日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2014/1210/10135446.html 2014年12月10日閲覧。 
  8. ^ a b “パク・チャヌク新作「お嬢さん」キム・ミニ&ハ・ジョンウ&チョ・ジヌン&キム・テリ出演決定”. Kstyle (LINE). (2014年12月9日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2009636 2014年12月9日閲覧。 
  9. ^ “「お嬢さん」キム・テリ“ベッドシーン、同性愛が重要な映画ではありません””. Kstyle (LINE). (2016年6月14日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046112 2016年6月14日閲覧。 
  10. ^ 韓国の鬼才パク・チャヌク監督、新作『お嬢さん』を語る. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年3月4日) 2017年3月4日閲覧。
  11. ^ a b “パク・ジョンミン&キム・テリ「第37回青龍映画賞」で男女新人賞を受賞!”. Kstyle (LINE). (2016年11月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057699 2016年11月26日閲覧。 
  12. ^ a b “女たちの勢いが止まらない!『お嬢さん』 アジア・フィルム・アワードにて最多4部門受賞”. TSUTAYA (TSUTAYA). (2017年3月23日). https://tsutaya.tsite.jp/news/cinema/i/34804059/index 2017年3月23日閲覧。 
  13. ^ “【PHOTO】映画「お嬢さん」キム・ミニ&ハ・ジョンウら、カンヌ国際映画祭レッドカーペットに登場”. Kstyle (LINE). (2016年5月15日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2044842 2016年5月15日閲覧。 
  14. ^ “パク・チャヌク監督、映画「お嬢さん」が英国アカデミー賞で外国語映画賞を受賞”. Kstyle (LINE). (2018年2月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2087890 2018年2月19日閲覧。 
  15. ^ ““成人指定”で全世界、異例の大ヒット!パク・チャヌク監督の最新作「お嬢さん」官能的なスペシャル本編映像が解禁…3/3日本公開”. Kstyle (LINE). (2017年2月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2062662 2017年2月3日閲覧。 
  16. ^ a b ““怪物新人”キム・テリ、初の主演デビュー作「ムンヨン」1月12日に公開”. Kstyle (LINE). (2016年12月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2059972 2016年12月27日閲覧。 
  17. ^ “キム・テリ&リュ・ジュンヨル&チン・ギジュ主演「リトル・フォレスト」韓国で2月28日に公開決定”. Kstyle (LINE). (2018年1月30日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2086668 2018年1月30日閲覧。 
  18. ^ “日本映画リメイク作がWヒットを記録!「いま、会いにゆきます」「リトル・フォレスト」が韓国で大人気”. Kstyle (LINE). (2018年3月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2089559 2018年3月19日閲覧。 
  19. ^ “「1987、ある闘いの真実」キム・テリ“偉大な先輩たちが出演、私の負担は少なかった””. Kstyle (LINE). (2017年12月22日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2084550 2017年12月22日閲覧。 
  20. ^ a b “イ・ビョンホン&キム・テリ主演ドラマ「ミスター・サンシャイン」来年下半期に編成予定”. Kstyle (LINE). (2017年12月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2083636 2017年12月7日閲覧。 
  21. ^ “キム・テリ「ミスター・サンシャイン」放送終了の感想を伝える“コ・エシンに出会えて幸せでした””. Kstyle (LINE). (2018年10月1日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2102001 2018年10月1日閲覧。 
  22. ^ “ソン・ジュンギ&キム・テリ主演「勝利号」香港企業と約5億相当の投資契約を締結…“韓国初の宇宙SF映画に期待””. Kstyle (LINE). (2019年5月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2118168 
  23. ^ “キム・テリ、映画「1987、ある闘いの真実」に出演確定…ハ・ジョンウ&カン・ドンウォンと共演”. Kstyle (LINE). (2017年1月31日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2062361 2017年1月31日閲覧。 
  24. ^ “リュ・ジュンヨル&キム・テリ主演映画「リトル・フォレスト」撮影スタート…3年間にわたる長期プロジェクトが開始”. Kstyle (LINE). (2017年1月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2062173 2017年1月26日閲覧。 
  25. ^ “ソン・ジュンギ&キム・テリ&チン・ソンギュ&ユ・ヘジン、映画「勝利号」出演が確定…7月クランクイン”. Kstyle (LINE). (2019年6月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2119084 2019年6月10日閲覧。 
  26. ^ “放送スタート「アントラージュ」ハ・ジョンウ&パク・チャヌク&キム・テリ、カメオも最強の存在感”. Kstyle (LINE). (2016年11月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2056252 2016年11月5日閲覧。 
  27. ^ “イ・ビョンホン&キム・テリ主演ドラマ「ミスター・サンシャイン」Netflixで全世界に向けて配信決定!”. Kstyle (LINE). (2018年7月6日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2096489 2018年7月6日閲覧。 
  28. ^ “LF 질스튜어트 액세서리, '아가씨' 김태리 모델 발탁”. NEWS1. (2016年7月29日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=421&aid=0002194045 2019年7月29日閲覧。 
  29. ^ “'김태리, 서울을 만나다' 오즈세컨 트래블로그, 두 번째 이야기”. スポーツ朝鮮. (2016年9月5日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=076&aid=0002983990 2016年9月5日閲覧。 
  30. ^ “김태리, '츠바키' 뮤즈 발탁…풍성한 긴 머리 돋보여”. MONEY TODAY. (2016年11月11日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=008&aid=0003772427 2016年11月11日閲覧。 
  31. ^ “아웃백, 남주혁·김태리·한승수의 블랙 라벨 컬렉션 광고 공개”. eNews Today. (2016年12月20日). http://www.enewstoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=662923 2016年12月26日閲覧。 
  32. ^ “[단독'괴물신인' 김태리, 첫 CF는 프랑스 코스메틱 브랜드”]. スポーツソウル. (2017年7月5日). http://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000166892 2017年7月5日閲覧。 
  33. ^ “[광고로 날다 ② SKT "저건 뭐지?" 궁금증으로 국민시선 안 놔준 '1등 자존심'”]. CNB Journal. (2017年8月18日). http://weekly.cnbnews.com/news/article.html?no=122941 2017年8月18日閲覧。 
  34. ^ “"시크 vs 러블리"…김태리, 가을의 여신 [화보”]. スポーツ朝鮮. (2017年9月5日). http://entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0003146369 2017年9月5日閲覧。 
  35. ^ “나이스크랍, 김태리 새로운 뮤즈로 발탁”. MoneyS. (2017年9月5日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=417&aid=0000268483 2017年9月5日閲覧。 
  36. ^ “キム・テリ、ジュエリーグラビアで見せた“宝石よりも輝く美貌””. Kstyle (LINE). (2017年8月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2075105 2017年8月5日閲覧。 
  37. ^ “LG생건 '오휘', 청순이미지 부상한 김태리 새모델 발탁”. NEWS1. (2017年9月4日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=421&aid=0002922049 2017年9月4日閲覧。 
  38. ^ “Apink ソン・ナウンからmiss A出身スジまで…ファッション&ビューティー界が新モデルを次々と起用”. Kstyle (LINE). (2018年3月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2086955 2018年3月5日閲覧。 
  39. ^ “キム・テリ、センス溢れる春ファッションを公開“爽やかな春の妖精””. Kstyle (LINE). (2018年2月16日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2087222 2018年2月16日閲覧。 
  40. ^ “キム・テリ、大人の魅力漂うグラビアのビハインドカットを公開…圧倒的な美しさ”. Kstyle (LINE). (2019年3月24日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2111959 2019年3月24日閲覧。 
  41. ^ “【PHOTO】キム・ヘス&キム・テリ、ビールブランドのイベントに出席”. Kstyle (LINE). (2018年5月4日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2092542 2018年5月4日閲覧。 
  42. ^ “투썸플레이스, 대세 배우 '김태리' 전속 모델로 발탁”. 韓国経済. (2018年5月19日). http://news.hankyung.com/article/201804241326g 2018年5月19日閲覧。 
  43. ^ “【PHOTO】イ・ビョンホンからKARA ギュリまで「ディレクターズ・カット・アワード」に出席”. Kstyle (LINE). (2016年8月13日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2050624 2016年8月13日閲覧。 
  44. ^ a b “パク・チャンウク監督「お嬢さん」国内外の映画祭で受賞相次ぐ”. もっと!コリア (O2CNI). (2016年12月7日). http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=46607 2016年12月7日閲覧。 
  45. ^ “【PHOTO】ソン・ガンホからソン・イェジンまで「今年の映画賞」授賞式に出席”. Kstyle (LINE). (2017年1月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2061590 2017年1月19日閲覧。 
  46. ^ “ソン・イェジン&キム・テリ「2016 今年の女性映画人賞」授賞式に出席…それぞれ演技賞&新人賞を受賞”. Kstyle (LINE). (2016年12月8日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2058563 2016年12月8日閲覧。 
  47. ^ “【PHOTO】チョン・ウソン、元4Minute ホ・ガユン、キム・テリら「marie claire映画祭」に出席”. Kstyle (LINE). (2017年3月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2064707 2017年3月3日閲覧。 
  48. ^ “전국 청소년이 뽑은 인기 영화인은?”. NEWS1. (2017年10月7日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0002977578 2017年10月7日閲覧。 
  49. ^ “2016년 올해의 신인 여자배우”. CINE21 Official Website. (2016年12月19日). http://www.cine21.com/news/view/?mag_id=85969 2016年12月19日閲覧。 
  50. ^ “イ・ジュンギ、イ・スンギ、SUPER JUNIORら「2017 Asia Artist Awards」受賞スピーチ総まとめ”. Kstyle (LINE). (2017年11月16日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2082246 2017年11月16日閲覧。 
  51. ^ “EXO ディオからキム・テリまで…監督たちが選ぶ“今年の俳優”に!「第18回ディレクターズ・カット・アワード」受賞者に選定”. Kstyle (LINE). (2018年12月12日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2106816 2018年12月12日閲覧。 
  52. ^ “차태현, 김태리 청소년이 뽑은 인기스타”. 금강일보. (2018年11月1日). http://www.ggilbo.com/news/articleView.html?idxno=559776 2018年11月1日閲覧。 
  53. ^ “"영화·영상 전공 대학생들의 축제"···제13회 대한민국 대학영화제 열렸다”. insight. (2018年11月24日). https://m.insight.co.kr/news/193445 2018年11月24日閲覧。 
  54. ^ “배우 김태리, 신필름예술영화제 최은희배우상 받는다”. 여성신문. (2018年8月30日). http://www.womennews.co.kr/news/144316 2018年8月30日閲覧。 
  55. ^ “양세종X장기용X김태리X원진아, 남녀신인상 공동수상 영예[2018 APAN”]. OSEN. (2018年10月13日). http://www.osen.co.kr/article/G1111008298 2018年10月13日閲覧。 
  56. ^ “문체부, 2018 대한민국 대중문화예술상 시상식 개최”. 내외뉴스통신. (2018年10月16日). http://www.nbnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=187314 2018年10月16日閲覧。 

外部リンク[編集]