韓国のビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビール
Korean beer and takju-01.jpg
韓国のビール
各種表記
ハングル 맥주
漢字 麥酒
2000年式 maekju
MR式 maekchu
IPA [mɛ̝k̚.t͈ɕu]
テンプレートを表示

韓国のビールでは、大韓民国(韓国)で製造および輸入されるビールの概要について記す。

概要[編集]

韓国では「メクチュ」(맥주、麥酒)と呼ばれるビールは、20世紀初頭に韓国に初めてもたらされた。ソウルの最初のビール醸造所1908年に開業した。[1]現在の2つの主要な醸造所は1920年代に遡る。Jinro Coors Breweryは、韓国で設立された3番目の醸造所で、1990年代に設立された。同社は後にOBビール(OB)によって買収された。1933年に設立されたHite Breweriesの旧称は朝鮮麦酒であった。同社は1998年にHite Breweriesに社名を変更した。[2]OBビール醸造所1933年に昭和キリン醸造所として設立された。1995年OBビール醸造所に社名を変更した。[3]

韓国のビール市場は現在、ハイト真露OBビールの大手メーカー2社によって支配されており、その他のブランドも現地市場で販売されている。HiteとOBのCassは、味も価格も大した違いはない(これらは主にから醸造されている)とみなされており、韓国のレストランバーは、一方の製品のみを常備しているところが多い。輸入ビールも韓国で入手可能だが、一般的に高価である。ソウルのダウンタウンにあるギネスのバーでは、通常8,000ウォンから15,000ウォンほどの値段がする。地元のブランドは通常3,000ウォン前後の値段である。最近では、醸造所が全国に広がり、洗練された兆しが増えている。韓国の大量生産されたビールのうち、100%の大麦麦芽で醸造されているのは、ハイトマックスOBゴールデンラガーである。

韓国市場でのマイクロブルワリーが少ないのは、政府の厳しい規制に起因する。これは、小規模な醸造業者が所有権のある場所でビールを提供することを制限している。これらの法律は、最終的に2011年6月に緩和され、地元のビール市場でいくつかの小規模な醸造業者にシェアを与えた。[4]

韓国で増加傾向なのは自家製である。原料や食料品はまだ限られているが、ビールを醸造している世帯が数多くある。韓国の自家製醸造プロセスを通じて、新規参入者を導く様々な醸造クラブも存在する。そのようなクラブの1つは韓国の Homebrew Korea である。[5]

国内ブランド[編集]

Gangseo ビール
Gangseo ビール
  • ハイトビール: Hite, Max, Dry D, S, Stout, Lager Beer, Prime Draft, J Draft, Queen's Ale[6]
    • ハイト眞露は、2006年にハイトビールが眞露(ジンロ)を買収したことで生まれた会社である。
      ハイトの前身である朝鮮麦酒株式会社は1933年大日本麦酒(サッポロアサヒの前身)が地元資本と折半で設立した。ジンロは1924年に韓国初のビール会社として設立された。HiteJinroは世界有数の「ソジュ」の製造社であり、他にもウイスキーやワインなど様々なアルコール飲料を製造している。[7][8]
  • OBビール (OB): OB Golden Lager, Cass brands (Cass Fresh, Cass Light, Cass Red, Cass Lemon), Cafri, Aleston
    • OBビール(OB)は1933年に設立された会社であり、OBゴールデンラガーは2011年に発売された。前身は麒麟麦酒系の「昭和麦酒」。だが皮肉なことにそのキリンの主力商品と言える一番搾りは2019年現在、ハイト眞露が取り扱っている。(OBが取り扱う日本ブランドはサントリー。)その一方で、Cassビールは旧ジンロ系であるジンロクアーズのブランドをOBが買収したものである。
  • ロッテリカー英語版: Kloud
    • ロッテチルソン英語版1950年に設立された。同社のオリジナル製品はレモンライムソフトドリンクだった。以降、同社では多数の飲み物を製造した。[9]
  • Korea Craft Brewery: ARK, Hitachino
    • KCBは、SMやLine Friendsなどの他のブランドと協力している。
  • 7Bräu: Gangseo
    • 7Bräu はソウル江西区の小さなパブとしてスタートし、ビールの名に地区名が入っている。地区の名前を付けられた最初の韓国のビールである(中国の青島醸造所、ニューヨークのブルックリンのブルックリン醸造所のような)。ラベルデザインには、江西地区に位置する金浦国際空港の空港管制塔が描かれている。[10]
  • Energin: Kimpo

国内ビール[編集]

Dryfinish, Cass
Max
OB premier
  • OBビール (OB)
    • Cass brands (Cass Fresh, Cass Light, Cass Red, Cass Lemon): Cassのブランド名で販売されるビールはいくつかある。 Cassは低温殺菌されていないラガーである。アルコール度数は6.9%で、Cass Redは現在販売されている最も強い品種である。[21]
    • OB Golden Lager: 主にペールホップから作られた全麦芽ビール。アルコール度数は4.8%。[22]
    • Cafri: 透明なビンとツイストオフキャップを持つ韓国初のビールである。アルコール度数は4.2%。[23]
    • Aleston: 黒と茶色のラベルで販売されている英国スタイルのエールである。Aleston Blackアルコール度数は5%、Aleston Brownアルコール度数は5.2%である。[24][25]
      Hite extra cold
Mango Lingo

ビール市場の歴史[編集]

これまで長らく、韓国の消費者にとってビールと言えばラガーであり、(エールなど)ほかの種類のビールは、それほど知られていなかった[28]。2012年頃の状況として、飲み屋においては焼酎(ソジュ)とビール(メクチュ)を混ぜて飲む(このような飲み方を「ソメク」소맥 と呼ぶ)、あるいはチキンとビールを組み合わせて飲食する、というのが強固な消費形態である[28]。寡占に安住した国内二大メーカーはラガーのみしか販売せず[28]、様々な味を求めるようになった消費者の要求に応えていなかった[28]。2011年にEUとの自由貿易協定(FTA)が発効し、外国ビールの輸入が活発化すると、従来の状況に不満を覚えていた消費者のニーズに応えるようになる[28]

焼酎やウイスキーの消費が伸び悩む中で、ビールの消費は成長を維持している[28]。ただし、これらの成長によって伸びたのは輸入ビールであった[28]2015年は外国ビールの輸入が前年に比べて3倍になった。[29] ビールブランドのPaulanerは、2015年前半に販売を上回り、続いてヒューガルデンとギネスが続いた。[30] 近年、韓国社会は一人暮らしが最も一般的で、家庭内でアルコールを飲むことに興味を示している。[31] この傾向は、韓国ドラマ「一人酒男女英語版朝鮮語版」に描かれている。[32]

韓国のビール市場は主にOBとHiteJinroが支配している。しかし近年、ロッテリカーはクロウドと共にビール市場に参入し、3者間競争を起こしている。

輸入ビール[編集]

韓国市場では、さまざまな海外ビールブランドがあり、関心が急速に高まっている。 ヒューガルデンハイネケンバドワイザーなどの主要ブランドは、韓国のビール市場で高い評価を受けている。[33] 麦芽のコストのため、韓国のビールメーカーは、製造のためにトウモロコシ、米、タピオカを使用することに主に目を向けている。[34] 韓国のビールの麦芽率は約7%である。これに対し、ドイツのビールのモルト率は100%、日本のビールは66%である。[35] 2014年に欧州と韓国の自由貿易協定(FTA)が締結されたことで、海外ビールの輸入が大幅に増加した。[36]

マイクロブルワリー[編集]

Kloud

ビール祭り[編集]

龍山駅の韓国ビール祭
龍山駅の韓国ビール祭
  • Great Korean Beer Festival: ソウル龍山イパークモールスクエアで毎年開催される。外国と国内の両方のるビールがたくさんある。多くの食事オプションも用意されている。[43]
  • 大邱チメクフェスティバル: 2013年より大邱広域市で夏に開催されており、韓国では最大規模のイベントとなっている。名前は「チキン」と「ビール(メクチュ)」からの造語である[44]

製造終了したビール[編集]

  • OB, OB Lager, OB Blue: OB Golden Lagerの前身。
  • OB Super Dry.
  • Crown, Crown Super Dry: 1990年代初めまでのHite's(旧朝鮮醸造所)の主要製品。
  • Hite Prime: Maxに置き換えられた。
  • Hite Exfeel: Sに置き換えられた。
  • ARK: Korea Craft Breweryによる最初のクラフトビール[45]

統計[編集]

韓国のビール供給量 (2011)[46]
国内品 輸入品 合計
売上
億ウォン (KRW)
3,800
(93.8%)
250
(6.2%)
4,049
消費量
(キロリットル)
1,738,759
(96.7%)
58,993
(3.3%)
1,797,752
韓国へのビール輸入量 (2012)[46]
輸入額
(億ドル)
シェア (%)
日本 26.4 n/a
オランダ 9.9 n/a
アメリカ合衆国 6.5 n/a
アイルランド 6.5 n/a
中国 n/a n/a
ドイツ 5.8 n/a
メキシコ n/a n/a
ベルギー 2.1 n/a
国内および輸入ビール市場販売量 (2016)[47]
国内ビール

売上高 (億ウォン)

輸入ビール
2013 2110 300
2014 2140 360
2015 2165 500
2016

(推定)

2190 620

批判[編集]

エコノミストは、韓国のビールを北朝鮮大同江ビールと比べて退屈で悪いと批判した記事を発表した。 同誌は、一部の韓国のビールが、代わりにトウモロコシと米を使って大麦の麦芽を省略したと主張した。 この記事ではさらに、市場はHite-Jinro と OBビールで占めており、マイクロブルワリーが市場に参入することを妨いでいる、とした。[48] これに対し、韓国のビール会社は、「ほとんどの韓国産ビールが70%以上の麦芽を含んでおり、Hiteの MaxおよびOBのOB Golden Lagerには100%の麦芽が含まれている。米とトウモロコシは麦芽よりも安くはないが、これらの穀物は軽い味を生み出すために混合物中で使用している。」と主張している。 韓国の醸造所からの反対意見にも関わらず、多くの地元のビール愛好者は依然として地元のビールブランドの味に不満を抱いている。[49]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Seoul City Guide. Lonely Planet. (2009). https://books.google.com/books?id=mbY4EKG54eUC&pg=PA114&dq=korean+beer+1908&hl=en&sa=X&ei=btkBUfOPK-qs0AHypIC4Bg&ved=0CDIQ6AEwAQ#v=onepage&q=korean%20beer%201908&f=false. 
  2. ^ Naver`s Company dictionary, Naver`s Company dictionary (2016年11月28日). “THE HITEJINRO CO.,LTD”. http://terms.naver.com/entry.nhn?docId=1715507&cid=43167&categoryId=43167. 2017年4月8日閲覧。
  3. ^ Naver`s Company dictionary, Naver`s Company dictionary (2016年11月28日). “Oriental Brewery Company”. http://terms.naver.com/entry.nhn?docId=649787&cid=43167&categoryId=43167. 2017年4月8日閲覧。
  4. ^ "House beer"...Quality Competition Fiercely Allowed”. Korean Broadcasting System (2013年8月18日). 2017年4月8日閲覧。
  5. ^ Homebrew Korea”. 2017年4月8日閲覧。
  6. ^ HITEJINRO”. english.hitejinro.com. 2017年2月4日閲覧。
  7. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “HiteJinro”. http://www.hitejinro.com/main.asp. HiteJinro. 2017年4月8日閲覧。
  8. ^ Naver, Naver (2016年11月18日). “Naver Dictionary”. http://terms.naver.com/entry.nhn?docId=1715507&cid=43167&categoryId=43167. 2017年4月8日閲覧。
  9. ^ LOTTE CHILSUNG BEVERAGE” (朝鮮語). company.lottechilsung.co.kr. 2017年2月4日閲覧。
  10. ^ Jung, Youngil (2016年10月20日). “7brau launched their new beer brand "Gangseo beer".”. http://www.nextdaily.co.kr/news/article.html?id=20161020800008 2017年4月8日閲覧。 
  11. ^ Kim, Sungjin (2012年8月21日). “인삼쌀맥주 페스티벌, 김포 ‘에너진’ 성공 가능성 선보여”. asia news. http://www.anewsa.com/detail.php?number=383649&thread=09r02 2017年4月8日閲覧。 
  12. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “Hite”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_hite.asp?. 2017年4月8日閲覧。
  13. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “Max”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_maxb.asp. 2017年4月8日閲覧。
  14. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “Dry finish d”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_dryd.asp. 2017年4月8日閲覧。
  15. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “S”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_sbee.asp. 2017年4月8日閲覧。
  16. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “Stout”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_stou.asp. 2017年4月8日閲覧。
  17. ^ HITEJINRO”. english.hitejinro.com. 2017年2月5日閲覧。
  18. ^ HITEJINRO”. english.hitejinro.com. 2017年2月5日閲覧。
  19. ^ HITEJINRO”. english.hitejinro.com. 2017年2月5日閲覧。
  20. ^ HiteJinro, HiteJinro (2016年11月18日). “Queen`s ale”. http://www.hitejinro.com/Bran/Beer/bran_beer_queensale_blonde.asp. 2017年4月8日閲覧。
  21. ^ ::: OB :::” (朝鮮語). www.obbeer.co.kr. 2017年2月5日閲覧。
  22. ^ ::: OB :::” (朝鮮語). www.obbeer.co.kr. 2017年2月5日閲覧。
  23. ^ ::: OB :::” (朝鮮語). www.obbeer.co.kr. 2017年2月5日閲覧。
  24. ^ Team, The Untappd. “Untappd” (英語). Untappd. 2017年2月5日閲覧。
  25. ^ Team, The Untappd. “Untappd” (英語). Untappd. 2017年2月5日閲覧。
  26. ^ Kloud Beer USA – Rich & Smooth” (英語). kloudbeerusa.com. 2017年2月6日閲覧。
  27. ^ Korea Craft Brewery | Beer” (英語). www.koreacraftbrewery.com. 2017年2月6日閲覧。
  28. ^ a b c d e f g Lee, Jae-hoon (2016年3月28日). “국산맥주의 위기” (Korean). financial news. http://www.fnnews.com/news/201603281701054648 2017年4月8日閲覧。 
  29. ^ Kim, Hyang-in (2015年12月28日). “맥주 선호도 증가···맥주 수입액 300.6%↑”. Weeklytoday. http://www.weeklytoday.com/news/articleView.html?idxno=44208 2017年4月8日閲覧。 
  30. ^ Jeong, Yeong-ill (2015年6月9日). “맥주 선호도 변화…라거 지고 에일 뜨고…파울라너· 호가든·기네스 순”. aju-news. http://www.ajunews.com/view/20150608160345171 2017年4月8日閲覧。 
  31. ^ Kim, youngnam (2016年10月28日). “Bottoms up: more Koreans are drinking alone”. Korea Jooang daily. http://koreajoongangdaily.joins.com/news/article/Article.aspx?aid=3025440 2017年4月8日閲覧。 
  32. ^ Beck, Yoong-hui (2016年10月6日). “[ON+View┃방송 ‘혼술남녀’, 드라마도 사회적 흐름 따라간다]”. etnews. 2017年4月8日閲覧。
  33. ^ Park, ki-tae (2016年10月11日). “10월 수입맥주 브랜드 평판 1위 '호가든' 2위 '칭따오'”. Focus News. http://www.focus.kr/view.php?key=2016101100090811871 2017年4月8日閲覧。 
  34. ^ Seo, Chul-in (2010年8月18日). “‘안 마시면 어쩔래’ 배짱의 국내 맥주회사들” (Korean). monthly-chosun. http://monthly.chosun.com/client/news/viw.asp?nNewsNumb=201009100041 2017年4月8日閲覧。 
  35. ^ issue, today (2016年7月29日). “[이슈 투데이 국산 맥주는 맛이 없다? '김'빠진 한국 맥주”]. MBC News. http://imnews.imbc.com/replay/2016/nwtoday/article/4042747_19847.html 2017年4月8日閲覧。 
  36. ^ Park, Dong-ju (2016年3月30日). “수입맥주 전성시대…작년 맥주 수입량 사상최대”. yonhap news. http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/03/29/0200000000AKR20160329175800030.HTML?input=1195m 2017年4月8日閲覧。 
  37. ^ Jung, Hyeongsuk (2014年9月3日). “'아이팟' 엔지니어가 만드는 맥주는…코리아 크래프트 브류어리” (Korean). hankyung. http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201409032282g 2017年4月8日閲覧。 
  38. ^ Farm — The Hand & Malt” (朝鮮語). thehandandmalt.com. 2017年2月11日閲覧。
  39. ^ Magpie Brewing Co.” (英語). Magpie Brewing Co.. 2017年2月11日閲覧。
  40. ^ Kim, dahyun (2016年9月13日). “부산의 미국 스타일 맥주 양조장 보유한 브루펍, 갈매기 브루잉”. Aving global news network. http://kr.aving.net/news/view.php?articleId=1371771&Branch_ID=kr&rssid=naver&mn_name=news 2017年4月8日閲覧。 
  41. ^ Namsan | Craftworks Taphouse” (英語). www.craftworkstaphouse.com. 2017年2月11日閲覧。
  42. ^ GUARNERI TAPHOUSE - Craft Beer & Gastro Delight”. www.guarneritaphouse.co.kr. 2017年2月11日閲覧。
  43. ^ http://greatkoreanbeerfestival.com/?lang=en_us” (英語). greatkoreanbeerfestival.com. 2017年2月11日閲覧。
  44. ^ Daegu, Daegu (2016年12月12日). “The festivals in Daegu”. 2017年4月8日閲覧。
  45. ^ Korea Craft Brewery | ARK” (英語). www.koreacraftbrewery.com. 2017年2月12日閲覧。
  46. ^ a b Beer, Korea - Republic of”. U.S. Agricultural Trade Office, USDA Foreign Agriculture Service (2013年2月7日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月8日閲覧。 GAIN Report Number:KS1312
  47. ^ Lee, Hyun-tek (2016年3月28日). “수입맥주가 어느새 40% 넘었네”. Joongang Daily. http://news.joins.com/article/19794466 2017年4月8日閲覧。 
  48. ^ Brewing in South Korea: Fiery food, boring beer, A dull duopoly crushes microbrewers”. The Economist (2012年11月24日). 2017年4月8日閲覧。
  49. ^ Criticism of S.Korean beer”. The Dong-a Ilbo (2012年11月29日). 2017年4月8日閲覧。

関連項目[編集]