チメク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チメク
Iksan City 48 Korean Style Fried chicken.jpg
チメク
各種表記
ハングル 치맥
漢字 치麥
発音 チメ
RR式 chimaek
MR式 ch'imaek
テンプレートを表示

チメク: 치맥)は、フライドチキンビール(メクチュ[注 1])をセットにした食べ方を表す朝鮮語である[1]。「チキン」(킨)と「メクチュ[注 1]」(주 / 酒)からチメクと名付けられた[1]

概要[編集]

韓国では、サムギョプサル焼酒チヂミマッコリなどが料理の定番の組合わせとして広く認知され、フライドチキンビールもその一つである[1][2]。韓国にはチキン専門店が2009年の時点で26,156店あり、年間の売上高は計2兆2,075億ウォンに達する[3]。店舗数が800店以上のチェーンストア2010年の時点で6社あり、多くがデリバリーも行っている[4]。家庭で野球などのスポーツ観戦をする際にクリスピーなフライドチキンや甘辛味のヤンニョムチキンなどを専門店で購入することも多く、成人はビールを一緒に飲んでチメクとする[2]。チキンの味付けにはカレー蜂蜜などのフレーバーも用いられる[2]

専門店ではチキンだけでなくフライドポテトピクルス、タコフライなども添えられ、2016年ソウルにおける調査では3~4人分で23,000ウォン、ビールがジョッキ1杯で10,000ウォンなどとなっている[2]。一方で、カロリーが高く塩分も多く含まれるフライドチキンとビールの組合せは、健康に悪影響を及ぼすとの指摘も根強い[1]

歴史[編集]

大邱チメクフェスティバル

1960年代末にソウル明洞で開業した栄養センターが提供していた鶏の丸焼き生ビールのセットが、チメクの原型とされる[1]。この頃にアメリカからブロイラー養鶏用の飼料が輸入され鶏肉の供給が増加していった[1]漢江の奇跡と呼ばれる経済成長が続き、1970年代に入ると韓国内でショートニング食用油の生産が増えて小麦粉輸入も増加し、1977年にはリムスチキンという韓国初のフライドチキンチェーンストア新世界百貨店に誕生している[1]1984年にはケンタッキーフライドチキンも韓国に進出するなど、フライドチキンの普及が進んでいった[1]。また、1982年プロ野球1983年にはプロサッカーのリーグがそれぞれ誕生し、チメクをともなう観戦が盛んになっていった[5]

一方、OBビール1990年代にOBホプというビアホールチェーン展開し、そこで自社の生ビールとチキンをセットで販売した[5]。このチメクが会社員や大学生の間で大人気となり、OBホプは急速に店舗数を増やしていった[5]1997年に外国産の冷凍鶏肉の輸入が自由化されると、外資系チェーンの参入もあってチキン専門店が増加している[5]

2002年のFIFAワールドカップをきっかけに、広場居酒屋でチメクを喫食しながらサッカー観戦するスタイルが全国的に流行した[1]。また、2005年鳥インフルエンザによる鶏肉の高騰や競争激化のためチキン専門店は付加価値を高める戦略を取り、ビールを提供するHot Sun Chickenthe Frypanなどのチメクのチェーンは2010年の1年間で店舗数を100店以上増やしている[6]

2013年テレビドラマ・『星から来たあなた』では主人公が家族とチメクを食べた記憶を幸せなものして回想する重要なシーンがあり、放送をきっかけにチメクの人気が上昇して専門店が増加し、ケンタッキーフライドチキンがビール販売を始めるなどの変化があった[2]。「雪が降った日にはチメク」という同作のセリフは韓国だけでなくiQIYIなどで同時期に配信されていた中国でもインパクトを与え、上海市では韓国式のフライドチキンに行列が並び、2016年3月には仁川広域市月尾島を訪れた中国人観光客4,500人がチメクパーティーに参加している[7]。また、2013年から毎年7月に大邱チメクフェスティバル大邱広域市で開催されている[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 맥(メ)が주(チュ)に続く際に濃音化されㅈ(j)がㅉ(jj)になるためメッチュと聞こえることもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 金華榮 2019, p. 1
  2. ^ a b c d e 中村忠司 2018, p. 54
  3. ^ JETROソウル事務所 2012, p. 12
  4. ^ JETROソウル事務所 2012, p. 29
  5. ^ a b c d キーワードで見る食文化 チメッ”. モランボン薬念研究所 (2017年7月). 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ JETROソウル事務所 2012, p. 30
  7. ^ 中村忠司 2018, p. 55
  8. ^ 大邱チメクフェスティバル公式サイト”. 2020年6月1日閲覧。

参考文献[編集]