チョン・ユミ (1983年生の女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョン・ユミ
정유미
정유미
2012年
生年月日 (1983-01-18) 1983年1月18日(36歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国釜山広域市
国籍 大韓民国の旗 韓国
身長 163cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
事務所 マネジメント森
公式サイト 公式サイト(英語)
主な作品
テレビドラマ
ロマンスが必要2012
映画
新感染 ファイナル・エクスプレス
トガニ 幼き瞳の告発
テンプレートを表示
チョン・ユミ
各種表記
ハングル 정유미
漢字 鄭裕美
発音: チョン・ユミ
ローマ字 Jung Yu Mi
テンプレートを表示

チョン・ユミ(정유미、1983年1月18日 - )は、韓国の女優。東莱女子商業高等学校校卒。ソウル芸術大学映画科。マネジメント森所属。

プロフィール[編集]

  • 釜山広域市生まれ。身長163cm。
  • 2003年、短編映画 "愛する少女で"デビュー。
  • その後、映画 "親知らず"に出演し、評壇の注目を浴びた。 チョン・ユミ自らこの映画を職業俳優としてのデビュー作と言ったこともある。
  • 映画 "家族の誕生"で多くの脚光を浴び、2006年第27回青龍映画賞助演女優賞を受賞した。その後も多くの映画に出演し、俳優として自分だけの地位を固めていった。
  • ドラマ"ロマンスが必要"と"恋愛の発見"に出演し、知名度を大いに高め、特有の可愛らしい演技で両ドラマが共に成功した。
  • 映画 “釜山行”で俳優人生初めて一千万観客突破を果たした。
  • 同姓同名の1984年生まれの女優がいるが、一部の人たちが勘違いして、整形と誤解したりもする。しかし、まったくの別人であり、漢字は名字と名前両方とも違異なる。
  • この俳優はドラマよりは映画を中心に活動しており、日本の韓流ファンでは同名の1984年生まれの俳優がよく知られているが、韓国では逆に、この女優がより人気である。
    キャリアももっといい。多くの 男優たちが共演したい女優として挙げたりもしている。
  • 1男1女中長女。


出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

タイトル 役割 備考
2007 ケ・セラ・セラ ハン・ウンス
2010 KBSドラマスペシャル、偉大なギェチュンビン ギェ・チュンビン
2012 ロマンスが必要2012 ジュ・ヨルメ
2013 オフィスの女王 チョン・ジュリ
恋愛操作団:シラノ ボン・スア 特別出演
応答せよ1994 特別出演
2014 恋愛の発見 ハン・ヨルム
2016 今週、妻が浮気します 特別出演
2018 Live ハン・ジョンオ

映画[編集]

タイトル 役割 備考
2003 愛する少女 看護師 短編映画
2005 甘い人生 (映画) ミエ
親知らず 17歳のチョ・インヨン
2006 9時5分 ミンジュ オムニバス映画(seg.家族みたいな犬、犬のような家族)
家族の誕生 チェヒョン
2007 いいじゃないか ハウン
2008 恋人たち ソナ オムニバス映画(seg.のポラロイドの作動法)
2009 おいしいマン ジェヨン 特別出演
彼女たちの部屋 ク・オンジュ
よく知りもしないくせに ユシン
視線1318 イ・ヒジェ (seg.リレー)
チャウ ビョン・スリョン
10億 キム・ジウン
グッドモーニング・プレジデント ミミ 特別出演
どんな訪問 ミスク (seg.山中)
2010 私のヤクザのような恋人 ハン・セジン
教授とわたし、そして映画 チョン・オッキ
もう少し近く ウンヒ
カフェ・ノワール ソンファ
2011 トガニ 幼き瞳の告発 ソ・ユジン
2012 他の国で ウォンジュ
冬のピアニスト ミミ 短編映画
2013 私たちソンヒ ソンヒ
カンチョル スジ
2014 オリビョル一毫と斑の牛 イルホ アニメ映画、声の吹き替え
悪魔は闇に蠢く(原題:マンホール) ヨンソ
2015 ヒマラヤ チェ・スヨン 特別出演
2016 新感染 ファイナル・エクスプレス ソンギョン 2016年5月 カンヌ映画祭非コンペ部分(ミッドナイト・スクリーニング)招待
2017 ザ・テーブル
2018 サイコキネシス -念力- ホン常務

受賞歴[編集]

授賞式 部門 作品 結果 出所
2005 第26回 青龍映画賞 新人俳優賞 親知らず ノミネート [1]
第4回 大韓民国映画大賞 新人俳優賞 親知らず ノミネート [2]
第25回 映画評論家協会賞 新人俳優賞 親知らず 受賞 [3]
2006 第42回 百想芸術大賞 映画部門女子新人演技賞 親知らず 受賞 [4]
第5回 大韓民国映画大賞 新人俳優賞 家族の誕生 ノミネート [5]
第27回 青龍映画賞 助演女優賞 家族の誕生 受賞 [6]
2010 第8回 大韓民国映画大賞 主演女優賞 私のヤクザのような恋人 ノミネート [7]
KBS 演技大賞 女連作・短幕劇賞 偉大なギェチュンビン 受賞 [8]
2011 第33回 黄金撮影賞 最優秀女優賞 私のヤクザのような恋人 受賞 [9]
第20回 釜日映画賞 主演女優賞 オッキの映画 受賞 [10]
第32回 青龍映画賞 主演女優賞 トガニ 幼き瞳の告発 ノミネート [11]
2013 第14回 釜山映画評論家協会賞 主演女優賞 私たちソンヒ 受賞 [12]
KBS 演技大賞 ミニシリーズ部門女子優秀演技賞 オフィスの女王 ノミネート [13]
2014 第1回 野花映画賞 主演女優賞 私たちソンヒ ノミネート [14]
第23回 釜日映画賞 主演女優賞 私たちソンヒ ノミネート [15]
KBS 演技大賞 ミニシリーズ部門女子優秀演技賞 恋愛の発見 受賞 [16]
ネチズン賞 恋愛の発見 受賞
ベストカップル賞(エリック) 恋愛の発見 受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]