グッド・キッド、マッド・シティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッド・キッド、マッド・シティー
Kendrick Lamarスタジオ・アルバム
リリース
録音
ジャンル Hip hop
時間
レーベル Top Dawg Entertainment
Aftermath Entertainment / Interscope Records
プロデュース
  • DJ Dahi
  • Hit-Boy
  • Jack Splash
  • Just Blaze
  • Like
  • Pharrell Williams
  • Rahki
  • Scoop DeVille
  • Skhye Hutch
  • Sounwave
  • T-Minus
  • Tabu
  • Terrace Martin
  • THC
  • Tha Bizness
Kendrick Lamar アルバム 年表
Section 80.
2011年
グッド・キッド、マッド・シティー
(2013年)
トゥ・ピンプ・ア・バタフライ(2015年)
テンプレートを表示

グッド・キッド、マッド・シティー(good kid, m.A.A.d city)は、ケンドリック・ラマーの2枚目のアルバムで、メジャーデビュー作である。2012年10月22日Top Dawg Entertainmentアフターマス・エンターテイメントインタースコープ・レコード)より発売。『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2020年版)において115位にランクインしている[1]

概要[編集]

ケンドリック・ラマーは、2011年にインディーレーベルよりデビュー作となるSection.80をリリースした後、翌年に同郷であるドクター・ドレ率いるアフターマス・エンターテイメントと契約した[2]本作は契約後初めての作品となる。

本作はコンセプト・アルバムとなっており、全米屈指の犯罪都市であるコンプトン(mad city)で良い子(good kid)として育ったケンドリック・ラマーの自伝的作品となっている。貧困・ギャング、社会的弱者・女性問題など、様々な問題を取り上げながら、ラマーや周囲の状況がどう変遷していくかをアルバム通して綴っており、多感で女の子に夢中である普通の若者から、より壮健でタフに戦う大人へと成長していく様が描かれている。

サウンド面では、現代的なヒップホップではなく、伝統的な西海岸のサウンドである、控えめでダウンビートなものに統一されている[3]。曲の合間に回想や祈りが挟まれ、一つの物語として強く意識された作りになっており、その回想の内容が曲の中で参照されることも多い。また、ドクター・ドレドレイクジェイ・ロックなど豪華なゲストを多数招いていることも特徴的である。

タイトルとなっているm.A.A.dには三重の意味があり[4]、狂った(mad)、分断された怒りの青春(My Angry Adolescence Divided)、そしてエンジェルダストに乗った天使(My Angels on Angel Dust)というものである。なお、エンジェルダストはコカインの一種である。'

発売以降、批評家からは一貫して高い評価を受け、Allmusicでは5点満点を記録している[5]ほか、ローリング・ストーン誌ではヒップホップの歴史の系譜となるアルバムと評価されており[6]、サウンド・歌詞共に評価されている。ローリングストーンズ誌の「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2020年版)において115位にランクインしたほかにも、BBCなど複数の雑誌で2012年の年間最優秀アルバムとして評価された[7]。発売翌年である2013年にコンプレックス誌の「過去5年で最も優れたヒップホップ・アルバム」で2位[8]、ローリングストーンズ誌の「オールタイム・グレイテスト・デビューアルバム」で86位[9]なども記録している。

商業的にも、全米2位・300万枚を記録するなど大成功をおさめ、2013年ビルボード・ミュージック・アワードと2013年アメリカン・ミュージック・アワードでトップ・ラップ・アルバムにノミネートされ、2013年BETヒップホップ・アワードでアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した[10]第56回グラミー賞でケンドリック・ラマーは、アルバム・オブ・ザ・イヤー、最優秀ラップ・アルバム、最優秀新人アーティスト、メアリー・J・ブライジとの「Now or Never」で最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス、収録曲「Swimming Pools (Drank)」で最優秀ラップ・パフォーマンスの5部門でノミネートされた。

収録曲[編集]

  1. Sherane a.k.a Master Splinter's Daughter [4:33]
    Produced by The Bizness
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Christopher Whitacre, Justin Henderson)
  2. Bitch, Don't Kill My Vibe [5:10]
    Produced by Sounwane
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Mark Spears, Robin Braun, Vindahl Friis, Lykke Schmidt)
    • もともとはレディー・ガガとのコラボ曲の予定だったが、条件面で折り合いがつかずに破断となった。その後ガガによる未公開バージョンが公開されている[11]
  3. Backseat Freestyle [3:32]
    Produced by Hit-Boy
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Chauncey Hollis, Jr.)
    • ケンドリック・ラマーが仲間と共に車で行っていたフリースタイルという設定であり、若く率直な願望がそのまま表れている。2013年1月7日にシングルカットされた。
  4. The Art of Peer Pressure [5:24]
    Produced by Tabu
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Rune Rask, Jonas Vestergaard)
    • 「良い子」であるケンドリック・ラマーが同調圧力に悩まされる様子が描かれている。
  5. Money Trees [6:26]
    Produced by DJ Dahi
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Dacoury Natche, Johnny McKinzie, Jr., Victoria Garance Alixe Legrand, Alex Scally)
    • 客演にジェイ・ロックが参加。前述の同調圧力により家宅侵入を試みたことが描かれている。
  6. Poetic Justice [5:00]
    Produced by Scoop DeVille
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Elijah Molina, Aubrey Graham, James Harris, Janet Jackson, Terry Lewis)
    • 客演にドレイクが参加。2013年1月15日にシングル・カットされ、全米26位を記録。
  7. Good Kid [3:34]
    Produced by Pharrell Williams
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Pharrell Williams)
  8. M.A.A.D City [5:50]
    Produced by Sounwave, THC, Terrace Martin
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Spears, Ricci Riera, Axel "AxlFolie" Morgan, Aaron Tyler)
    • 客演にMC Eihtが参加。
    • シングルカットこそされなかったものの、高い人気とダウンロード数を誇り、全米75位を記録した。
  9. Swimming Pools (Drank) [Extended version] [5:13]
    Produced by T-minus
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Tyler Williams)
    • 2nd シングル。全米17位を記録し、第56回グラミー賞で最優秀ラップ・パフォーマンスにノミネートされた。
  10. Sing About Me, I'm Dying of Thirst [12:03]
    Produced by Like, Skhye Hutch, Sounwave
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Gabe Stevenson, Derrick Hutchins, Quincy Jones, Alan Bergman, Marilyn Bergman)
    • 「Sing about me」と「I'm dying of thirst」の2パートに分かれており、2パートの間と、2パート目の最後に回想が入る。
  11. Real [7:23]
    Produced by Martin
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Martin)
    • 客演にAnna Wiseが参加。
  12. Compton [4:08]
    Produced by Just Blaze
    (作詞・作曲:Kendrick Duckworth, Justin Smith, Charles Richard Cason, Sly Jordan)

チャート[編集]

参照[編集]

  1. ^ Stone, Rolling (2020年9月22日). “The 500 Greatest Albums of All Time” (英語). Rolling Stone. 2021年1月15日閲覧。
  2. ^ https://hiphopdx.com, HipHopDX- (2012年3月8日). “Kendrick Lamar & Black Hippy Sign To Aftermath & Interscope”. HipHopDX. 2021年1月15日閲覧。
  3. ^ Caramanica, Jon (2012年10月28日). “Storytelling Rappers, Cool and Hot (Published 2012)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2012/10/29/arts/music/kendrick-lamar-and-meek-mill-rappers-with-debut-albums.html 2021年1月15日閲覧。 
  4. ^ Battan, Carrie. “Kendrick Lamar Announces LP Title, Release Date” (英語). Pitchfork. 2021年1月15日閲覧。
  5. ^ (英語) Good Kid, M.A.A.D. City - Kendrick Lamar | Songs, Reviews, Credits | AllMusic, https://www.allmusic.com/album/good-kid-maad-city-mw0002421248 2021年1月15日閲覧。 
  6. ^ Rosen, Jody (2012年10月22日). “good kid, m.A.A.d city” (英語). Rolling Stone. 2021年1月15日閲覧。
  7. ^ 2012 Music Critic Top Ten Lists” (英語). Metacritic. 2021年1月15日閲覧。
  8. ^ The 10 Best Rap Albums of The Last 5 Years” (英語). Complex. 2021年1月15日閲覧。
  9. ^ Stone, Rolling (2013年10月13日). “100 Best Debut Albums of All Time” (英語). Rolling Stone. 2021年1月15日閲覧。
  10. ^ Markman, Rob. “2013 BET Hip Hop Awards: The Complete Winners List” (英語). MTV News. 2021年1月15日閲覧。
  11. ^ Lady Gaga(レディ・ガガ)がKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)とのコラボレーションした未発表曲「Bitch, Don't Kill My Vibe (LG Mix)」を公開” (日本語). UNCANNY (2012年11月8日). 2021年1月15日閲覧。
  12. ^ "Australiancharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  13. ^ "Ultratop.be – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City" (in Dutch). Hung Medien.
  14. ^ "Ultratop.be – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City" (in French). Hung Medien.
  15. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Canadian Albums)". Billboard.
  16. ^ "Danishcharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  17. ^ "Dutchcharts.nl – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City" (in Dutch). Hung Medien.
  18. ^ "Lescharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  19. ^ Steffen Hung. “Discography Kendrick Lamar”. Irishcharts.com. 2013年5月14日閲覧。
  20. ^ "Charts.org.nz – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  21. ^ "Norwegiancharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  22. ^ "Portuguesecharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  23. ^ "Swisscharts.com – Kendrick Lamar – Good Kid, M.A.A.D. City". Hung Medien.
  24. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company.
  25. ^ "Official R&B Albums Chart Top 40". Official Charts Company.
  26. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Billboard 200)". Billboard.
  27. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Top R&B/Hip-Hop Albums)". Billboard.
  28. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Top Rap Albums)". Billboard.
  29. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Top Tastemaker Albums)". Billboard.
  30. ^ "Kendrick Lamar Chart History (Vinyl Albums)". Billboard.
  31. ^ The Best of 2012: The Year In Music”. Billboard. 2013年11月3日閲覧。
  32. ^ The Best of 2012: The Year In Music”. Billboard. 2013年11月3日閲覧。
  33. ^ The Best of 2012: The Year In Music”. Billboard. 2013年11月3日閲覧。
  34. ^ Jaaroverzichten 2013”. Ultratop. 2020年6月28日閲覧。
  35. ^ 2013 Year-End Charts – Billboard 200 Albums”. Billboard. 2013年12月13日閲覧。
  36. ^ R&B/Hip-Hop Albums: 2013 Year-End Charts”. Billboard. 2014年3月8日閲覧。
  37. ^ Rap Albums: 2013 Year-End Charts”. Billboard. 2014年3月8日閲覧。
  38. ^ Top Billboard 200 Albums: 2014 Year-End Charts”. Billboard. 2015年1月15日閲覧。
  39. ^ Top R&B/Hip-Hop Albums: 2014 Year-End Charts”. Billboard. 2015年1月15日閲覧。
  40. ^ Rap Albums: 2014 Year-End Charts”. Billboard. 2015年1月15日閲覧。
  41. ^ Billboard 200 – Year-end Chart”. 2015年12月9日閲覧。
  42. ^ Album Top-100 2016” (デンマーク語). Hitlisten.NU. 2016年12月31日閲覧。
  43. ^ Top Billboard 200 Albums – Year-End 2016”. Billboard. 2016年12月9日閲覧。
  44. ^ Album Top-100 2017”. Hitlisten. 2018年1月11日閲覧。
  45. ^ Top Billboard 200 Albums – Year-End 2017”. Billboard. 2017年12月12日閲覧。
  46. ^ Billboard 200 Albums – Year-End 2018”. Billboard. 2018年12月5日閲覧。
  47. ^ Top R&B/Hip-Hop Albums – Year-End 2018”. Billboard. 2020年6月22日閲覧。
  48. ^ ARIA Top 100 Albums for 2020”. Australian Recording Industry Association. 2021年1月15日閲覧。
  49. ^ Jaaroverzichten 2020”. Ultratop. 2020年12月18日閲覧。
  50. ^ Top Billboard 200 Albums – Year-End 2020”. Billboard. 2020年12月4日閲覧。
  51. ^ Top R&B/Hip-Hop Albums – Year-End 2020”. Billboard. 2020年12月12日閲覧。
  52. ^ Decade-End Charts: Billboard 200”. Billboard. 2019年11月15日閲覧。