スクーター・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スクーター・ブラウン
Scooter Braun headshot.jpg
2010年に開催された「Tech Crunch Disrupt」に登壇したブラウン。
生誕スコット・サミュエル・ブラウン
(1981-06-18) 1981年6月18日(39歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業音楽プロデューサー
起業家
タレントマネージャー
投資家
フィランソロピスト
活動期間2003年 - 現在
公式サイトscooterbraun.com

スクーター・ブラウン(Scott Samuel "Scooter" Brown、1981年6月18日 - )は、アメリカ音楽プロデューサー起業家タレントマネージャー投資家フィランソロピスト[1][2][3]。SBプロジェクトの創設者。

タレントマネージャーとしては、これまでにジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデマーティン・ギャリックスPSYカーリー・レイ・ジェプセンダン・シェイザック・ブラウン・バンドカニエ・ウェストトリー・ケリーなどのマネージャーを務めた[4]2016年にはグラミー賞を受賞[5]。また、ブラウンは、ハリウッドのプロデューサーデイビット・メゼルと共同で、コミックフィルムスタジオ Mythos Studiosを創設した[6][7]。2013年度、雑誌「タイム」による「タイム100」に選ばれた[8]

2018年には、銃規制の厳格化を求める学生主導のデモ March for Our Lives を共催した。このデモは、 USA Today によると、ワシントンD.C.史上、1日の抗議活動で最大のものであったとされている[9]

生い立ち[編集]

ブラウンは、ユダヤ教保守派の両親[10]、アーヴィンとスーザン(旧姓シュリセル)のもとに、ニューヨークで生まれた。アーヴィンの両親は、ホロコーストからぎりぎり逃げ切ることができ、1956年まで ハンガリーで暮らしていた。その後、ソ連ハンガリー動乱を沈静化するべく介入した直後に、アメリカに逃れた。 クィーンズ区で育ったアーヴィンは歯科医になり、その交際者スーザンは矯正歯科医になった。二人は結婚後、コネチカット州、グリニッジに定住する[11][12]

ブラウンには、リザ、コーネリオ、サム、アダム の4人の兄弟がいる[13]。弟のアダム・ブラウンは、発展途上国での学校建設に重点的に取り組む 慈善団体 Pencils of Promise の創設者である[11][14]

ブラウンはコネチカット州コス・コブで育ち、 グリニッジ高等学校に通い、そこで生徒会長も務めた[15]。ブラウンは、コネチカットののアマチュアスポーツ協会で、13歳から18歳まで バスケットボール をプレイしていた[13][11]。17歳のとき、両親はモザンビークバスケットボールジュニアナショナルチームの元選手、サム・マハンガと、コーネリオ・ジウバンダを養子に取った。当時はバスケットボールという競技に関心が集まらなかったため、チームがなく、アーヴィンはオールスタートーナメントに参加するため、この二人をスカウトした。マハンガとジウバンダは、ファンからやじを受けていたが(これはブラウンに大きく影響を与えることになる)、グリニッジ高校のスターとなった[16]。在学中、「ナショナル・ヒストリー・デイ」のビデオドキュメンタリーコンテストに、「ハンガリーでの矛盾」という、ホロコーストの前・中・後のハンガリーに住むユダヤ人に関する10分間の作品で応募した。この映像は、コネチカット州の大会で1位になり、全体では3位に入賞した[11]。ブラウンの家族の1人がこの映像をスティーブン・スピルバーグのオフィスに送り、その後スピルバーグはブラウンのビデオをアメリカ合衆国ホロコースト記念博物館に提出した。ブラウンは、スピルバーグに認められたことが彼の人生の中で一番感動した瞬間であったと語っている[11]

ブラウンは、アトランタエモリー大学に通い、2年まで大学バスケットボールに励んだ[11]

キャリア[編集]

ブラウンはエモリー大学で勉強しながら、パーティーを企画する職業からキャリアをスタートした。2002年に、ブラウンは5都市で開催された アンガーマネジメントツアーの後のパーティーの企画に抜擢され、このイベントでは リュダクリスエミネムを客演とした[15]。このようにヒップホップ の世界に入り込んだことで、ブラウンとプロデューサーのジャーメイン・デュプリ(レーベル・So So Def Recordsのディレクター)がつながることになった。

デュプリがSo So Defのマーケティングの役職に誘ったのは、ブラウンが19歳の時である。20歳の時には、ブラウンはSo So Defのマーケティング・エグゼクティブ・ディレクターに任命された[17]。このとき、ブラウンはまだエモリー大学の2年生だったが、So So Def で仕事を始め、イベントの企画・管理をしていた。ブラウンが企画した大規模なイベントには、 2003 NBA オールスターゲーム の各種パーティーや、ブリットニー・スピアーズのオニックスホテルツアーのアフターパーティーが含まれている[15]。その後ブラウンはSo So Defを辞め、マーケティングビジネス、ミュージックレーベル、アーティストのマネージメントなどのプライベートベンチャーを開始した[16]。リュダクリスとポンティアックの間の$1200万ドルキャンペーン契約を仲介し、ブラウンのマーケティングビジネスを開始した。リュダクリスのTwo Miles an Hourミュージックビデオに、ポンティアックを使用し、ポンティアックのCMにリュダクリスの曲を採用した[15]

ブラウンがジャスティン・ビーバーを知ったのは、 YouTubeで、ジャスティン・ビーバーが12歳の時に Ne-Yoの歌を披露していたのを視聴したのが最初である。ブラウンは、ビーバーの母親であるパティー・マレットに連絡し、パティーは無条件の試用期間のために、ジャスティンをアトランタに連れていくことに同意した。最終的に、ブラウンはジャスティン・ビーバーと母親をカナダからアメリカに完全に引っ越すように説得しました。そしてブラウンは、オンラインからデビューして成功を収めているアッシャージャスティン・ティンバーレイクにビーバーを売り込み、どちらも興味を示した。最終的にアッシャーのメンターである、音楽 アントニオ・LA・リードがアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ、 レイモンド・ブラウン・メディア・グループと共同し、ビーバーと契約を結んだ[18]

映画とテレビ[編集]

ブラウンは、ジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー「Never Say Never」を制作し、MTVは、”音楽ドキュメンタリーでは国内最高レベルの興行収入をあげた”と報告した[19]。この映画は、予算が1300万ドルで、世界での興行収入は1億ドルを超え、史上最大の興行収入をあげた[20]

ブラウンは、CBSの「スコーピオンTVシリーズ」のエグゼクティブ・プロデューサーでもある[21]。「スコーピオン」はブラウン初のテレビシリーズだったが、4シーズン撮影し、2014年の封切りの際には視聴者2600万人の最高記録を出した[22]。Varietyの報道によれば、2018年、テレビスタジオFXが、俳優ケビン・ハートとラッパーリル・ディッキーを起用した無題コメディをブラウンに注文している[23]

SBプロジェクト[編集]

2007年に、ブラウンはSBプロジェクトを設立した。SBプロジェクトは、スクールボーイ・レコード、SB Management、Sheba Publishingなど、各種の事業に対応する複合サービスのエンターテイメント・マーケティング会社である[24][25]。同グループには、ブラウンとアッシャーの共同ベンチャーRBMGも含まれる。スクールボーイ・レコードは、ユニバーサル・ミュージック・グループと音楽配信の契約を交わしている。2013年初頭に、アリアナ・グランデはスクーター・ブラウンとのマネージメント契約を結んだ。2016年には、グランデのレーベルであるリパブリック・レコードは、ブラウンがアリアナ・グランデのメインマネージャーとなっていることを正式に発表した[3][26][27]。SBベンチャーは、2016年から翌年にかけてのパーパス・ワールド・ツアーでのジャスティン・ビーバーのカルバンクライン広告契約など、ツアーのスポンサー、 テレビのキャンペーン、ブランディング、音楽ライセンスの契約にも対応している[28]。SBプロジェクトは、カニエ・ウェストとスニーカーブランド アディダスの提携についても仲介した[29]

ブラウンの所属会社 Ithaca Ventures内にSBプロジェクトが含まれているが、UberSpotifyおよびEditorialistなどへの投資など、ベンチャービジネスのための資金1200万ドルを集めた[30][31]Fortuneによると、Ithaca Venturesはアメリカの最大音楽マネージメント会社のうち、7社に出資している[30]。またメディアアウトレットは、2018年現在、5億ドルの運用資金を持つIthacaがブラウンとエンターテイメントエグゼクティブJ.D.ロスが協業するGoodStory Entertainmentが脚本なしのライブイベントやドキュメンタリー映画を獲得する支援を行うとしている[32][33]

Mythos Studios[編集]

ニューヨーク・タイムズによると、2018年にブラウンは、マーベル・スタジオの創立者デイビット・メゼルとともに、Mythos Studiosからライブアクションやアニメ形式でコミックブック映画シリーズを制作すると伝えた[6][34][35]

受賞[編集]

2012年8月11日、 ブラウンはビルボード "Forty Under Forty" 特別号の表紙に「スクーター・ブラウンら、新進のパワープレイヤー」というタイトルで登場した。ブラウンは、2013年のタイムの「Time 100」にも取り上げられ[36]、2013年4月20日には、ガイ・オセアリーおよびトロイ・カーターと共に、再び「ビルボード」の表紙を飾った[37]。2016年には、ロサンゼルスで行われた第12回MUSEXPOで、毎年シャザムから送られる 第三回 “International Music Industry Awards” を受賞した[38]。2017年には、ブラウンはVariety magazine のヒットメーカーの問題、雑誌「Success」の感謝号の両方で表紙に登場した[39][40]

2018年、ブラウンは2017年度のフィランソロピーへの取り組みにより、Music Biz 2018 Harry Chapin Memorial Humanitarian Awardを受賞した[41]

フィランソロピー[編集]

ブラウンは、ブラウン・ファミリー基金などさまざまな慈善事業に関わっている[42][43]。また、ブラウンと契約した多くのアーティストが、さまざまな慈善事業に参加している。ブラウンの一番下の弟、アダム・ブラウンが設立したPencils of Promiseに対する支援が最もよく知られている。アダムは、インドの子どもに願い事があるか聞いたときに「鉛筆がほしい」と答えた経験に感銘を受け、発展途上国に学校を建設するため、Pencils of Promise を創設することになった[11]。ブラウンとビーバーは、この組織の支援に努め[44]、この慈善活動により、アジア、アフリカ、南米で200校以上の学校を設立した[45]。ビルボードによると、2017年時点で、スクーター・ブラウンとそのクライアントや企業は、他の基金に比べ、メイク・ア・ウィッシュの願い事を一番多く実現させたと報告されている[46]。ブラウンは、Pencils of Promise、メイク・ア・ウィッシュ、および Fuck Cancerのフィランソロピー支援に対して、2016 Billboard Touring AwardsでHumanitarian Awardを受賞した[47]

2017年、ビルボードは、ブラウンがワン・ラブ・マンチェスターや、そのイベント開催後1ヶ月以内に開催された Hand in Hand:A Benefit for Hurricane Relief テレビマラソンを企画・制作した時に、音楽業界「第一対応者」と名付けた[48]。2018年3月、ジョージ・クルーニー、ブラウンのチームは、 ワシントンD.C.で行われた March for Our Lives (銃規制の厳格化を促す学生主導のデモ)を企画した。Voxは、このデモ行進はベトナム戦争以降、ワシントンで最大であったと報告している[49]

プライベート[編集]

2013年、ブラウンはカナダのヘルスアクティビスト、フィランソロピスト、Fuck Cancerの創設者である、エール・コーヘンと付き合いはじめた[50]。2人は2016年7月6日、ブリティッシュコロンビア州ウィスラーで結婚し[51][52]、2015年2月6日には第一子ジャガー・ジョセフ・ブラウンがロサンゼルスで誕生した[53][54]。第二子、リーバイ・マグナス・ブラウンは2016年11月29日に誕生[55]CNBCによると、コーヘンはこれまでにUberLyftSpotifyDropboxGrab、Casperなどのスタートアップ企業に投資してきたとされている[56]

脚注[編集]

  1. ^ Here’s a Brand Name: Scooter Braun”. 2015年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月4日閲覧。
  2. ^ Herrera, Monica (2010年3月19日). “Justin Bieber – The Billboard Cover Story”. Billboard. e5 Global Media. 2017年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月6日閲覧。
  3. ^ a b Halperin, Shirley (2016年9月23日). “Ariana Grande Returns to Scooter Braun Management”. Billboard. e5 Global Media. 2017年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  4. ^ DJ Mag's twitter feed status update announcing Martin Garrix as nr. 1 DJ” (2016年10月19日). 2019年3月15日閲覧。
  5. ^ Scott Scooter Braun”. Grammy awards. 2018年6月22日閲覧。
  6. ^ a b Coscarelli, Joe (2018年3月27日). “A New Film Studio From the Moguls Behind Justin Bieber and Marvel” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2018/03/27/movies/scooter-braun-david-maisel-mythos-interview.html 2018年4月2日閲覧。 
  7. ^ Scooter Braun, David Maisel Form Mythos Studios”. Variety. 2018年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月3日閲覧。
  8. ^ The 2013 TIME 100: Scooter Braun”. Time magazine. 2016年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月4日閲覧。
  9. ^ March for Our Lives could be the biggest single-day protest in D.C.'s history”. USA Today. 2018年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月4日閲覧。
  10. ^ Lev, David. “Young Bieber Gets a Firsthand Lesson in Israeli Politics”. Arutz 7. オリジナルの2017年4月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170422041603/http://israelnationalnews.com/News/News.aspx/143531 2015年1月7日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g Hodenfield, Chris (2010年12月). “Brains & Braun”. Greenwich Magazine. 2012年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月7日閲覧。
  12. ^ Schuster, Dana (2010年8月15日). “Bringing Up Bieber”. New York Post. 2011年1月11日閲覧。
  13. ^ a b Liza Braun bio”. goduke.com (2009年10月29日). 2014年3月14日閲覧。
  14. ^ Scooter Braun Confirms That Justin Bieber Says the Shema Before Every Show” (2012年1月17日). 2015年1月7日閲覧。
  15. ^ a b c d Ward, Coley (2006年5月10日). “Scooter Braun is the Hustla: How a white kid from the North became a power player in Atlanta hip-hop”. clatl.com. 2010年12月13日閲覧。
  16. ^ a b Widdycombe, Lizzy (2012年9月3日). “Teen Titan”. The New Yorker. 2013年6月27日閲覧。
  17. ^ Duffy, Thom (August 22, 2009). “30 Under Thirty 2009”. Billboard (Nielsen Business Media) 121 (33): 23. ISSN 0006-2510. https://books.google.com/?id=BKrMkpe3hGgC&pg=PT22&lpg=PT22&dq=scooter+braun+billboard+30+under+30+2009 2015年5月11日閲覧。. 
  18. ^ Halperin, Shirley (2011年2月9日). “Justin Bieber Cover: The Team and Strategy Behind Making Him a Star”. The Hollywood Reporter. 2015年5月11日閲覧。 “The resulting joint venture, which took six months to come together, is a straightforward 50-50 split between IDJ and the newly formed Raymond Braun Media Group.”
  19. ^ JUSTIN BIEBER'S 'NEVER SAY NEVER' IS THIRD-HIGHEST-GROSSING DOCUMENTARY OF ALL TIME”. MTV. 2018年6月15日閲覧。
  20. ^ Scooter Braun’s Movie Business Expanding Well Beyond Justin Bieber”. Variety magazine. 2018年6月15日閲覧。
  21. ^ Scooter Braun is best known for Bieber, but ‘Scorpion’ is his real breakout hit”. Washington Post. 2018年6月4日閲覧。
  22. ^ Audience For CBS’ Premiere of ‘Scorpion’ Tops 26 Million Via 35-Day Multi-Platform Viewing”. Variety magazine. 2018年6月4日閲覧。
  23. ^ FX Orders Lil Dicky Comedy Pilot With Kevin Hart, Scooter Braun Producing”. Variety. 2018年6月22日閲覧。
  24. ^ SB Projects - Music”. scooterbraun.com. 2015年5月11日閲覧。
  25. ^ La Puma, Joe (2015年2月9日). “No Ceilings: Inside Scooter Braun’s Growing Empire”. Complex. 2015年5月11日閲覧。
  26. ^ Don’t blame Justin Bieber for Ariana Grande manager split”. pagesix.com (2016年2月13日). 2017年11月1日閲覧。
  27. ^ EXCLUSIVE: The Real Reason Ariana Grande Fired Scooter Braun as Her Manager”. yahoo.com. 2017年11月1日閲覧。
  28. ^ Meet the Six Key Execs Who Help Scooter Braun Care for Roster of Clients”. 2018年6月4日閲覧。
  29. ^ Kanye West and Manager Scooter Braun Part Ways Professionally”. Variety. 2018年6月22日閲覧。
  30. ^ a b Meet the Powerhouse Behind Justin Bieber's Success”. Fortune magazine. 2018年6月15日閲覧。
  31. ^ Scooter Braun’s Hit Factory”. The Wall Street Journal. 2018年6月15日閲覧。
  32. ^ Scooter Braun Teams With JD Roth to Form Unscripted Content Studio”. Variety magazine. 2018年6月15日閲覧。
  33. ^ Scooter Braun & JD Roth Launch Unscripted Content Studio GoodStory Entertainment”. Deadline. 2018年6月26日閲覧。
  34. ^ Ivie, Devon. “Justin Bieber’s Manager Is Going to Make Marvel Superhero Movies” (英語). Vulture. http://www.vulture.com/2018/03/justin-biebers-manager-is-making-marvel-superhero-movies.html 2018年4月2日閲覧。 
  35. ^ “Justin Bieber's manager Scooter Braun is making comic book movies now - NME” (英語). NME. (2018年3月28日). http://www.nme.com/news/film/justin-biebers-manager-scooter-braun-making-comic-book-movies-now-2275083 2018年4月2日閲覧。 
  36. ^ Katzenberg, Jeffrey (2013年4月18日). “Scooter Braun: The 100 Most Influential People in the World”. Time100.time.com. 2013年4月23日閲覧。
  37. ^ Hampp, Andrew (2013年4月22日). “How Guy Oseary, Scooter Braun and Troy Carter Are Finding the Rock Stars of Tech: Billboard Cover Story”. Billboard. 2013年4月23日閲覧。
  38. ^ Award Winners Unveiled At The 3rd Annual 'International Music Industry Awards' At Musexpo L.A. In Partnership With Shazam”. allaccess.com. 2017年11月1日閲覧。
  39. ^ The Secrets of Scooter Braun’s Success: Compassion, Loyalty and a Golden Ear”. Variety magazine. 2018年6月4日閲覧。
  40. ^ The Ripple Effects of Gratitude”. Success magazine. 2018年6月4日閲覧。
  41. ^ Scooter Braun Urges Nashville to Join Gun Control Debate at Music Biz 2018: 'Get on the Right Side of History'”. Billboard magazine. 2018年6月4日閲覧。
  42. ^ L.A. Clippers Foundation, Patrick Beverley and Braun Family Foundation renovate L.A. elementary school playground”. National Basketball Association. 2018年6月3日閲覧。
  43. ^ How Ariana Grande’s Manchester Benefit Came Together So Quickly”. New York Times. 2018年6月3日閲覧。
  44. ^ Halperin, Shirley (2011年7月28日). “Adam Braun on Pencils of Promise and How Justin Bieber Is 'Making the World Better”. The Hollywood Reporter. 2012年1月13日閲覧。
  45. ^ Pencils Of Promise Founder Adam Braun On How Serving As A Mentor Is An Illuminating Gift”. Forbes. 2015年11月27日閲覧。
  46. ^ Scooter Braun Receiving Humanitarian Award at Music Biz 2018”. Billboard magazine. 2018年6月4日閲覧。
  47. ^ Scooter Braun on Karma & How His Wife's Work With Cancer Patients Keeps His Problems In Perspective”. Billboard. 2016年11月7日閲覧。
  48. ^ Hurricane Telethon Highlights Scooter Braun's Other Job: Music's First Responder”. Billboard magazine. 2018年6月4日閲覧。
  49. ^ It’s official: March for Our Lives was one of the biggest youth protests since the Vietnam War”. Vox. 2018年6月4日閲覧。
  50. ^ Nessif, Bruna (2014年1月6日). “Justin Bieber's Manager Scooter Braun Engaged to Yael Cohen”. E! Online. 2019年3月15日閲覧。
  51. ^ Lee, Esther (2014年7月7日). “Scooter Braun Marries Yael Cohen: Justin Bieber's Manager Wedding Pictures and Guest Details”. Us Weekly. http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/scooter-braun-marries-yael-cohen-justin-biebers-manager-wedding-pictures-201477 
  52. ^ Malkin, Marc; Scarborough, Senta (2014年7月7日). “Justin Bieber's Manager Scooter Braun Marries Yael Cohen”. E! Online. http://www.eonline.com/news/557187/justin-bieber-s-manager-scooter-braun-marries-yael-cohen 
  53. ^ Scooter Braun’s Hit Factory”. The Wall Street Journal. 2018年6月4日閲覧。
  54. ^ Webber, Stephanie (2015年2月7日). “Scooter Braun, Justin Bieber's Manager, Welcomes First Child With Wife Yael Cohen”. Us Weekly. http://www.usmagazine.com/celebrity-moms/news/scooter-braun-welcomes-first-child-baby-boy-with-wife-yael-cohen-201572 
  55. ^ Scooter Braun Welcomes Baby Boy With Wife Yael -- Find Out His Cute Name!”. Entertainment Tonight. 2018年6月4日閲覧。
  56. ^ An investor behind Justin Bieber and Uber reveals what makes a great entrepreneur”. CNBC. 2018年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]