パレードへようこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パレードへようこそ
Pride
監督 マシュー・ウォーチャス英語版
脚本 スティーヴン・ベレズフォード英語版
製作 デイヴィッド・リヴィングストン[注釈 1]
出演者
音楽 クリストファー・ナイティンゲール[注釈 2]
撮影 タット・ラドクリフ[注釈 3]
編集 メラニー・オリヴァー英語版
製作会社
配給 世界の旗 パテ
日本の旗 セテラ・インターナショナル
公開
上映時間 120分[1]
製作国
言語 英語
興行収入 $7,523,634[2]
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:File:Pride poster.jpg - 劇場公開時のポスター

パレードへようこそ』(: Pride)は、2014年にイギリスで製作されたレズビアン・ゲイ映画・歴史映画・コメディドラマ映画で、スティーヴン・ベレズフォード英語版が脚本、マシュー・ウォーチャス英語版が監督を担当した。実在の団体レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ英語版(LGSM、字幕では「炭鉱夫支援同性愛者の会」)が、1984年から1985年の炭鉱ストライキ英語版の際に炭鉱労働者へ金銭支援を行った話を映画化したものである。脚本のベレズフォードは数少ない当時の資料を集めたほか、実際のLGSMメンバーも取材に協力した[3]。LGSMの創設メンバーとして、ベン・シュネッツァージョージ・マッケイジョセフ・ギルガンフェイ・マーセイ英語版ドミニク・ウェストアンドリュー・スコットフレディ・フォックスが出演し、支援を受けたウェールズの炭鉱組合のメンバーとして、パディ・コンシダインビル・ナイイメルダ・スタウントンなどが出演した。

作品は2014年の第67回カンヌ国際映画祭監督週間英語版のクロージング・フィルムとして上映され[4][5]、この年のクィア・パルムを受賞した[6]。また作品はゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)英国アカデミー賞 英国作品賞英国アカデミー賞 助演女優賞(イメルダ・スタウントン)にノミネートされ、英国アカデミー賞 新人賞英語版を獲得した。脚本のベレズフォードは、監督のウォーチャスも参加して舞台ミュージカルにする計画があると明かしていた[7]

あらすじ[編集]

作品は、レズビアンゲイの活動家たちが、サッチャー政権下で起きた1984年から1985年の炭鉱ストライキ英語版の際に炭鉱労働者の家族に金銭支援を行い、レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ英語版(LGSM、字幕では「炭鉱夫支援同性愛者の会」)の活動の端緒となった実話を映像化したものである[8]。このような提携は前例の無いものだったが、当時活動は大成功を収めた[8]

ブロムリー区出身でゲイだということをひた隠しにしているジョー・クーパー(演:ジョージ・マッケイ)は、20歳の誕生日にゲイ・プライド・パレード・イン・ロンドン英語版を観に行き、無理矢理パレードに参加させられる。終了後の反省会で、パレード直前に炭鉱ストライキのニュースを読んでいたゲイの活動家マーク・アシュトン英語版(演:ベン・シュネッツァー)は、炭鉱労働者が虐げられる現状は同性愛者と同じだと訴え、支援組織「炭鉱夫支援同性愛者の会」(LGSM) の旗揚げを提案する。ほとんどが気乗りせず帰ってしまう中、創設メンバーには、反省会場だった書店ゲイズ・ザ・ワード英語版の店主ゲシン(演:アンドリュー・スコット)とその恋人ジョナサン(演:ドミニク・ウェスト)、マイク(演:ジョセフ・ギルガン)とジェフ(演:フレディ・フォックス)、紅一点のレズビアン・ステフ(演:フェイ・マーセイ英語版)などが名乗りを上げ、ジョーも参加することになる。

パレードへようこその位置(ウェールズ内)
オンルウィン
オンルウィン
リル
リル
作品の舞台。オンルウィンはLGSMが支援した炭鉱町、リル英語版はゲシンの故郷。作中ゲシンは久しぶりに帰郷する

LGSMは書店の前で募金活動を始め、全国炭鉱労働組合英語版など寄付先となる炭鉱組合を探すが、同性愛者の団体であることから断られ続けてしまう。しびれを切らしたマークは炭鉱町に直接寄付することを決め、地図でランダムに探した中から、ウェールズの小さな村・オンルウィン英語版を探し出す。ディライス炭鉱の代表者としてロンドンにやってきたダイ・ドノヴァン(演:パディ・コンシダイン)はゲイ・バーで感謝のスピーチを行い、地元に戻ってLGSMを招待したいと提案するが、同性愛を嫌う組合員のモーリーン(演:リサ・パルフリー英語版)などから反対を受ける。支援物資の仕分けボランティアを行うシャーン・ジェームズ英語版(演:ジェシカ・ガニング英語版)は、思わず招待すべきだと声を上げてしまう。オンルウィンに招待されたLGSMのメンバーは、当初一部のホモフォビアな住民たちから冷遇されるが、ジョナサンのディスコ・ダンスなどで打ち解ける。時を同じくして同性愛者でのAIDS流行が大きく報じられるようになる。

1984年の冬、ウェールズを記録的な大寒波が襲い、オンルウィンを訪れたメンバーたちは、ミニバスが壊れたりインフラが止められたりと、スト参加者が苦境に陥っていることを知る。マークはこの状況を打開する秘策に出ると宣言し、オンルウィンの人々は『パンと薔薇英語版』を合唱してこれに応える。LGSMをよく思わないモーリーンは、義兄クリフ(演:ビル・ナイ)の誘いに乗らず、逆に新聞に密告して中傷記事を書かせる。新聞記事はストにも影響を与え、ゲシンの書店が襲撃される騒ぎにもなるが、マークはこれを逆手に使い音楽祭を計画する。カムデン・タウンで開かれた音楽祭には、オンルウィンから委員長のヘフィーナ(演:イメルダ・スタウントン)などが駆けつける。翌日、オンルウィンではLGSMの支援を受け続けるかどうかの決議が行われるが、モーリーンの画策で決議時間が早められてロンドンに行った組合員は参加できず、留守を守っていたクリフは口下手でLGSMの弁護に失敗する。また、ジョーは撮りためていた写真が元で家族にゲイだとばれ、軟禁状態に置かれる。マークは元恋人のAIDS発症も相まって自暴自棄になりLGSMを離れ、ゲシンは1人で募金中に殴られて入院するほどの怪我を負う。

1985年3月、ついにストが終結する。オンルウィンに向かったジョー、そして彼を送り届けたシャーンは、それぞれマークとジョナサンから、人生を有効に使えと伝えられる。帰宅したジョーは家出してLGSMの活動に参加することを決める。

6月のゲイ・プライド・パレード当日、マークがLGSMに戻ってくる。また、全国の炭鉱労働者たちがLGSMと共にパレードの先頭を歩み、活動への連帯を示す。その後エピローグでは、登場人物のその後と、翌年の労働党大会で全国炭鉱労働組合が圧力団体となり、同性愛者の権利が党マニフェストに盛り込まれたことが明かされる。

登場人物[編集]

LGSMメンバー[編集]

シュネッツァーが演じたマーク・アシュトンは、LGSMを立ち上げ同性愛者の人権活動を行った実在の人物である(1986年撮影)
マーク・アシュトン英語版 (Mark Ashton)
演 - ベン・シュネッツァー、声 - 増元拓也[9]
レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ英語版(LGSM) の発起人。オンルウィンでの反対決議と、元恋人ティムのAIDS発症の衝撃から一時LGSMを離れるが、1985年のゲイ・プライド・パレード英語版に合わせて戻ってくる。その後エピローグで、AIDS発症診断を受けた後26歳で亡くなったことが明かされる[10]
マイケル・"マイク"・ジャクソン (Michael "Mike" Jackson)
演 - ジョセフ・ギルガン
LGSMの創設メンバーのひとり。会では主にタイプライターなど書類仕事を担当している。
ステファニー・"ステフ"・チェンバース (Stephanie "Steph" Chambers)
演 - フェイ・マーセイ英語版
創設メンバーの紅一点で、レズビアン。ゲイ・プライド・パレードで出会ったジョーの年齢を見逃してやる。分派のレズビアンズ・アゲインスト・ピット・クロージャーズ英語版(炭鉱閉鎖反対レズビアンの会)参加を拒み、LGSMに残る。
ジョナサン・ブレイク (Jonathan Blake)
演 -ドミニク・ウェスト[11] 、声 - 蜂須賀智隆
ゲシンの恋人で舞台俳優HIV最初期の感染者のひとり[12]。拘留期限に関する入れ知恵や彼のディスコ・ダンスが、オンルウィンの人々とLGSMが打ち解けるきっかけになる。
ゲシン・ロバーツ (Gethin Roberts)
演 - アンドリュー・スコット、声 - 村治学[9]
ジョナサンの恋人で、北ウェールズ・リル英語版出身。書店ゲイズ・ザ・ワード英語版の店主で、LGSMの本部として店の裏を貸し出す。活動を進める中で、母親に勘当されて以来の帰郷を果たす。新聞記事が元となり、店だけでなく自身も襲撃される。ジョナサンの実際のパートナーは同じく活動家のナイジェル・ヤングだが、ゲシンはナイジェルの性格を投影したキャラクターになっている[13][14]
ジェフ・コール (Jeff Cole)
演 - フレディ・フォックス、声 ‐ 西山宏太朗
創設メンバーのひとり。ファッションに敏感なことから、オンルウィンの子どもたちから慕われる。
レジー・ブレンナーハセット (Reggie Blennerhassett)
演 - クリス・オーヴァトン (Chris Overton)
レイ・アラー (Ray Aller)
演 - ジョシュア・ヒル (Joshua Hill)
レジー・レイ共に創設メンバーで、カップルでLGSM参加する。
ジョー・"ブロムリー"・クーパー (Joe "Bromley" Cooper)
演 - ジョージ・マッケイ、声 - 河西健吾[9]
架空のLGSM創設メンバーで、調理学校に通う20歳。会の公式写真家を務める。ブロムリー区出身であることから、会のメンバーには「ブロムリー」と呼ばれている。家族にはLGSMの参加と自身がゲイであることをひた隠しにしているが、アウティングに遭うなどして家出を決める。オーディエンス・サロゲートに相当する役。
ステラ (Stella)
演 - カリーナ・フェルナンデス英語版
LGSMのメンバーで、ゾーイの恋人。後に女性だけの分派レズビアンズ・アゲインスト・ピット・クロージャーズ英語版(炭鉱閉鎖反対レズビアンの会)を作ってゾーイとLGSMから離脱する。
ゾーイ (Zoe)
演 - ジェシー・ケイヴ英語版
LGSMのメンバーで、ステラの恋人。ステラ共々ヴィーガニズムを実践している。

LGSMメンバーの周囲の人々[編集]

マリオン・クーパー (Marion Cooper)
演 - モニカ・ドラン英語版
同性愛者に否定的なジョーの母親。
トニー・クーパー (Tony Cooper)
演 - マシュー・フリン (Matthew Flynn)
ジョーの父親。アウティング後、ジョーが同性愛者であることに憤慨する。
ティナ (Tina)
演 - ローラ・マシューズ (Laura Matthews)
ジョーの姉。結婚した夫は同性愛者に偏見を持つ。彼女がジョーの部屋からLGSMの写真を見つけたことがアウティングのきっかけとなる。
ゲシンの母
演 - オルウェン・メディ(Olwen Medi)
信心深く、息子からのカミングアウトを受けてゲシンを勘当した。活動の最中久々に戻った息子と和解する。
ティム (Tim)
演 - ラッセル・トーヴィー
マークの友人で、過去の恋人。AIDSを発症している。

オンルウィンの人々[編集]

デイヴィッド・"ダイ"・ドノヴァン (David "Dai" Donovan)
演 - パディ・コンシダイン、声 - 野川雅史[15]
ディライス炭鉱を代表し、LGSMに会いにロンドンへやってくる人物。その後はオンルウィンでの支援活動受け入れの中心的存在となる。マーガレットの夫。
クリフ・バリー (Cliff Barry)
演 - ビル・ナイ、声 - 堀越富三郎[9]
組合の書記を務める。モーリーンは義妹で、弟を炭鉱事故で亡くしている。詩を好むが口下手。終盤、ヘフィーナにゲイであることをカミングアウトする。
ヘフィーナ・ヒードン英語版 (Hefina Headon)
演 - イメルダ・スタウントン、声 - 小宮和枝[9]
福祉委員長。活動家としてLGSMのメンバーを受け入れる中心的存在。クリフがゲイであることに気付いていた。ロンドンで開かれたLGSMの音楽祭に参加する。
実際のシャーン本人。アムステルダムで開かれたユーロプライド2016で撮影
シャーン・ジェームズ英語版 (Siân James)
演 - ジェシカ・ガニング英語版
マーティンの妻で2児の母。当初は支援物資の仕分けボランティアに過ぎなかったが、LGSMの受け入れを提言したことで、オンルウィンの活動の中心的存在になる。エピローグでは、ジョナサンの勧め通りスウォンジー大学英語版に進学し、スウォンジー東選挙区英語版初の女性議員になったことが明かされる[16]
マーティン・ジェームズ (Martin James)
演 - ロードリ・メイラー英語版
シャーンの夫で2児の父。当初はLGSMら同性愛者の受け入れに否定的だったが、モーリーンの息子たちを怒鳴りつけるなど、交流を経て彼らの理解を深めていく。
マーガレット・ドノヴァン (Margaret Donovan)
演 - リズ・ホワイト英語版
ダイの妻で婦人支援委員。
ゲイル・プリチャード (Gail Pritchard)
演 - ニア・グウィン (Nia Gwynne)
アランの妻で婦人支援委員。LGSMのメンバーとのパーティを通じ、特にステフとの親交を深める。
グウェン (Gwen)
演 - メナ・トラスラー (Menna Trussler)
やや高齢の組合員で、炭鉱夫だったウィリアムの未亡人。彼女が電話を取ったことが元でLGSMのオンルウィン支援が始まる。ヴィーガン(絶対菜食主義)のステラやゾーイに合わせ料理を覚えるなどする。
モーリーン・バリー (Maureen Barry)
演 - リサ・パルフリー英語版
ホモフォビアからLGSMからの支援に否定的な婦人支援委員。クリフの弟の妻で、夫を炭鉱事故で亡くしている。2人の息子がいる。
デビー・トーマス (Debbie Thomas)
演 - ソフィー・エヴァンズ英語版
オンルウィンの組合事務所にあるバーの店員。
カール・エヴァンズ (Carl Evans)
演 - カイル・リーズ英語版
ジョナサンにダンス・レッスンを頼み込む炭鉱夫のひとり。
ゲイリー (Gary)
演 - ジャック・バッグス (Jack Baggs)
カールの友人で、ジョナサンからダンスを教わる。
ビンゴ大会の高齢女性
演 - デディ・デイヴィース英語版

封切り[編集]

劇場公開[編集]

作品は監督週間英語版のクロージング・フィルムとして2014年の第67回カンヌ国際映画祭で初公開され、上映後にはスタンディング・オベーションを受けたほか、この年のクィア・パルムを受賞した[17]。同年9月には第39回英語版トロント国際映画祭でも上映され、『ワシントン・ポスト』紙では「プレビュー・映画祭の観客双方から大人気だった」と報じられた[18]。全英公開は2014年9月12日[19]フランスでは5日後の9月17日に公開され[20]、イギリス・フランスではパテが配給を担当した[21]。またアメリカ合衆国での配給はCBSフィルムズ英語版が担当した[22]。アメリカでは2014年9月26日に、ニューヨークロサンゼルスサンフランシスコ限定公開英語版された[23][24]

日本では2014年12月に邦題が『パレードへようこそ』に決定したと報じられ[25]セテラ・インターナショナル配給で2015年4月4日に公開された[26]。2017年6月には、日本テレビ「映画天国LGBT映画祭」の一環として地上波初放送された[27]

レイティングに関する議論[編集]

イギリスでは全英映像等級審査機構が「時折の激しい言葉遣い」("occasional strong language") と性描写に関する2シーン(ゲイ・バーでボンデージを着た男性のシーンと、オンルウィンの女性たちがポルノ雑誌を寝室で見つけるシーン)を原因にレイティングを「15」(15歳未満の視聴を推奨しない)に決定した[28]。またアメリカ映画協会 (MPAA)は、イギリスの「15」に最も近いR指定英語版を行った。このレイティングは通例に従ったもので、英国映画協会はイギリスで「15」相当の映画はほとんどがアメリカでR指定になると述べた[29]。『インデペンデント』紙ではMPAAのレイティングが「ドラコンの立法」("draconian") のようだと批判され[28]、同性愛を扱った作品であるために若年者は付き添い無しで鑑賞できないレイティング ("no unaccompanied under-17s") になるのだと主張された(→ホモフォビア)。またこの記事では、MPAAが本作と同年に公開されたLGBT映画『人生は小説よりも奇なり』や、2013年公開の『G.B.F.英語版』もR指定したことを批判している[28]。『ガーディアン』紙では、この記事を引いて、MPAAが「NC-17」指定(17歳以下入場禁止)を行ったと報じたが、数日後に誤報を訂正した[30]。MPAAはこの件についてコメントを出していないが、イギリスのLGBT活動家であるピーター・タッチェルは、「『パレードへようこそ』には、露骨な性描写や暴力描写はない。アメリカ映画協会にはマイルドな同性愛描写であったとしても、そうした描写がある映画は17歳以下には適さないという硬直した価値観があるようだ。」と述べている[30]

2015年1月、アメリカ合衆国でのDVD発売時に、作品中の同性愛についての説明書きが除去されたと報じられた。作品説明からは、「ロンドンを拠点にしたゲイ・レズビアンの活動家グループ」("a London-based group of gay and lesbian activists") という文言が差し替えられて「ロンドンを拠点にした活動家グループ」("a group of London-based activists") とされ、また裏面からはレズビアン・ゲイのバナーが除去されたという[31]

評価[編集]

興行収入[編集]

公開初週、作品はイギリスで718,778ポンド興行収入を獲得し、週末の順位は『ボックストロール』、『LUCY/ルーシー』に次ぐ3位となった[32]。第2週目の週末も、578,794ポンドの興行収入でイギリス国内第3位を維持した[33]。『ガーディアン』紙では、第2週目の興行収入は12%下落したがウィークデイ興行にも強かったと報じ、「少しぐらついたスタートの後、マシュー・ウォーチャスの映画は観衆をぐいぐい牽引するしるしを見せている」と述べた[34]。公開第3週のイギリス市場では、週末の興行収入400,247ポンドの第6位に後退した[35]。第4週目の週末には10位に後退し、興行収入は248,654ポンドとなったが、イギリス国内のここまでの収入は総計3,265,317ポンドにのぼった[36]

アメリカ合衆国では限定公開6館となったが、公開初週末で総計84,791ドルの興行収入を得た[37]。公開規模はゆっくりと拡大し、第2週までに劇場数はさらに増加したほか、10月10日からは限定公開された3都市以外の街でも公開された[37]

批評家の反応[編集]

作品は批評家に絶賛されている。映画批評を蓄積するサイト・Rotten Tomatoesでは、134件のレビューに基づき、新鮮度93%、平均得点10点満点中7.6点が付けられた「新鮮な映画」に分類されている[38]。また同サイトでは、批評数を基にした2014年のコメディ映画ランキングで『グランド・ブダペスト・ホテル』と『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に次ぐ3位となった[39]Metacriticでは36件のレビューに基づき、100点満点中の79点が付けられた[40]

インデペンデント』紙のジェフリー・マクナブは、この映画が『フル・モンティ』や『ブラス!』、『リトル・ダンサー』(ビリー・エリオット)といった英国映画に引き続き、「産業基盤が疲れ果ててしまったイギリス」を舞台にしたと指摘している[41]。マクナブは5つ星を付け、「自由奔放なコメディを複雑な記録と結びつけた」脚本を賞賛したほか、マシュー・ウォーチャス英語版監督は映画全体に「視覚的コントラストと耳障りな並列で味付けをした」と述べた[41]。またこの作品は、作中取り上げられる問題を軽視することなく、そのユーモアと理解のしやすさを保っていると述べた。

ガーディアン』紙に批評を投稿したピーター・ブラッドショウ英語版は、作品を「感動的で愛すべき」("impassioned and lovable") ものだと評した[42]。彼はクリフの「無口な臆病さ」("taciturn shyness") を演じたビル・ナイや、「堂々として理知的な振る舞い」("dignified and intelligent performance") を見せるダイ役のパディ・コンシダインなど、俳優陣の演技を絶賛した[42]。作品公開目前の2013年10月に亡くなったヘフィーナ・ヒードンを演じたイメルダ・スタウントンに対しても好評価が寄せられた[43]。『インデペンデント』紙のマクナブは、実権を握る女性ヘフィーナは、「一部肝っ玉母さん (Mother Courageで一部ヒルダ・オグデン英語版」("part Mother Courage and part Hilda Ogden") のようだと述べた[41][注釈 4]マーク・アシュトン英語版を演じたベン・シュネッツァーの演技も好評価されている。『ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版』に批評を投稿したシャーロット・オサリヴァンは、「シュネッツァーは有望でなさそうな履歴書のニューヨーカーなのに(『やさしい本泥棒』に登場した数少ない美点のひとつだ)、ここでは素晴らしく輝いている」と述べた[44]。『シドニー・モーニング・ヘラルド』のポール・バーンズは、作品は「ドライで、意外で、思いやりがあり、政治的理解が深く、感情的に価値のあるもので、着実な仕事をする素晴らしい俳優たちをきちんと集めている」と述べた[45]

フィナンシャル・タイムズ』紙のナイジェル・アンドリュース英語版は5つ星中1つ星の評価で、作品は「奇術、比喩、陳腐な表現のオンパレードで、ポリティカル・コレクトネスという一輪車の上で2時間バランスを取るよう設計されたもの」("a parade of tricks, tropes and tritenesses, designed to keep its balance for two hours atop a political correctness unicycle") だと評した[46]。アンドリュースはさらに、「近代史の中で、イギリスの炭鉱労働者たちのストライキが英雄的な改革運動だと、文化的にイメージ変更されることほど驚かされることはない。これはラダイト運動家が(とりわけ)温室効果ガス肺気腫に関する、組合の煽動行為を支持するよりももっとだ」と述べた[注釈 5]。これに対し、『フィナンシャル・タイムズ』に投稿された手紙では、作品がストライキ中アーサー・スカーギルが見せた「妥協しない態度」("intransigence") を明白にしたのだとされた[47]

受賞とノミネート[編集]

映画賞 授賞式開催日 部門 対象 結果
第67回カンヌ国際映画祭[17] 2014年5月25日 クィア・パルム 作品本編 受賞
監督週間英語版 ノミネート
フィルム・フェスト・ヘント英語版2014[48][注釈 6] 2014年10月27日 「ヘント港」観客賞
Audience award "Port of Ghent"
作品本編 受賞
ライデン国際映画祭英語版2014[49] 2014年11月10日 観客賞 作品本編 受賞
第17回英国インディペンデント映画賞[50][51] 2014年12月7日 作品賞英語版 作品本編 受賞
監督賞 マシュー・ウォーチャス英語版 ノミネート
脚本賞 スティーヴン・ベレズフォード英語版 ノミネート
助演女優賞英語版 イメルダ・スタウントン 受賞
助演男優賞英語版 アンドリュー・スコット 受賞
ベン・シュネッツァー ノミネート
有望新人賞 (Most Promising Newcomer) ベン・シュネッツァー ノミネート
第72回ゴールデングローブ賞[52] 2015年1月11日 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 作品本編 ノミネート
第35回英語版ロンドン映画批評家協会賞 2015年1月18日 今年のイギリス・アイルランド映画賞英語版 作品本編 ノミネート
ドリアン賞英語版2014[53] 2015年1月20日 今年のLGBTQ映画 (LGBTQ Film of the Year) 作品本編 受賞
不当評価された今年の映画
(Unsung Film of the Year)
受賞
今年の映画 (Film of the Year) ノミネート
アーティオス賞英語版[54] 2015年1月22日 キャスティング賞 長編映画スタジオ・独立コメディ映画部門[注釈 7] フィオナ・ウィアー英語版 ノミネート
第68回英国アカデミー賞[55] 2015年2月8日 英国作品賞 作品本編 ノミネート
助演女優賞 イメルダ・スタウントン ノミネート
新人英国脚本家・監督・プロデューサー賞英語版 スティーヴン・ベレズフォード英語版
デイヴィッド・リヴィングストン
受賞
第26回英語版GLAADメディア賞[56][57] 2015年3月21日 全米公開映画 – 作品賞 作品本編 ノミネート
第12回アイルランド映画&テレビ賞英語版[58][59] 2015年5月24日 長編映画部門助演男優賞 アンドリュー・スコット ノミネート
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞[60][61] 2015年6月12日 ヨーロッパ映画賞英語版 作品本編 ノミネート

サウンドトラック[編集]

Pride – Music From and Inspired by The Motion Picture
Various artistsサウンドトラック
リリース
時間
レーベル ユニバーサル・ミュージック
プロデュース クリストファー・ナイティンゲール
テンプレートを表示

作品の時代設定に合わせ、サウンドトラックには1980年代イギリスのヒットソングが数多く用いられている[62][63]。また、実際に同性愛を公表していたアーティストの曲や、当時同性愛コミュニティの中で人気だったモリッシーの曲が使われたり、スト運動という背景に合わせピート・シーガープロテストソングが使われるなどしている[63]

日本では映画の公開に合わせ、2015年2月16日にユニバーサルミュージックから配信販売された[64]

Side one
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.ブレイク・フリー (自由への旅立ち)(I Want to Break Free)  クイーン
2.シェイム、シェイム、シェイム英語版(Shame, Shame, Shame)  シャーリー&カンパニー英語版
3.ホワイ?英語版(Why?)  ブロンスキ・ビート英語版
4.ラヴ&プライド英語版(Love & Pride)  キング
5.リラックス英語版(Relax)  フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
6.テインティド・ラヴ英語版(Tainted Love)  ソフト・セル
7.ウェスト・エンド・ガールズ英語版(West End Girls)  ペット・ショップ・ボーイズ
8.カーマは気まぐれ(Karma Chameleon)  カルチャー・クラブ
9.プル・アップ・トゥ・ザ・バンパー英語版(Pull Up to the Bumper)  グレイス・ジョーンズ
10.ユー・スピン・ミー・ラウンド英語版(You Spin Me Round)  デッド・オア・アライヴ
11.フリーダム英語版(Freedom)  ワム!
12.アイ・セカンド・ザット・エモーション英語版(I Second That Emotion)  スモーキー・ロビンソン
13.ウォール・カム・タンブリング・ダウン英語版(Walls Come Tumbling Down)  スタイル・カウンシル
14.テンプテーション英語版(Temptation)  ヘヴン17
15.ラヴ・ウィル・ティア・アス・アパート(Love Will Tear Us Apart)  ジョイ・ディヴィジョン
16.ペイル・シェルター英語版(Pale Shelter)  ティアーズ・フォー・フィアーズ
17.メイキング・プランズ・フォー・ナイジェル(Making Plans For Nigel)  XTC
18.アワ・リップス・アー・シールド英語版(Our Lips Are Sealed)  ファン・ボーイ・スリー英語版
19.ゼア・イズ・パワー・イン・ア・ユニオン英語版(There Is Power in a Union)  ビリー・ブラッグ英語版
20.ソリダリティ・フォーエヴァー英語版(Solidarity Forever)  ピート・シーガー
21.「アクロス・ザ・グレート・ディヴァイド」(Across the Great Divide)  フランク・ソリヴァン (Frank Solivan)
合計時間:
Side two
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.トゥー・トライブス英語版(Two Tribes)  フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
2.ブルー・マンデー(Blue Monday)  ニュー・オーダー
3.フォー・ア・フレンド英語版(For a Friend)  コミュナーズ英語版
4.オール・オブ・マイ・ハート英語版(All of My Heart)  ABC
5.ドゥ・ヤ・ワナ・ファンク英語版(Do Ya Wanna Funk)  シルヴェスター
6.レッド・レッド・ワイン英語版(Red Red Wine)  UB40
7.悪魔のラヴ・ソング(Genius of Love)  トム・トム・クラブ
8.ホモサピエン英語版(Homosapien)  ピート・シェリー英語版
9.「ハード・タイムズ」(Hard Times)  ヒューマン・リーグ
10.「アイ・トラヴェル」(I Travel)  シンプル・マインズ
11.ア・ニュー・イングランド英語版(A New England)  カースティ・マッコル英語版
12.「ウェイティング・フォー・ザ・ラヴ・ボート」(Waiting for the Love Boat)  アソシエイツ
13.ゴースツ英語版(Ghosts)  ジャパン
14.リヴィング・オン・ザ・シーリング英語版(Living on the Ceiling)  ブラマンジェ英語版
15.愛しのロバート・デ・ニーロ英語版(Robert De Niro's Waiting...)  バナナラマ
16.「キープ・オン・キーピン・オン!」(Keep On Keepin' On!)  ザ・レッドスキンズ英語版
17.アー・ユー・レディ・トゥ・ビー・ハートブロークン英語版(Are You Ready to Be Heartbroken)  ロイド・コール・アンド・ザ・コモーションズ英語版
18.「アクロス・ザ・ブリッジ」(Across the Bridge)  クリストファー・ナイティンゲール
19.「オータム・モンタージュ」(Autumn Montage)  クリストファー・ナイティンゲール
20.「ホームカミング」(Homecoming)  クリストファー・ナイティンゲール
21.パンと薔薇英語版(Bread and Roses)  ブロンウェン・ルイス (Bronwen Lewis)[65]
合計時間:

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ David Livingstone
  2. ^ Christopher Nightingale
  3. ^ Tat Radcliffe
  4. ^ 「肝っ玉母さん」 (Mother Courageは元々ハンス・ヤーコプ・クリストッフェル・フォン・グリンメルスハウゼンの小説に登場した人物で、後ベルトルト・ブレヒトの戯曲『肝っ玉おっ母とその子どもたち』にもその名 (Mutter Courage) が使われた。ヒルダ・オグデンはITVソープオペラコロネーション・ストリート』の登場人物である。
  5. ^ 原文:"Nothing in modern history is more amazing than the cultural rebranding of the UK miners’ strike as a heroic crusade, rather than a Luddite last stand for (inter alia) union demagoguery, greenhouse gas and emphysema."[46]
  6. ^ 旧:フランダース国際映画祭ヘント (Internationaal Film Festival van Vlaanderen – Gent)
  7. ^ Outstanding Achievement in Casting - Feature Film Studio or Independent Comedy

出典[編集]

  1. ^ PRIDE”. 全英映像等級審査機構. 2018年1月23日閲覧。
  2. ^ Pride - Box Office Mojo(英語) - 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ 伊藤隆剛 (2015年4月4日). “【映画を聴く】80年代ポップスをバックにゲイと炭坑夫の意外すぎる結束を描いた実話『パレードへようこそ』/前編”. MOVIE COLLECTION ムビコレ. 2018年1月24日閲覧。
  4. ^ Goodfellow, Melanie (2014年4月22日). “Cannes Directors' Fortnight 2014 lineup unveiled”. Screendaily. スクリーン・インターナショナル英語版. 2018年1月24日閲覧。
  5. ^ British film talent gathers for Cannes send-off”. 英国映画協会 (BFI) (2014年5月9日). 2018年1月24日閲覧。
  6. ^ Festival de Cannes: la "Queer Palm" décernée à "Pride" du Britannique Matthew Warchus” (French). ル・ソワール英語版 (2014年5月23日). 2018年1月24日閲覧。
  7. ^ Mitford, Oliver (2014年10月9日). “Blockbuster British film Pride could become a stage musical”. Best of Theatre. 2018年1月24日閲覧。
  8. ^ a b Knegt, Peter (2014年4月22日). “Here's The First Image From Matthew Marchus's 'Pride,' Which Will Close Directors' Fortnight at Cannes”. インディワイア英語版. 2018年1月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e パレードへようこそ - キャスト”. 角川映画. 2018年1月24日閲覧。
  10. ^ パレードへようこそ (映画 - Hulu). BBCフィルムズ、カラミティ・フィルムズ、英国映画協会、Canal+、Ciné+、インジーニアス・メディア.. 該当時間: 1:52:43 - 1:52:57. https://www.happyon.jp/pride 2018年1月24日閲覧。 
  11. ^ Nianias, Helen (2015年3月3日). “Pride the movie: Jonathan Blake, the campaigner played by Dominic West, talks about HIV, the miners' strike and gay rights”. インデペンデント. 2018年1月24日閲覧。
  12. ^ パレードへようこそ (映画 - Hulu). BBCフィルムズ、カラミティ・フィルムズ、英国映画協会、Canal+、Ciné+、インジーニアス・メディア.. 該当時間: 1:52:10 - 1:52:23. https://www.happyon.jp/pride 2018年1月24日閲覧。 
  13. ^ Kellaway, Kate (2014年8月31日). “When miners and gay activists united: the real story of the film Pride”. ガーディアン. 2018年1月24日閲覧。
  14. ^ Shulman, Randy (2014年10月9日). “Pride Rising”. メトロ・ウィークリー. 2018年1月24日閲覧。
  15. ^ 野川雅史”. プロダクションエース. 2018年1月24日閲覧。
  16. ^ パレードへようこそ (映画 - Hulu). BBCフィルムズ、カラミティ・フィルムズ、英国映画協会、Canal+、Ciné+、インジーニアス・メディア.. 該当時間: 1:51:40 - 1:51:57. https://www.happyon.jp/pride 2018年1月24日閲覧。 
  17. ^ a b Roddick, Nick (2014年5月27日). “Pride - Cannes Film Festival - film review”. ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版. http://www.standard.co.uk/goingout/film/pride-cannes-film-festival--film-review-9437759.html 2014年9月14日閲覧。 
  18. ^ Hornaday, Ann (2014年9月12日). “Gay activists and miners on strike: an unlikely pair in film festival favorite 'Pride'”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/blogs/style-blog/wp/2014/09/12/gay-activists-and-miners-on-strike-an-unlikely-pair-in-film-festival-favorite-pride/ 2014年10月3日閲覧. "It looks like he’ll have the last laugh: “Pride” has been hugely popular with preview and festival audiences, and so far promises to have crossover potential, even with conservative viewers." 
  19. ^ Calhoun, Dave (2014年9月9日). “Pride”. タイム・アウト英語版. http://www.timeout.com/london/film/pride 2014年9月14日閲覧。 
  20. ^ “Pride - film 2014” (French). アロシネ英語版. http://www.allocine.fr/film/fichefilm_gen_cfilm=228499.html 2014年10月8日閲覧。 (フランス語)
  21. ^ “Pride shoot date set”. BBC. (2013年9月5日). http://www.bbc.co.uk/bbcfilms/articles/pride_shoot_date_set 2014年9月14日閲覧。 
  22. ^ Vlessing, Etan (2014年9月7日). “Toronto: Bill Nighy Blasts Margaret Thatcher for Bashing Gays, Trade Unions”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/toronto-bill-nighy-blasts-margaret-730891 2014年9月14日閲覧。 
  23. ^ Jones, Stephanie. “"Pride" Opens in NY, LA, and SF September 26”. PCM World News. http://pcmworldnews.com/news/2014/09/pride-opens-in-ny-la-and-sf-september-26/ 2014年9月17日閲覧。 
  24. ^ “Movie Release Dates - September 2014”. FilmJabber. http://www.filmjabber.com/movie-release-dates/2014/9/ 2014年9月17日閲覧。 
  25. ^ 市川遥. “ビル・ナイら出演『パレードへようこそ』4月公開!ロンドンLGSMの若者とウェールズ炭坑労働者の友情描く”. シネマトゥデイ. 2018年1月24日閲覧。
  26. ^ 中野渉 (2014年3月25日). “【LGBT】映画「パレードへようこそ」4月公開 UKヒット曲にのせ、レズビアン・ゲイ描く”. ハフィントン・ポスト. 2018年1月24日閲覧。
  27. ^ LGBT映画を4週連続オンエア、「パレードへようこそ」など地上波初放送作も”. 映画ナタリー (2017年5月18日). 2018年1月24日閲覧。
  28. ^ a b c Burrell, Ian (2014年9月30日). “Pride: Are US film censors pandering to homophobia?”. The Independent (Independent Print Limited). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/pride-are-censors-pandering-to-homophobia-9765935.html 2014年10月3日閲覧。 
  29. ^ The US Ratings System”. BFI Screenonline. 英国映画協会. 2015年1月15日閲覧。
  30. ^ a b Child, Ben (2014年10月2日). “US censors accused of homophobia over restrictive Pride rating”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/film/2014/oct/02/pride-us-censors-accused-of-homophobia 2014年10月3日閲覧. "“It is outrageous, knee-jerk homophobia,” said Peter Tatchell. “There’s no significant sex or violence in Pride to justify strong ratings. The American classification board seems to automatically view any film with even the mildest gay content as unfit for people under 17.”" 
  31. ^ Gay banner removed from Pride DVD cover in US”. BBCニュース. 英国放送協会 (2015年1月5日). 2018年1月24日閲覧。
  32. ^ Fletcher, Harry (2014年9月16日). “The Boxtrolls knocks Sex Tape off UK box office top spot”. Digital Spy英語版. digitalspy.com. 2014年9月16日閲覧。
  33. ^ Reynolds, Simon (2014年9月23日). “The Boxtrolls spends second weekend at top of UK box office”. Digital Spy. digitalspy.com. 2014年9月23日閲覧。
  34. ^ Gant, Charles (2014年9月23日). “Could The Riot Club be too posh to push at the UK box office”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/film/filmblog/2014/sep/23/the-riot-club-posh-uk-box-office-boxtrolls 2014年9月29日閲覧. "So distributor Pathe will be more than happy with a drop of just 12% for the second weekend of play, as it will likewise be with a strong weekday performance last week and a 10-day tally of £1.86m. After a somewhat shaky start, Matthew Warchus’ film is displaying signs of solid traction with audiences. The challenge will be to keep the film in cinemas and sustain the buzz." 
  35. ^ Gant, Charles (2014年9月30日). “Billy Elliot Live skips past The Equalizer to top UK box office”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/film/filmblog/2014/sep/30/billy-elliot-live-beats-the-equalizer-at-uk-film-box-office 2014年9月30日閲覧。 
  36. ^ Gant, Charles (2014年10月7日). “Gone Girl finds gold and Dracula Untold sucks bucks at the UK box office”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/film/2014/oct/07/gone-girl-dracula-untold-uk-box-office-charts 2014年10月7日閲覧。 
  37. ^ a b Brooks, Brian (2014年9月28日). “'Skeleton Twins' Robust In Specialty Box-Office Expansion; 'Pride' Solid In Debut”. Deadline.com. http://deadline.com/2014/09/skeleton-twins-robust-in-specialty-box-office-expansion-pride-solid-in-debut-842628/ 2014年9月29日閲覧。 
  38. ^ Pride (2014) - Rotten Tomatoes(英語) 2018年1月25日閲覧。
  39. ^ Best-Reviewed Comedies 2014”. Rotten Tomatoes. 2018年1月25日閲覧。
  40. ^ Pride - Metacritic(英語) 2018年1月25日閲覧。
  41. ^ a b c Macnab, Geoffrey (2014年9月12日). “Pride, film review: Two tribes and plenty of nostalgia in this feelgood hit”. The Independent (Independent Print Limited). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/reviews/pride-film-review-two-tribes-and-plenty-of-nostalgia-in-this-feelgood-hit-9727720.html 2014年9月14日閲覧. "Pride, a surefire crowdpleaser, follows on from The Full Monty, Brassed Off and Billy Elliot as a story set in a Britain whose industrial base is being shattered. [中略] The director Matthew Warchus relishes visual contrasts and jarring juxtapositions. [中略] Stephen Beresford's screenplay combines broad comedy with subtle observation." 
  42. ^ a b Bradshaw, Peter (2014年9月11日). “Pride review – when gay activists struck a deal with miners”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/film/2014/sep/11/pride-film-review-miners-strike-gay-people-1984 2014年9月14日閲覧。 
  43. ^ Moses-Lloyd, Rachel (2013年10月17日). “Screen star Imelda Staunton to immortalise miners' supporter, Hefina Headon, in film about strike”. サウス・ウェールズ・イヴニング・ポスト英語版. http://www.southwales-eveningpost.co.uk/Screen-star-Imelda-Staunton-immortalise-miners/story-19950199-detail/story.html 2014年9月14日閲覧。 
  44. ^ O'Sullivan, Charlotte (2014年9月12日). “Pride - film review: 'Bill Nighy and Imelda Staunton escape national treasure status to show us something new'”. ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版. http://www.standard.co.uk/goingout/film/pride--film-review-bill-nighy-and-imelda-staunton-escape-national-treasure-status-and-show-us-something-new-9728351.html 2014年9月14日閲覧. "Schnetzer is a New Yorker with an unpromising CV (he was one of the few good things about The Book Thief) and he’s fantastic here." 
  45. ^ Byrnes, Paul (2014年10月29日). “Pride review: Gays add flair in feel-good miners-strike flick”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/entertainment/movies/pride-review-gays-add-flair-in-feelgood-minersstrike-flick-20141029-11cy2s.html 2014年12月8日閲覧. "Pride offers all the virtues we expect from an English comedy. It's dry, surprising, compassionate, politically savvy, emotionally rewarding and stacked to the gills with great actors doing solid work." 
  46. ^ a b Andrews, Nigel (2014年9月11日). “Pride - film review: Schmaltz and piety abound as gay rights activists join forces with striking miners”. Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/0/aa2140b6-39a0-11e4-83c4-00144feabdc0.html  (Paid subscription required要購読契約)
  47. ^ “‘Pride’ underlines how intransigent Scargill was”. Financial Times. (2014年10月3日). http://www.ft.com/cms/s/0/212f8d08-44a4-11e4-ab0c-00144feabdc0.html#axzz3jrNvPcNh  (Paid subscription required要購読契約)
  48. ^ “'Pride' wint publieksprijs Film Fest Gent” (オランダ語). ヘット・ラーツテ・ニュース英語版. (2014年10月27日). http://www.hln.be/hln/nl/945/Film/article/detail/2103040/2014/10/27/Pride-wint-publieksprijs-Film-Fest-Gent.dhtml 2018年1月24日閲覧。 
  49. ^ Frequin, Vincent (2014年11月10日). “Recordaantal bezoekers voor Leiden International Film Festival” (オランダ語). Dichtbij.nl. オリジナル2014年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141224171755/http://www.dichtbij.nl/groot-leiden/regionaal-nieuws/artikel/3775948/recordaantal-bezoekers-voor-leiden-international-film-festival.aspx 2018年1月25日閲覧。 
  50. ^ Barraclough, Leo (2014年12月7日). “Matthew Warchus’ ‘Pride’ Wins Top Prize at British Independent Film Awards”. Variety. https://variety.com/2014/film/news/benedict-cumberbatch-keira-knightley-attend-british-independent-film-awards-live-blog-1201373211/ 2018年1月25日閲覧。 
  51. ^ 英国インディペンデント映画賞でゲイと炭鉱労働者の協力を描く作品が3冠!”. NEWS WALKER (2014年12月9日). 2018年1月25日閲覧。
  52. ^ 2015 Golden Globe Awards: Winners List”. CNN (2015年1月11日). 2015年1月11日閲覧。
  53. ^ The Dorian Awards - Past winners”. GALECA :: The Society of LGBTQ Entertainment Critics :: Home of The Dorian Awards. 2018年1月25日閲覧。
  54. ^ 2015 Artios Awards”. Casting Society of America. 2018年1月25日閲覧。
  55. ^ Bafta Film Awards 2015: Winners”. BBCニュース. 英国放送協会. 2015年2月8日閲覧。
  56. ^ GLAAD Media Awards 2015 nominations announced: Sam Smith, 'Transparent,' 'The Imitation Game' among top nods”. ニューヨーク・デイリーニューズ (2015年1月21日). 2018年1月25日閲覧。
  57. ^ GLAAD announces nominees for 26th Annual GLAAD Media Awards presented by Delta Air Lines, Hilton, Ketel One Vodka, and Wells Fargo”. 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟 (2015年1月21日). 2018年1月25日閲覧。
  58. ^ Actor in a Supporting Role in a Feature Film”. Irish Film & Television Awards. Irish Film & Television Academy. 2018年1月25日閲覧。
  59. ^ IFTA Awards Focus: Best Supporting Actor Film”. The Irish Film & Television Network (2015年3月19日). 2018年1月25日閲覧。
  60. ^ Scarpa, Vittoria (2015年5月11日). “The David di Donatello awards: Black Souls in the lead with 16 nominations”. cineuropa.org. 2018年1月25日閲覧。
  61. ^ Anderson, Ariston (2015年6月12日). “'Birdman' Wins Italy's David Di Donatello Award for Best Foreign Picture”. ハリウッド・レポーター. 2018年1月25日閲覧。
  62. ^ 映画『パレードへようこそ』LGBT活動家の挑戦”. ファッション・プレス (2015年3月4日). 2018年1月24日閲覧。
  63. ^ a b 伊藤隆剛 (2015年4月4日). “【映画を聴く】80年代ポップスをバックにゲイと炭坑夫の意外すぎる結束を描いた実話『パレードへようこそ』/後編”. MOVIE COLLECTION ムビコレ. 2018年1月24日閲覧。
  64. ^ パレードへようこそ - Music From And Inspired ByThe Motion Picture”. ユニバーサルミュージック. 2018年1月25日閲覧。
  65. ^ Sisk, Emma (2014年9月13日). “How Welsh singing starlet Bronwen Lewis turned rejection on The Voice into big screen Pride”. WalesOnline英語版. http://www.walesonline.co.uk/whats-on/whats-on-news/bronwen-lewis-turned-rejection-voice-7762679 2018年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]