やさしい本泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やさしい本泥棒
The Book Thief
監督 ブライアン・パーシヴァル英語版
脚本 マイケル・ペトローニ英語版
原作 マークース・ズーサック英語版
本泥棒英語版
製作 カレン・ローズンフェルト
ケン・ブランカトー
ナレーター ロジャー・アラム英語版
出演者 ジェフリー・ラッシュ
エミリー・ワトソン
ソフィー・ネリッセ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 ジョン・ウィルソン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年10月3日(限定)
アメリカ合衆国の旗 2013年11月8日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
ドイツ語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $76,586,316[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $21,488,481[2]
テンプレートを表示

やさしい本泥棒』(原題: The Book Thief)は、2013年アメリカ合衆国で制作されたドラマ映画英語版マークース・ズーサック英語版のベストセラー小説『本泥棒英語版』を原作にしている。

日本では当初2014年に劇場公開される予定だったが中止となり、2015年1月7日にソフトレンタルが開始され[3]、2015年6月3日にソフト発売がなされた[4]

ストーリー[編集]

1938年第二次世界大戦前夜のドイツ。軍部による赤狩りからの逃亡を余儀なくされた共産党員の夫婦は、道中で幼い息子を亡くしながらも、娘のリーゼルをミュンヘン近郊の田舎町へ里子に出すのだった。だが、途中弟が急死。二人来る筈が一人しか来なくて、給付金が少なくなり、養母のローザはリーゼルに対して冷たく当たるのであった。一方、養父のハンスはリーゼルを温かく迎え、読み書きができない彼女に優しく教えてあげるのだった。こうして読み書きを覚えたリーゼルは、様々な本を通じて知識や勇気、希望を手に入れていく。しかし、ドイツはナチスの統治下に置かれ、ついに読書までも禁止されてしまう。そんなある日、反ユダヤ主義による暴動で数多くの本が広場で焼かれているのを見たリーゼルは、そこから一冊の本を盗み出す。  

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

その他日本語吹替
山下大輝清水明彦唐沢潤後藤敦水野千夏佐藤しのぶ佐々木誠二武田幸史福井美樹あんどうさくら前田一世慶長佑香後藤光祐小柳良寛三木美遠藤純平志賀麻登佳志田有彩

参考文献[編集]

  1. ^ The Book Thief”. The Numbers (2014年1月5日). 2014年1月6日閲覧。
  2. ^ a b The Book Thief” (英語). Box Office Mojo. 2014年10月20日閲覧。
  3. ^ やさしい本泥棒 レンタル” (日本語). 20世紀フォックス. 2014年10月20日閲覧。
  4. ^ やさしい本泥棒 セル” (日本語). 20世紀フォックス. 2015年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]