ジョージ・マッケイ (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・マカイ
GeorgeMackaySept2013TIFF.jpg
2013年
生誕 (1992-03-13) 1992年3月13日(28歳)
イングランドの旗 イングランドロンドン
職業 俳優
活動期間 2003年 -

ジョージ・マカイ(George MacKay、1992年3月13日 - )はイギリスの俳優。

略歴[編集]

配給会社による名前の日本語表記は「ジョージ・マッケイ」だが本人は「ジョージ・マカーイ」に近い発音で名前を紹介している。

舞台照明をしている父とコスチュームデザイナーの母のもとにロンドンで生まれた。パブリックスクールであるハロディアン・スクールではウィル・ポールターの1年先輩であった。


2002年、ハロディアン・スクールに通っていたジョージはスカウトされ、『ピーター・パン』のオーディションを受ける。ロストボーイの一人/カーリー役に合格し、子役としてキャリアをスタート。

ディファイアンス』の撮影直前、交通事故によって目が開きにくくなる症状が出ているにも関わらず、血で黒ずんだ目をしながら「やる気満々だよ」と撮影に望んだ当時16歳のジョージに対し、監督のエドワード・ズウィックは「とても驚いたし感心した」と語っている。

2015年、ジョージ主演の舞台『あぁ、荒野!英語版』がThe Young Vicで公演。デイリー・テレグラフの記者は「不釣り合いな現代的衣装のジョージは若き天才であり、無垢でありながら若き不安感に満ちた瞳からは、傲慢さと脆さが見え隠れした」と語っている。


2016年『はじまりへの旅』でヴィゴ・モーテンセンと共演。2017年『マローボーン家の掟』でアニャ・テイラー=ジョイチャーリー・ヒートンらと共演。2018年『16歳、戦火の恋』では、第二次世界大戦下に黒人の女性を愛した白人青年を演じた。

2016年から2018年の活躍はジョージにとって大きなもので、最近はイギリス以外のキャスティングディレクターからもかなり注目されている。

2019年公開、主演を務めた『1917 命をかけた伝令』は、サム・メンデスが監督したことや、全編ワンカット(風)であることから日本でも話題を呼んだ。


2020年に本土での公開が控えている『Wolf』では、自らを狼だと信じる青年を演じる。ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップと共演。

また、キンクスの伝記映画でジョニー・フリンと共演予定。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2003 ピーター・パン
Peter Pan
カーリー
2007 チャールズ・ディケンズの骨董屋
The Old Curiosity Shop
キット・ナブルス テレビ映画
2008 ディファイアンス
Defiance
アーロン・ビエルスキ
2012 兵士ピースフル
Private Peaceful
トモ・ピースフル 日本劇場未公開
2013 わたしは生きていける
How I Live Now
エドマンド
サンシャイン/歌声が響く街
Sunshine on Leith
デイヴィー・ヘンショー
2014 パレードへようこそ
Pride
ジョー・“ブロムリー”・クーパー
2016 はじまりへの旅
Captain Fantastic
ボゥドヴァン“ボゥ”キャッシュ
2017 マローボーン家の掟
Marrowbone
ジャック・マローボーン
2018 オフィーリア
Ophelia
ハムレット 日本劇場未公開
WOWOWで放映
16歳、戦火の恋
Where Hands Touch
ルッツ 日本劇場未公開
ずっとあなたを待っていた
Been So Long
ギル Netflixで配信
2019 1917 命をかけた伝令
1917
ウィリアム・“ウィル”・スコフィールド

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2006 TSUNAM 津波
Tsunami: The Aftermath
アダム・ピーボディ ミニシリーズ
2012 愛の記憶はさえずりとともに
Birdsong
ダグラス ミニシリーズ
2016 11.22.63
11.22.63
ビル・ターコット ミニシリーズ

外部リンク[編集]