オフィーリア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オフィーリア
Ophelia
監督 クレア・マッカーシー英語版
脚本 セミ・チェラス英語版
原作ハムレット
ウィリアム・シェイクスピア
『オフィーリア』
リサ・クレイン英語版
製作 アーレン・クルーガー
ダニエル・ボブカー
サラ・カーティス
ポール・ハンソン
出演者 デイジー・リドリー
ナオミ・ワッツ
クライヴ・オーウェン
トム・フェルトン
ジョージ・マッケイ
ドミニク・マフハム英語版
音楽 スティーヴン・プライス
撮影 デンソン・ベイカー
編集 ルーク・ダンクリー
製作会社 Bobker/Kruger
Bert Marcus Film
Fourthcoming Films
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ英語版
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月22日 (サンダンス)
アメリカ合衆国の旗 2019年6月28日
上映時間 114分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

オフィーリア』(Ophelia)は、2018年イギリスアメリカ合衆国のドラマ映画。原作は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』に登場するキャラクター「オフィーリア」を描いたリサ・クレイン英語版の同名小説。監督はクレア・マッカーシー英語版、脚本はセミ・チェラス英語版。主演をデイジー・リドリーが務め、ほかにナオミ・ワッツクライヴ・オーウェントム・フェルトンドミニク・マフハム英語版ジョージ・マッケイらが出演。内容は基本的に『ハムレット』に基づくが、オフィーリアの視点から描かれる。

2018年のサンダンス映画祭でプレミア上映された[1]。 日本では劇場公開されなかったが、2019年11月14日にWOWOWで放映された[2][3]

ストーリー[編集]

オフィーリア(デイジー・リドリー)は王妃ガートルード(ナオミ・ワッツ)にも信頼されている人間[4][5]。彼女はすぐにハムレット王子(ジョージ・マッケイ)の目を惹き、禁断の愛が芽生えていく。次第に欲望と裏切りはエルシノア城を混乱に陥れる。物語は『ハムレット』の新解釈によって紡がれる[6]

キャスト[編集]

製作[編集]

2016年5月4日ウィリアム・シェイクスピアのキャラクター「オフィーリア」をベースにしたリサ・クレイン英語版の小説を、クレア・マッカーシー英語版が監督、セミ・チェラス英語版が脚本、デイジー・リドリーナオミ・ワッツの出演で映画化することが発表された[7]。ダニエル・ボブカー、アーレン・クルーガー、サラ・カーティスが共同で製作を担当し、Covert Mediaが出資[7]。バート・マルクスが製作総指揮を担当[8]

撮影は2017年4月に始まり、5月にイメージ画像が公開された[9]。主要な製作は3か月後の2017年6月に終了した。アカデミー賞受賞の作曲家スティーヴン・プライスが音楽を担当することも決定した。

公開[編集]

2018年1月22日サンダンス映画祭のプレミアで初めて上映された[10]

評価[編集]

ハリウッド・リポーター』誌[5]The Wrap[4]は、内容のディテールやオフィーリアの描写を称賛した。『ガーディアン』誌は、ビジュアルを称賛しつつ、セリフと物語の変更を批判した[11]。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesでは、批評家支持率は58%となっている[12]。一方、Metacriticでは加重平均値は65/100となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ Debruge, Peter (2017年11月29日). “Sundance Film Festival Unveils Full 2018 Features Lineup” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/sundance-film-festival-2018-lineup-program-1202625522/ 2017年11月29日閲覧。 
  2. ^ オフィーリア”. WOWOW. 2019年9月28日閲覧。
  3. ^ 2019年11月 月間番組表”. WOWOW. 2019年11月14日閲覧。
  4. ^ a b Alonso Duralde (2018年1月22日). “'Ophelia' Film Review: Daisy Ridley Gives Shakespeare's Tragic Heroine a Provocative Do-Over”. The Wrap. https://www.thewrap.com/ophelia-film-review-daisy-ridley-naomi-watts/ 2018年4月7日閲覧。 
  5. ^ a b Todd McCarthy (2018年1月23日). “'Ophelia': Film Review - Sundance 2018”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/review/ophelia-review-1077297 2018年4月7日閲覧。 
  6. ^ Kaitlyn Booth (2018年1月26日). “Sundance 2018 Ophelia Review: Revisionist Shakespeare at its Best”. Bleeding Cool. https://www.bleedingcool.com/2018/01/26/sundance-2018-ophelia-review/ 2018年4月7日閲覧。 
  7. ^ a b Jaafar, Ali (2016年5月4日). “Daisy Ridley & Naomi Watts In Final Talks To Star In ‘Ophelia’; Covert Media Aboard New Take On ‘Hamlet’ – Cannes”. Deadline. http://deadline.com/2016/05/daisy-ridley-naomi-watts-ophelia-movie-hamlet-covert-media-1201748886/ 2016年5月6日閲覧。 
  8. ^ Ophelia”. IMDb. 2018年4月7日閲覧。
  9. ^ “Daisy Ridley Photo from Ophelia”. ComingSoon.net. (2017年5月22日). http://www.comingsoon.net/movies/news/850909-first-daisy-ridley-photo-from-ophelia#/slide/1 2017年5月23日閲覧。 
  10. ^ Edelstein, David (2018年1月23日). “Daisy Ridley’s Ophelia Is a Juicy, Crowd-Pleasing Shakespeare Revamp”. Vulture. http://www.vulture.com/2018/01/review-ophelia-is-a-crowd-pleasing-shakespeare-revamp.html 2018年4月7日閲覧。 
  11. ^ Jordan Hoffman (2018年1月23日). “Ophelia review – Daisy Ridley stranded in disastrous Hamlet reimagining”. The Guardian. 2018年4月7日閲覧。
  12. ^ Ophelia (2019)”. Rotten Tomatoes. 2019年9月28日閲覧。
  13. ^ Ophelia”. Metacritic. 2018年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]