ウィル・ポールター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィル・ポールター
Will Poulter
Will Poulter
本名 William Jack Poulter
生年月日 (1993-01-28) 1993年1月28日(27歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドンハマースミス
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビ
活動期間 2007年 -
主な作品
リトル・ランボーズ
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
なんちゃって家族
メイズ・ランナー
レヴェナント: 蘇えりし者
デトロイト
ミッドサマー
テンプレートを表示

ウィル・ポールター (Will Poulter1993年1月28日 - ) は、イギリス俳優

来歴[編集]

映画『リトル・ランボーズ』(2007)のリー・カーター役、[1]ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島』(2010)のユースチス・スクラブ役、『なんちゃって家族』(2013)のケニー・ロスモア役、 ヤングアダルト向けのSF小説を映画化した『メイズ・ランナー』(2014)のギャリー役で知られている。

ロンドンはハマーストーンで生まれる。ロバート・パティンソンジョージ・マッケイなどを輩出したハロディアン・スクール出身。在学中は失読症発達性協調運動障害に悩まされ、のちに「努力すればどうにかなるものだとは感じなかった。とても心を乱されたよ。そんな中で、とても好きな作品に巡り合えた。それが生きる希望だったね」と語っている。 またハロウィーンの仮装で『トイ・ストーリー』に登場するいじめっ子、シドに扮し、いじめ防止キャンペーンを支援したこともある。ガチボコにシド似である。

2009年、ナルニア国物語の3作目にキャスティングされる。撮影には家族が数名同伴した。本作は公開後、評価が分かれたが、ウィルの演技は好評だった。

2010年、『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』で知られる映画監督デクスター・フレッチャーの短編に参加。映画・ウィルの演技ともに絶賛された。

2012年、ブリストル大学でドラマ学を専攻。翌年、俳優業に専念するため退学。

The Fault in Our Stars』の脚本を気に入りオーディションに参加したウィルだったが、惜しくも受からず、役はアンセル・エルゴートに奪われた。

2014年『メイズ・ランナー』にギャリー役で出演。映画のヒットと比例して出演キャストの評判も上がり、ウィルは「俳優人生のターニングポイントとなった作品だ」と語る。

同年の『Glassland』も高い評価を受け、ウィルは「この映画の一部になれた事は最も誇れる」と語る。さらにこの年、ジョージ・マッケイデイン・デハーンなどと同時に英国アカデミー賞にノミネートされ、見事ライジング・スター賞を受賞。また、『なんちゃって家族』の功労に対してMTVムービー・アワード ブレイクスルー演技賞が贈られた。なお、英国アカデミーでウィルの名前を読み上げたのはエディ・レッドメインである。

その後、ウィルはヴァニティ・フェアが選ぶ『23人の俳優〜ハリウッドの新しい波〜』に選出。同じく選出されたジャック・レイナーは、のちに『デトロイト』、『ミッドサマー』で共演することになる盟友である。

2015年には『レヴェナント:蘇えりし者』で、レオナルド・ディカプリオをはじめとした豪華先輩俳優たちと共演。

2017年の『デトロイト』で魅せた迫真の演技も高い評価を得る。

日本でも話題になったホラー映画『IT/イット』(2017年版)では、ペニーワイズ役を打診されていたが、スケジュールの都合で辞退。後任はビル・スカルガルドが務め、映画は大ヒットした。

2018年『ザ・リトル・ストレンジャー』でドーナル・グリーソンと共演。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2008 リトル・ランボーズ
Son of Rambow
リー・カーター
2010 ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader
ユースチス・スクラブ
2012 ワイルド・ビル
Wild Bill
ディーン
2013 なんちゃって家族
We're the Millers
ケニー・ロスモア
2014 プラスティック
Plastic
フォーディ
メイズ・ランナー
The Maze Runner
ギャリー
Glassland Shane
2015 レヴェナント: 蘇えりし者
The Revenant
ジム・ブリッジャー
2016 キッズ・イン・ラブ
Kids in Love
ジャック
2017 ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!
War Machine
リッキー・オルテガ
デトロイト
Detroit
フィリップ・クラウス
2018 メイズ・ランナー: 最期の迷宮
Maze Runner: The Death Cure
ギャリー
2019 ミッドサマー
Midsommar
マーク

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2007 Comedy Shuffle Find Your Folks Presenter
2008 Comedy Lab Various
Lead Balloon Sweet Throwing Boy
2009–2010 School of Comedy Various
2010 FADES/フェーズ
The Fades
Mac パイロット版
2018 ブラック・ミラー: バンダースナッチ
Black Mirror: Bandersnatch
コリン・リットマン Netflixオリジナル作品

受賞歴[編集]

受賞[編集]

ノミネート[編集]

出典[編集]

  1. ^ Son of Rambow: ready for action at www.telegraph.co.uk (2014年5月25日閲覧)

外部リンク[編集]