酔いがさめたら、うちに帰ろう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(よいがさめたら、うちにかえろう。)は、戦場カメラマン鴨志田穣の自伝的小説2006年11月スターツ出版から出版された。2010年12月には浅野忠信永作博美主演で映画化された。

ストーリー[編集]

映画[編集]

酔いがさめたら、うちに帰ろう。
監督 東陽一
脚本 東陽一
原作 鴨志田穣
製作 シグロ
バップ
ビターズ・エンド
出演者 浅野忠信
永作博美
主題歌 忌野清志郎
誇り高く生きよう
撮影 釘宮慎治
編集 東陽一
配給 ビターズ・エンド
公開 日本の旗 2010年12月4日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年12月4日に公開。原作者の前妻で漫画家西原理恵子は、劇中イラスト作画を担当するとともに精神科患者役で出演している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

出版情報[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]