濱田ここね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はまだ ここね
濱田 ここね
生年月日 (2004-03-31) 2004年3月31日(14歳)
出生地 日本の旗 日本宮崎県宮崎市
身長 145 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 子役
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2007年 -
著名な家族 濱田詩朗(父)
事務所 ココジャパン
公式サイト ココジャパンによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
SMOKING GUN〜決定的証拠〜
お迎えデス。
映画
おしん

濱田 ここね(はまだ ここね、2004年3月31日[3] - )は、日本子役[3]である。愛称はここちゃん[4]

宮崎県宮崎市出身[5]ココジャパン所属。

略歴[編集]

3歳の時から地元のCMに出演。2013年(平成25年)公開の映画『おしん』では、半年にわたる全国オーディションで約2500人の中から主人公の谷村しん役に選ばれ[5][6]、その演技が評価されて「第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞」など映画各賞を受賞した。

人物[編集]

受賞歴[編集]

2013年度

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • ユニット「あんてな」プロデュース VOL.1『星の庭』(2010年)
  • 赤毛のアン(2012年)ケイト 役
  • ドラマティック古事記 〜神々の戦いの物語〜(2015年)白うさぎ 役
  • ドラマティック古事記 〜恋する神々の物語〜(2016年)

ラジオ[編集]

  • ここねと淳子の斜めの関係(2017年10月8日 - 、宮崎放送

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 濱田ここね”. ココジャパン. 2018年4月5日閲覧。
  2. ^ “「おしん」は“ほっぺ”が決め手の8歳!母親役に上戸彩”. スポーツニッポン. (2013年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/02/06/kiji/K20130206005134520.html 
  3. ^ a b 濱田 ここね”. 日本タレント名鑑. 2016年5月11日閲覧。
  4. ^ 大人気の映画「おしん」が上映中!濱田ここね来港”. PPW香港 (2013年12月12日). 2017年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c “「新しいおしんに期待して」 映画版、山形で製作発表”. スポーツニッポン. (2013年4月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/02/kiji/K20130402005531150.html 2013年9月11日閲覧。 
  6. ^ a b “新『おしん』に子役・濱田ここねが抜てき 主要キャストに上戸彩、泉ピン子”. ORICON STYLE. (2013年2月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2021361/full/ 2013年9月11日閲覧。 
  7. ^ 宮崎のスマイルメーカーをリサーチせよ”. Honda Smile Mission. 2017年3月30日閲覧。
  8. ^ “『おしん』濱田ここね 「耳の良さで完璧な山形弁に…」の評”. NEWSポストセブン. (2013年10月17日). http://www.news-postseven.com/archives/20131017_216979.html 
  9. ^ “山路ふみ子映画賞、「おしん」の冨樫監督に”. 日本経済新聞. (2013年10月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO61043830S3A011C1CR8000/ 
  10. ^ “第37回日本アカデミー賞優秀賞発表!『そして父になる』『東京家族』『舟を編む』が最多12部門”. シネマトゥデイ. (2014年1月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0059602 2018年9月3日閲覧。 
  11. ^ “第37回日本アカデミー賞、『そして父になる』ほか3作品が12部門で優秀賞”. cinemacafe.net. (2014年1月16日). https://s.cinemacafe.net/article/2014/01/16/21294.html 2018年9月17日閲覧。 
  12. ^ “第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞”. シネマトゥデイ. (2014年1月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0059819 2018年7月21日閲覧。 
  13. ^ “第27回イスファハーン青少年国際映画祭の優秀作品が発表”. Pars Today. (2013年10月12日). http://japanese.irib.ir/news/culture-society/item/40710-%E7%AC%AC27%E5%9B%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B3%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD%E3%81%AE%E5%84%AA%E7%A7%80%E4%BD%9C%E5%93%81%E3%81%8C%E7%99%BA%E8%A1%A8 
  14. ^ “上戸彩、映画「おしん」で母親役 批判も覚悟の決意表明”. 映画.com. (2013年2月5日). https://eiga.com/news/20130205/12/ 2013年9月11日閲覧。 
  15. ^ 門脇麦がドラマ「お迎えデス。」に出演!濱田ここね、石野真子、大杉漣も”. コミックナタリー (2016年3月8日). 2016年3月10日閲覧。
  16. ^ “門脇麦、福士蒼汰×土屋太鳳「お迎えデス。」で幽霊役!福士との再共演に「懐かしいね」”. シネマトゥデイ. (2016年3月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0080982 2018年7月9日閲覧。 
  17. ^ “ユカイ 妖精スタイルに「案外似合ってるでしょ」新CMキャラ就任”. スポーツニッポン. (2014年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/25/kiji/K20140925008992840.html 

外部リンク[編集]