愚行録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愚行録
著者 貫井徳郎
発行日 2006年3月22日
2009年4月5日(文庫)
発行元 東京創元社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 272
320(文庫本)
コード ISBN 978-4488023874
ISBN 978-4488425036(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

愚行録』(ぐこうろく)は、貫井徳郎のミステリー小説。2006年3月22日東京創元社より刊行され、第135回直木賞の候補となった。その後、2017年に映画化された。

あらすじ[編集]

エリートサラリーマン家庭であった田向一家惨殺事件から1年経ち、事件は犯人が見つからないまま迷宮入りしていた。その時、ある記者が、田向夫妻の同僚や学生時代の同級生、元恋人などに、夫妻との思い出や人柄についてインタビューして回る。すると、一見理想的な夫婦と思われた二人の本性が現れてくる。

映画[編集]

愚行録
監督 石川慶
脚本 向井康介
原作 貫井徳郎『愚行録』
製作 加倉井誠人
製作総指揮 森昌行
出演者 妻夫木聡
満島ひかり
小出恵介
臼田あさ美
市川由衣
松本若菜
中村倫也
眞島秀和
濱田マリ
平田満
音楽 大間々昂
撮影 ピオトル・ニエミイスキ
編集 石川慶
太田義則
製作会社 『愚行録』製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
オフィス北野
公開 日本の旗 2017年2月18日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億7500万円[1]
テンプレートを表示

第73回ヴェネツィア国際映画祭 オリゾンティ・コンペティション部門正式上映作品。2017年度新藤兼人賞銀賞受賞(石川慶)[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.55
  2. ^ “新人監督に贈られる新藤兼人賞、「ブランカとギター弾き」長谷井宏紀が金賞に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月20日). http://natalie.mu/eiga/news/257451 2017年11月20日閲覧。 

外部リンク[編集]