TruTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
truTV
TruTV logo 2014.png
開局日 1991年7月1日 (as Court TV)
2008年1月1日 (as TruTV)
所有者 ターナー・ブロードキャスティング・システム
映像方式 480i (SDTV)
1080i (HDTV)
スローガン Not Reality. Actuality.
アメリカ合衆国
本社 ジョージア州アトランタ
旧称 Court TV (July 1, 1991–December 31, 2007)
ウェブサイト https://www.international.tbs.com/

truTVは、ワーナーメディア傘下のワーナー・エンターテインメントが運営するテレビチャンネルAT&TWarnerMediaの一部門であるWarnerMedia Entertainmentが所有するアメリカの有料テレビ。主な番組としては犯罪やサスペンスを中心としたドラマやリアリティ、ワイプアウトの再放送も行っている。また2011年からはNCAA男子マーチマッドネスの放送がスタートした。

このチャンネルは、1991年にCourt TVとして発足。これは、 真の犯罪ドキュメンタリーシリーズ、法的ドラマ、著名な刑事事件の報道など、犯罪をテーマにしたプログラムに焦点を当てたネットワーク。2006年ターナーに全株式を売却[1]、2008年1月にtruTVとして生まれ変わった。リニューアルされたこのチャンネルは、ネットワークが「 実在性 」テレビとして配給しているドキュソープと「caught on camera」プログラムに焦点を当ててラインナップを刷新。 2014年10月、さらにコメディベースのリアリティシリーズに焦点を当てるためにそのフォーマットを転換。

2016年1月現在、TruTVは米国の約9,100万世帯(78.1%)で利用可能[2]

歴史[編集]

コートテレビ[編集]

1991年7月、Courtroom Television Network (略してCourt TV)コートTVとして開局。1991年7月1日午前6時(東部標準時間)に開始され、300万人の加入者が利用可能[3]。 元のアンカーは、 ヴィニー・ポリタン、フレッド・グラハム 、シンシア・マクファデン 、テリー・モラン。 このネットワークは、法廷での訴訟手続きを行うケーブルチャンネルを立ち上げるための2つの競合プロジェクト、 Time WarnerとAmerican Lawyer MediaのAmerican Trial Network、およびCablevisionとNBCの In Courtから生まれました。 どちらのプロジェクトも、1990年6月に全米ケーブルテレビ協会に参加[4]。プロジェクトは2つの競合するネットワークを確立しようとするのではなく、1990年12月14日に合併。 Liberty Mediaは、1991年にベンチャー企業に参加。

当時はリバティメディア50%、ターナー25%、ゼネラル・エレクトリックNBCが25%株を所有していた。

[ 引用が必要 ]

truTV[編集]

2008年1月1日から2014年10月26日まで使用されていた以前のtruTVロゴ。

2007年7月11日、タイムワーナーは、2008年1月1日にCourt TVをtruTVとして再始動すると発表。 新ブランドは、行動志向への大きなシフトに同行することを意図していた現実のような必ずしも犯罪や法執行機関が関与していないシリーズ、 ブラックゴールドハードコアポーントカゲリックオーシャンフォース およびキャッチ・オン・カメラシリーズなどで 「Not Reality」というスローガンの下で新しい位置付けを推進。 ネットワークスタッフは、「現実」という用語は「非現実的な」番組に関連付けられるようになり、その新しい番組は「本物の」人々を特徴とすることを強調したかったと主張した[5] [6] [7]

コメディへの移行[編集]

truTVの新しい社長でプログラミングの責任者であるChris Linnは、個々のプログラムで「大成功」を収めたことに留意しながら、コートTVとの長引く関係とプログラミングのトーンにより、ブランドとしてのネットワーク全体の成長が妨げられたと説明。派生的前提を備えた「紛争に依存し、重く、劇的で、おそらく過度に生産された」 ドキュシリーズに依存していた。2014年4月、ネットワークは、コメディ指向のドキュソープ 、半脚本シリーズ、スケッチコメディ、リアリティコンペティションに焦点を当て、「ファンシーカー」を対象とした2014〜15年のテレビシーズンのブランドリポジトリを実施することを発表 [8] [9] [10]

高解像度[編集]

TruTVの1080i 高解像度サイマルキャストフィードは、すべての主要なケーブルおよび衛星プロバイダーで利用可能。 2011年3月、 2011年NCAAメンズディビジョンIバスケットボールトーナメント (およびその後のトーナメント)の報道により、HDフィードの増加が見られた[11]

プログラミング[編集]

現在、TruTVは、オリジナルのコメディジャンルの現実とライフスタイルシリーズ( Impractical JokersThe Carbonaro EffectAdam Ruins Everythingなど )のミックスを放映し、コメディと映画を取得中。

スポーツ番組[編集]

2010年2月8日、TruTVはNFL Full Contactを初演。 スーパーボウルNFLドラフトプロボウル 、シーズンオープナーなどの主要なサッカーイベントのテレビ番組の舞台裏を見るショー。

コートテレビとして[編集]

セッション中のロゴ。

裁判所のテレビとして、チャンネルの番組は伝統的に、法律に基づくニュース番組、法に基づくトークショー、ライブ殺人事件の裁判報道、 裁判所の番組 、警察の番組、およびその他の刑事司法番組などの現実の法律番組と法律ドラマで構成されていた。

また、月曜日から金曜日の午前9時から午前11時まで、 裁判 、法的なニュース、高度に公表された犯罪の詳細をライブで報道する、 In Session裁判所TVニュースの後継者)の週1日のニュースブロックを配信(祝日を除いて、ブロックの代わりチャンネルでリアリティ番組が再放送される)。

国際放送[編集]

カナダ[編集]

CHUM Limitedが所有するCourt TV Canada(および後にCTVglobemediaに買収され、その後Bell Media子会社の下でBell Canadaに資産を売却)は2001年9月7日に発動。

ラテンアメリカ[編集]

このチャンネルは、2009年4月1日に、同じくターナーブロードキャスティングシステムが所有するレトロに代わってラテンアメリカで開始。 この発表は、2009年3月25日に中南米のターナー放送システムによって行われ [12] チャンネルには、米国版と同じプログラミング、ID、バンパーがある。

英国およびアイルランド[編集]

2014年5月、Turner Broadcasting Systemは、米国チャンネルの別の英国バージョンを開始すると発表。 2017年2月16日、 ソニーピクチャーズテレビジョンはターナーからチャンネルを取得。 [13] 2019年2月12日、英国のチャンネルはTrue Crimeに名前を変更。 [14]

アジア[編集]

インドネシアフィリピンシンガポールなど、アジアのいくつかの市場で2010年4月1日に開始。 Turner Broadcasting System Asia Pacificが所有および運営しており、米国版と同様のプログラミング、ID、バンパーを備えているが、多くは香港のTurner地域事務所でも制作されている。

脚注[編集]

  1. ^ Time Warner buys remaining part of Court TV, USA Today, May 15, 2006
  2. ^ List of how many homes each cable network is in as of July 2015” (2015年7月21日). 2018年12月10日閲覧。
  3. ^ Lee Winfrey (1991年7月7日). “Courtroom network banks on real-life drama”. The Pittsburgh Press. https://news.google.com/newspapers?id=u-khAAAAIBAJ&sjid=7GMEAAAAIBAJ&pg=6980%2C1261106 
  4. ^ Fledgling Cable Networks Are Poised for Flight”. 2012年11月9日閲覧。
  5. ^ Making a case for truTV”. Los Angeles Times. 2016年12月2日閲覧。
  6. ^ Court TV Rebrands as truTV”. Broadcasting & Cable. 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ Court TV exits, truTV appears”. USA Today. 2016年12月2日閲覧。
  8. ^ TruTV Orders Six News Series, Preps Brand Refresh”. The Hollywood Reporter. 2015年11月30日閲覧。
  9. ^ TruTV Finally Turns Its Back on Court Roots With October's Comedic Rebrand (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2015年11月30日閲覧。
  10. ^ TruTV Looks to Complete Makeover With Tweaked Logo, Four New Series Orders”. The Hollywood Reporter. 2015年11月30日閲覧。
  11. ^ Cablevision, Comcast, DirecTV among providers on board in advance of March Madness”. Broadcasting & Cable. 2012年11月9日閲覧。
  12. ^ Turner Broadcasting System Latin America, Inc.lanza un nuevo canal: truTV”. 2012年11月9日閲覧。
  13. ^ Barraclough, Leo (2017年2月16日). “Sony Pictures Television Networks Acquires British Channel truTV”. Variety. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ TruTV UK axed as channel morphes into True Crime”. a516digital.com (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]