無伴奏ソナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無伴奏ソナタ
著者 オースン・スコット・カード
訳者 野口幸夫ほか
発行日 1985年12月
発行元 早川書房ハヤカワ文庫
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN 4-15-010644-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

無伴奏ソナタ』(むばんそうソナタ、Unaccompanied Sonata)は、オースン・スコット・カードSF小説、および当該作品を収録した単行本名。表題作「無伴奏ソナタ」を始め、代表作「エンダーのゲーム」など11話を所収した短編集

所収作品[編集]

エンダーのゲーム(Ender's Game
SF誌『アナログ』1977年8月号初出。
王の食肉(Kingsmeat
SF誌『アナログ』1977年度Yearbook初出。
呼吸の問題(Deep Breathing Exercises
SF誌『オムニ』1979年7月号初出。
時蓋をとざせ(Closing the Timelid
SF誌『F&SF』1979年12月号初出。
憂鬱な遺伝子を身につけて(I Put My Blue Genes On
SF誌『アナログ』1978年8月号初出。
四階共同便所の怨霊(Eumenides in the Fourth Floor Lavatory
『Chrysalis』1979年 IV初出
死すべき神々(Mortal Gods
SF誌『F&SF』1979年1月号初出。
解放の時(Quietus
SF誌『オムニ』1979年8月号初出。
猿たちはすべてが冗談なんだと思いこんでいた(The Monkeys Thought'Twas All in Fun
SF誌『アナログ』1979年5月号初出。
『磁器のサラマンダー』(The Porcelain Salamender
書き下ろし作品
無伴奏ソナタ(Unaccompanied Sonata
SF誌『オムニ』1979年3月号初出。

舞台[編集]

演劇集団キャラメルボックスによって『無伴奏ソナタ』のみ舞台化され、2012年春に東京・神戸、2014年に東京・三重・名古屋・大阪・新潟・岐阜で上演された。[1]脚本・演出は成井豊

2018年春に一部キャストを入れ替えて、同劇団が再々演する事が決定している。[2]

作中に出てくる「シュガーの歌」をSIBERIAN NEWSPAPERの真鍋貴之が作曲しており、配信限定で販売されている。[3]

出演[編集]

2012年・2014年版[編集]

2018年版[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 無伴奏ソナタ”. 演劇集団キャラメルボックス. 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ “[hhttp://www.caramelbox.com/stage/mubansou-sonata-2018// 無伴奏ソナタ]”. 演劇集団キャラメルボックス. 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ 『無伴奏ソナタ』音楽配信スタート!!”. 演劇集団キャラメルボックス. 2012年11月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]