松本亮 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと りょう
松本 亮
生年月日 (1987-01-08) 1987年1月8日(35歳)
出生地 神奈川県横浜市
身長 182cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 2007年-
事務所 イマジネイション
公式サイト https://ryo-matsumoto.amebaownd.com/
テンプレートを表示

松本 亮(まつもと りょう、1987年1月8日 - )は、日本の俳優神奈川県横浜市出身。所属事務所は イマジネイション。血液型はB型左利き。

来歴[編集]

高校時代にハンドボールの神奈川県選抜に選出されるほどの実力であったが、大学在学中に1年間のアメリカ留学をし、芝居に触れる。帰国後、劇団扉座に入団をし、俳優としてのキャリアをスタートする。2年間の研究所時代を経て、そこから約5年間劇団扉座の劇団員としてほぼ全ての劇団公演に出演する。2016年劇団扉座を退団。

退団後はロロや KAKUTA、iaku、ONEOR8、劇団桟敷童子など大中劇場からアングラ劇団などジャンル問わず多くの他劇団やTBS俺節』等のプロデュース公演にも出演。

2018年、イマジネイション に所属。ここから舞台中心の活動ではなくドラマCM等へも出演。

近年、舞台では出演したホエイ『郷愁の丘ロマントピア』が2018年の岸田國士戯曲賞、iaku『逢いにいくの、雨だけど』が2018年の鶴屋南北戯曲賞のそれぞれ最終候補に選出。iakuの作品は2021年の再演でも読売演劇大賞の作品賞にノミネートされている。

2019年に出演した劇団桟敷童子『獣唄』では紀伊国屋演劇賞の団体賞を同劇団が受賞した。

テレビドラマでもNHK大河ドラマ『青天を衝け』の勘左衛門役やテレビ朝日ドラマ『特捜9』のゲスト出演。CMにも多数出演している。

映画では矢口史靖監督『ダンスウィズミー』に出演し、2022年には応募総数1500人の中からオーディションで選ばれた小路紘史監督最新作 映画 『辰巳』 が公開予定である。

特技はハンドボールドラム英会話タッチタイピング

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 劇団扉座 『アトムへの伝言(再演)』2011年 紀伊國屋ホール (作・演出:横内謙介)
  • 扉座・レイネットプロデュース 『オリビアを聴きながら』2012年 青山円形劇場 (作・演出:横内謙介 音楽:尾崎亜美
  • 三大猿之助四十八撰の内 『新・水滸伝』2013年 大阪新歌舞伎座
  • 『東京サンダンス』2013年 中野 MOMO (脚本:横内謙介 演出:茅野イサム
  • 『フレンド~今夜此処での一盛り』2014年 東京グローブ座/梅田芸術劇場 (作・演出:横内謙介)
  • □字ック 『媚微る、』2014年 下北沢 B1 (作・演出:山田佳奈
  • KAKUTA 『ひとよ(再演)』2015年 下北沢ザ・スズナリKAAT (作・演出:桑原裕子
  • 椿組花園神社野外劇 『贋作・幕末太陽傳』2015年 新宿花園神社特設野外ステージ (作・演出:鄭義信
  • プリエールプロデュース 『霧島の花嫁』2015年 赤坂 RED/THEATER 他 地方公演 (作・演出:水谷龍二
  • 江古田のガールズ 『仮面音楽祭(再演)』2016年 下北沢本多劇場 (作・演出:山崎洋平)
  • 劇団鹿殺し5年生企画 『のべつ幕なし』2016年 下北沢シアター711 (脚本:峰ゆとり 演出:浅野康之)
  • 劇団道学先生 『丸茂芸能社の落日』2016年 東京芸術劇場シアターウエスト (作・演出:中島淳彦
  • □字ック produce 山田佳奈×松本亮 サンボン 『口々』2017年 新宿サンモールスタジオ (作・演出:山田佳奈)
  • 『俺節』2017年 赤坂 ACT シアター/オリックス劇場 (原作:土田世紀 脚本・演出:福原充則
  • ロロ 『父母姉僕弟君』2017年 シアターサンモール (作・演出:三浦直之
  • ONEOR8 『グレーのこと』2017年 浅草九劇 (作・演出:田村孝裕
  • 青年団リンクホエイ 『郷愁の丘ロマントピア』2018年 こまばアゴラ劇場 (作・演出:山田百次)
  • iaku 『逢いに行くの、雨だけど』2018年 三鷹市芸術文化センター星のホール 他(作・演出:横山拓也)
  • 範宙遊泳 『うまれてないからまだしねない』2019年 下北沢本多劇場 (作・演出:山本卓卓
  • 悪い芝居 15周年記念公演 『野生の恋』『暴動のあと、さみしいポップニューワールド』2019年 東京芸術劇場シアターウエスト 他(作・演出:山崎彬)
  • 浮世企画 『誰そ彼』2019年下北沢駅前劇場 (作・演出:今城文恵)
  • 劇団桟敷童子 20周年記念公演 『獣唄』2019年 すみだパークスタジオ倉 (作:サジキドウジ・演出:東憲司)
  • ONEOR8『誕生の日』2020年 日暮里d倉庫(作・演出:田村孝裕
  • 朗読劇『半沢直樹』2020年 新国立劇場・中劇場
  • ONEOR8『グレーのこと2021ver』2021年 下北沢ザ・スズナリ 他(作・演出:田村孝裕)
  • iaku『逢いにいくの、雨だけど』2021年 三鷹市芸術文化センター星のホール 他(作・演出:横山拓也)
  • ロロ『Every Body feat. フランケンシュタイン』2021年 東京芸術劇場シアターイースト(作・演出:三浦直之)

イベント[編集]

MV[編集]

外部リンク[編集]