板垣雄亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

板垣 雄亮(いたがき ゆうすけ、1973年8月7日 - )は、日本俳優演出家脚本家ナレーター東京都東村山市出身[1]

身長174cm。体重60kg。[要出典]ジェイ・クリップ所属。劇団「殿様ランチ」代表。

武蔵野美術大学卒。[要出典]2009年、「笹塚演劇王決定戦」グランプリ獲得。[要出典]

演出[編集]

※脚本も担当

  • 桜田ファミリー(2006年)
  • はいざら小町(2007年)
  • ホワイト伯爵(2007年)
  • もっと見る(2008年)
  • 空気正常(2008年)
  • にのうで(2009年)
  • ねずみの夜(2009年)
  • オスメス(2009年)
  • 浦島氏の教訓(2010年)
  • CONTEST(2011年)
  • うわつら(2011年)
  • MIYAZAWA(2012年)
  • シーザー真田(2012年)
  • 正義について(2012年)
  • 空気正常(2013年)
  • 短篇集『軽い重箱』(2013年)
  • うわつら(2014年)
  • 短篇集『軽い重箱』(2015年)
  • ねずみのよる(2015年)
  • 短篇集『軽い重箱』(2016年)

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • ラブリー・テンダー(2004年)
  • 二人の高利貸しの21世紀(2006年)
  • 煙の先 (贅)(2007年)
  • 図書館的人生 vol.2 盾と矛(2008年)
  • NHKシアター・コレクション'09 イキウメ短篇集(2009年)
  • 見えざるモノの生き残り(2009年)
  • 雨を乞わぬ人(2010年)
  • にわか雨、ときたま雨宿り(2012年)
  • PAIN ペイン(2013年)

オリジナルビデオ[編集]

  • 心の時計(2006年)

CM[編集]

※いずれもナレーション

出典[編集]

外部リンク[編集]