大谷麻衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおたに まい
大谷麻衣 宣材写真|Mai Ohtani portofolio.jpg

大谷 麻衣
生年月日 (1989-04-17) 1989年4月17日(32歳)
出身地 千葉県千葉市
国籍 日本の旗 日本
身長 163cm
血液型 O型
職業 女優
活動期間 2009年-
事務所 月の羊
公式サイト Mai Ohtani Official Site
主な作品
映画
『娼年』
Netflix
『全裸監督』
テンプレートを表示

大谷 麻衣(おおたに まい、1989年4月17日- )は、日本女優千葉県出身。アイトゥーオフィスに2018年9月-2020年10月まで所属。 2020年11月より個人事務所「月の羊」を設立。

来歴[編集]

1992年、3歳から20歳まで本格的にクラシック・バレエを習う。

2009年、本格的に芸能活動を開始。

2018年4月、三浦大輔監督作品、石田衣良原作の映画『娼年』で松坂桃李演じる主人公、領の初めての客、ヒロミを演じて注目を集める。

2018年同月、写真家・篠山紀信撮り下ろしによる初ヌードが、週刊現代に掲載される。

2018年7月4日、写真家・篠山紀信による写真集が小学館より発売。

人物[編集]

  • 趣味・特技に、クラシック・バレエ、英会話、料理となっている。ダンス全般が得意で、アクション経験もある。
  • 映画『娼年』の公開に際し、文化系マガジン・チェリーに掲載されたインタビューによると、「女優を始めて7年間くすぶってきた期間が長くて。この映画の前には、事務所にも入っていなかったので、オーディションを受けられたこと自体が奇跡のような感じなんです。だから『この役を掴めなきゃ、役者人生が終わるぞ』って気持ちで臨みました。オーディションが始まってから、決まるまでの1週間は、不安でどんどんゲッソリしていったようで、周りの俳優仲間に心配されました(笑)そんな中で最終オーディションで演技をしていたので、その場でヒロミ役の決定を言い渡されたときは、その場で泣いてしまいました。“誰かに選んでもらえた”という感覚が、この7年間をチャラにしても余りあるような歓喜の瞬間でした。三浦監督にも『これで売れてくださいね』と言っていただけて、『娼年』は私の役者人生どころか人生をも大きく変えてくれた作品です。」と本人が語っている [1]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 全員失格(2016年)
  • 仮定教師(2016年)
  • 盆栽(2020年2月、演出:倉本朋幸 脚本:小路紘史)渋谷・伝承ホール - ミカ役

CM・広告[編集]

DVD[編集]

  • 地下室の美女が語る 恐怖の都市伝説(2017年) - 口裂け女 役
  • デッドクック(2017年、佐々木勝己監督- 女プロデューサー・菊池 役

写真集[編集]

ラジオ・雑誌・イベント等[編集]

  • ラジオNIKKEI「中野アナへちょっと言わせて!〜雷部屋」(2018年)
  • 「週刊現代」(2018年)
  • 「あそびすと」(2019年)
  • 「週刊アサヒ芸能」(2019年)
  • かつしかFM「小沢まゆのほっとプラスシネマ」(2019年)
  • 「Asageiplus」(2019年)
  • かわさきFM「岡村洋一のシネマストリート」(2019年)
  • 東急スポーツオアシス×LIFE TUNING DAYS「新しい美の様式」トークイベント (2020年)


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年3月3日からの「東京藝術大学映像研究科映画専攻12期生修了制作展」(ユーロスペース)での上映を経ての公開。

出典[編集]

外部リンク[編集]


Categoty:月の羊