タロウのバカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タロウのバカ
監督 大森立嗣
脚本 大森立嗣
出演者 YOSHI
菅田将暉
仲野太賀
奥野瑛太
豊田エリー
植田紗々
國村隼
音楽 大友良英
撮影 辻智彦
編集 大森立嗣
製作会社 『タロウのバカ』製作委員会
ハピネット
東京テアトル
GUM
TBSラジオ
ハーベストフィルム
カラーバード
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2019年9月6日
上映時間 119分
製作国 日本の旗
言語 日本語
興行収入 2979万円[1]
テンプレートを表示

タロウのバカ』(たろうのばか)は、大森立嗣によるオリジナル脚本の日本の映画作品[2]2019年9月6日公開[3]

概要[編集]

大森立嗣監督が『ゲルマニウムの夜』より以前から温め続けてきた脚本をもとに作られた渾身作[4]。音楽は大友良英[5]。主演は300人以上の主役候補者の中から選ばれた[6]今作で俳優デビューとなるモデルでアーティストのYOSHIが抜擢され[7]、高校時代からの大親友だという菅田将暉仲野太賀がタッグを組み[8]奥野瑛太豊田エリー植田紗々國村隼など個性派俳優陣が脇を固める[9][10]。自由、絶望、青春、友情、恋愛、焦燥、刹那、希望をテーマに人間模様が交錯する純粋かつ過激な問題作であり、社会孤立、ネグレクト、犯罪、セックス、ヤクザ、暴力に満ちた世界が衝撃的に描かれた作品となっている[11]。R-15指定。

あらすじ[編集]

主人公のタロウ(YOSHI)には名前がない。思春期を生きるその少年は戸籍すらなくて学校に一度も通ったことがない。そんな彼にエージ(菅田将暉)、スギオ(仲野太賀)という高校生の仲間ができる。3人はあてどなく走り回り、遊び、その奔放な日々に心が解き放たれ自由を感じていたが、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた過酷な現実と向き合うことを余儀なくされる。やがて死の影と絶望がエージとスギオの身も心もボロボロにしていく。それぞれが疲弊していくなか、“好き”という意味さえ知らなかった誰にも愛されたことのないタロウの心に未知なる感情が芽生え始める。そして「社会的弱者の排除」、「育児放棄」、「反社会勢力の存在」に少年たちは苦しみ追いつめられて行く…。

登場人物・キャスト[編集]

戸籍がなく名もない少年。母親は“よしずみ”と呼ぶ。生まれてこの方一度も学校に通ったことがない。
柔道で挫折し、行き場のない悩みを抱え自暴自棄になり、暴力に走ってしまう高校生。
エージと同級生。理性的で臆病だが危うさがある。洋子に想いを寄せている。
タロウ達と対峙する半グレ集団のリーダー。
タロウの母親。育児放棄している。
エージ、スギオと同じ高校に通うピアノが得意な女子高生。援助交際を繰り返す。
  • 藍子 - 角谷藍子
タロウが知り合う少女。歌が得意。
  • 勇生 - 門矢勇生
藍子とカップルの少年。ダンスが得意。
吉岡と行動を共にしている。
タロウが街中で出会うおじさん。
顧問の立場を利用してパワハラする。
  • 健 - 伊達諒
エージが慕っている実兄。吉岡と面識がある。
  • ラブホテルの男 - 中島朋人
洋子と関係を持つ男性。
被害に合う女性。
息子を案じて関係を断とうとする。
  • 公園のおばさん - 小林千里
タロウに話しかけられる主婦。
  • 拘置所に拝んでいる女 - 播田美保
橋の上でタロウと出会う。
威圧的なエージの先輩。
  • サラリーマン - 伊藤佳範
襲われる男性。
  • 白塗りの役者のリーダー - 村松卓矢
タロウ、エージ、スギオたちに問いかける。
吉岡とともに裏ビジネスを生業とする。元極道。

協力[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・編集 - 大森立嗣
  • プロデューサー - 近藤貴彦
  • 共同プロデューサー - 金井隆治
  • 撮影 - 辻智彦
  • 照明 - 山田和弥
  • 録音 - 島津未来介
  • 美術 - 黒川通利、大原清孝
  • 衣装 - 纐纈春樹
  • メイク - 寺沢ルミ
  • スチール - 三木匡宏
  • アクション - 中村嘉夫
  • 音響効果 - 勝亦さくら
  • 助監督 - 松倉大夏、森井勇佑
  • 制作担当 - 飯塚香織
  • 宣伝プロデューサー - 小口心平
  • タイトルデザイン - 赤松陽構造
  • 音楽 - 大友良英
  • 製作 - 『タロウのバカ』製作委員会、(ハピネット東京テアトル、GUM、TBSラジオ、ハーベストフィルム、カラーバード)
  • 製作プロダクション - ハーベストフィルム
  • 配給 - 東京テアトル
  • 助成 - 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会

上映[編集]

2019年8月26日完成披露上映会を経て[12]2019年9月6日テアトル新宿ほか、全国公開。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 68頁
  2. ^ “大森立嗣監督最新作「タロウのバカ」 主演は15歳の注目モデル・YOSHI”. 映画.com (カカクコム). (2018年10月2日). https://eiga.com/news/20181002/5/ 2018年10月2日閲覧。 
  3. ^ “純粋で凶暴な少年たちが辿り着いた、いま生きる希望”. フィガロジャポン (CCCメディアハウス). (2019年8月15日). https://madamefigaro.jp/culture/series/interview/190815-tarou.html 2019年8月15日閲覧。 
  4. ^ “YOSHI×菅田将暉×仲野太賀『タロウのバカ』の大森立嗣監督に聞く”. THE21オンライン (PHP研究所). (2019年8月24日). https://shuchi.php.co.jp/the21/detail/6750 2019年8月24日閲覧。 
  5. ^ “大友良英に聞く映画&ドラマの音楽制作の裏側、いまもなお影響を受けている一冊”. otocoto (株式会社アマナ). (2019年9月1日). https://otocoto.jp/interview/taro-baka/ 2019年9月3日閲覧。 
  6. ^ “菅田将暉&仲野太賀、10歳違いの奇才・YOSHIに驚きの連続”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2019年8月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1856673 2019年8月2日閲覧。 
  7. ^ “『タロウのバカ』主演のYOSHI、新時代アンチヒーローの予感”. nippon.com (公益財団法人ニッポンドットコム). (2019年8月27日). https://www.nippon.com/ja/japan-topics/c03046/ 2019年8月27日閲覧。 
  8. ^ “菅田将暉と仲野太賀が主演の16歳新人を支え…『タロウのバカ』秘話”. ananニュース (マガジンハウス). (2019年8月24日). https://ananweb.jp/news/245425/ 2019年8月24日閲覧。 
  9. ^ “『タロウのバカ』豊田エリー、國村隼ら追加キャスト&菅田将暉、太賀の劇中姿公開”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年4月19日). https://www.crank-in.net/news/64268/1 2019年4月19日閲覧。 
  10. ^ “大森立嗣監督最新作『タロウのバカ』に奥野瑛太、植田紗々ら出演 菅田将暉と太賀の役柄も判明”. Real Sound (株式会社blueprint). (2019年4月19日). https://realsound.jp/movie/2019/04/post-350236.html 2019年4月19日閲覧。 
  11. ^ “映画『タロウのバカ』あらすじ・キャスト・予告編【YOSHI×菅田将暉×仲野太賀】”. FILMAGA (株式会社つみき). (2019年8月12日). https://filmaga.filmarks.com/articles/2940/ 2019年8月12日閲覧。 
  12. ^ “菅田将暉&仲野太賀、破天荒な16歳・YOSHIとの初対面で絶句「この才能を活かすも殺すも俺ら次第」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2019年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2142976/full/ 2019年8月26日閲覧。 

外部リンク[編集]