ワークマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ワークマン
WORKMAN CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7564
2013年7月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
372-0824
群馬県伊勢崎市柴町1732番地
設立 1982年8月19日[1]
業種 商品開発、フランチャイズ [2]
法人番号 1070001013828 ウィキデータを編集
事業内容 フランチャイズシステムによる作業服及び作業関連用品の専門店チェーンの運営
代表者 小濱英之代表取締役社長[3][4][5][6]
資本金 16億2,271万8千円
(2018年3月期)[7]
発行済株式総数 4,092万3,408株
(2018年6月28日現在)[7]
売上高 416億9,256万3千円
(2018年3月期)[7]
営業利益 106億385万3千円
(2018年3月期)[7]
経常利益 118億5,655万8千円
(2018年3月期)[7]
純利益 78億4,457万8千円
(2018年3月期)[7]
純資産 593億7,857万9千円
(2018年3月期)[7]
総資産 732億4,687万8千円
(2018年3月期)[7]
従業員数 258[52]人
(2018年3月31日現在)[7]
決算期 毎年3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主
  • ベイシア興業 28.23%
  • 土屋裕雅 14.70%
  • カインズ 9.67%
  • 吉田佳世 7.27%
  • 大嶽惠 7.27%
  • 土屋嘉雄 5.57%
  • ビービーエイチ フオー フイデリテイ ロー プライスド ストツク フアンド 5.38%
  • カインズ興産 3.65%
  • 群馬銀行 1.61%
  • ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー 1.60%
(2018年3月31日現在)[7]
外部リンク 公式ウェブサイト
特記事項:経営指標は 2018年3月期 第37期 有価証券報告書
従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載している。
テンプレートを表示
ワークマン 和泉中央店
ワークマン 泉大津店
WORKMAN Plus 広島温品店

株式会社ワークマン: WORKMAN CO.,LTD.)は、日本群馬県伊勢崎市柴町に本社を置く日本企業。GMSベイシアホームセンターカインズコンビニセーブオンなどを擁する流通大手である[8]ベイシアグループの一員で[8]、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として、日本最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけて、フランチャイズ展開しているチェーンストアである。

東京証券取引所JASDAQ上場。キャッチコピーは「やる気ワクワク、ワークマン」。

概要[編集]

2019年6月現在、宮崎県を除く日本全国に843店舗を擁し、上述のとおり工場・土木現場向け用品の専門店としては日本最大の売り上げを誇る。また、商品の値段は安く「作業服のユニクロ[9]」とも呼ばれるが、売上高営業利益率は8%と高い。これは、主力購買層である現場作業員の勤務時間にあわせた営業時間の設定、メーカーとの技術提携・共同開発によるプライベートブランドの展開等の営業努力によるものである[9]

メーカー側にとっては、共同開発は世界に提携先を探すなどのリスクを抱えるものの、ワークマンは日本最大規模の販売網を持ち、売れ残りの返品といった従来の商慣行の排除を行っているなど、メーカー側にとってのメリットも大きい[9]

野外での建設や土木作業や工場作業を主眼に置いたブルーワーカー(ブルーカラーの職業従事者)向けの高機能製品が、安価に販売されていることから、一部のインフルエンサーが目を付け、ソーシャル・ネットワーキング・サイトで広がったことから、オートバイの愛好家(ライダー)に作業服が売れたり、厨房用に開発された極めて滑りにくいソール靴底)を備えたが安全性の観点からこの機能に注目した妊婦に売れたりする状況となった。「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」は、この動きに対応すべくカジュアル色を強める形で生み出された新業態店舗で、その第1号店は2018年(平成30年)9月5日に[10][11]ららぽーと立川立飛(東京都立川市泉町に所在)内に開店し[12][13]、その後、着実に数を増やしている(cf. 営業所)。

施設[編集]

  • 事務所
  • 本社 - 群馬県伊勢崎市柴町1732に所在[1][gm 1]
  • 関東信越本部 - 本社内に所在[1]
  • 東京本部 - 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO 11階に所在[1][gm 2]
  • 地区本部 - 岩手・宮城・茨城・栃木・群馬・千葉・神奈川・新潟・長野・岐阜・静岡・愛知・滋賀・大阪・広島・福岡。[2]
  • 製品開発センター - 東京本部内に所在[2]
  • 物流センター
  • 伊勢崎倉庫 - 群馬県伊勢崎市柴町1730に所在。最も古くからある物流拠点で、伊勢崎流通センター(2代目)の新設に伴って「伊勢崎流通センター」から現在名に改称された。[14]
  • 伊勢崎流通センター[15] - 群馬県伊勢崎市田中町1059-1に所在[16]。2017年(平成29年)2月20日操業開始[16][14]
  • 竜王流通センター[15] - 滋賀県蒲生郡竜王町大字小口1130-1に所在。2013年(平成25年)5月操業開始[17]
  • 営業所 - 北海道から沖縄県まで45都道府県に展開[1]。2019年3月末時点で全837店舗[1][18](最も多いのは埼玉県の78店舗[18])。同年9月25日時点で全848店舗(そのうち、WORKMAN Plus店は69店舗)[19]

歴史[編集]

年表[編集]

昭和時代[編集]

平成時代[編集]

  • 10月期 - 減収減益が続く[13]。しかしその後は、栗山社長の下で8期連続の増収増益を達成する[注 1]
  • 4月 - JASDAQ証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQスタンダード市場に上場[20][21]
  • 5月以前 - 東京証券取引所JASDAQスタンダード市場に上場[21]
  • 5月 - 滋賀県蒲生郡竜王町にて、竜王流通センター[15]が操業開始[17][21]
  • 7月 - 竜王流通センターの新設に伴い、小牧流通センターは廃止される[20]
  • 2014年(平成26年)3月 - 愛媛県今治市大新田町にて、第900号店「今治北インター店」の開店[20]
  • 2015年(平成27年)3月31日 - この時点で全国に749店舗を展開[18]
  • 2016年(平成28年) - 吉幾三を起用した企業CMの放映が終了し[13]、新業態店「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」を念頭に置いたカジュアルなCM展開が始まる[13]
  • 2017年(平成29年)
  • 2月20日 - 群馬県伊勢崎市田中町にて、新たな物流拠点として伊勢崎流通センター(2代目)が操業開始[16][14]。それまで稼働していた同市柴町の旧「伊勢崎物流センター」は「伊勢崎倉庫」へ改称し、一体運営を図ることとなった[20][14]
  • 3月31日 - この時点で全国に797店舗を展開[18]
  • 3月31日 - 栗山清治が代表取締役社長を退任[3][4][5][6]。この時点で全国に837店舗を展開[18]
  • 4月1日 - 小濱英之(当時49歳)が代表取締役社長に就任[3][4][5][6]

令和時代[編集]

  • 2019年(令和元年)9月25日 - この時点で全国に848店舗を展開(そのうち、WORKMAN Plus店は69店舗)[19]

代表取締役社長[編集]

  • 栗山清治(くりやま きよはる[3]
  • 小濱英之(こはま ひでゆき[6]
  • 3月 - 執行役員スーパーバイズ部長に就任[6]
  • 6月 - 取締役スーパーバイズ部長に就任[6]
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 代表取締役社長に就任[6]

広告宣伝[編集]

演歌歌手吉幾三を長くCMモデルとして起用し続けた[13]。創業時からの顧客層であるブルーワーカー(ブルーカラーの職業従事者)に向けた内容となっている。企業コマーシャルソング『風に吹かれて…』も作られ、作詞作曲ともに吉が担当した。最後に「行こうみんなでワークマン♪」と歌い上げるものである。テレビCMは2バージョンが存在し、一つは、吉が様々なブルーワーカーに扮して歌い上げるものである。『風に吹かれて…』は、2004年(平成16年)1月21日に発売された8cmCDシングル男ってやつは…』に収録されている。

東海ラジオ放送でオンエアされるCMに限っては宮地佑紀生神野三枝が起用された。吉のバージョンとは違ってCMの最後は「やる気わくわくワークマン♪」で締める。また、宮地は一時期、『特選朝いち どですか!』出演時の衣装としてワークマン製のつなぎを着用していた。東海地方担当のバイヤーラジオ番組宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』の人気・面白さなどをワークマンの社長に伝えたところ、社長が気に入り、同番組でラジオCMを放送し始めるようになったという[23]

顧客層に大きな変化が生じた2016年(平成28年)、吉幾三を起用した旧来のCMは終了し[13]、新たな顧客層である一般消費者(女性を含む)に向けたCM展開が始まった[13]。旧来のCMは企業イメージを前面に押し出した内容であったが[13]、新たに始まったCMは、カジュアルなアウトドアウェアを着た若者が軽快に走り、商品が具体的に紹介されるものになった[13]

特記事項[編集]

東海ラジオ放送アナウンサー源石和輝は、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)の開催期間中、番組『源石和輝美味時間・万博三昧』でワークマン製のオレンジ色のつなぎを着用し、会場内から放送を届けていた。

うさぎドロップ』の実写映画版2011年公開)では、伊勢崎市にあるワークマンの本社ビルや工場がロケ地として使用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 増収増益について伝える資料[8]では「栗山が社長に就任して」早速それが始まったように記述されているが、他の資料[13]との整合性が取れないため、調整した。
Googleマップ
  1. ^ 伊勢崎市柴町1732(地図 - Google マップ) ※該当地域は赤色で囲い表示される。
  2. ^ TIXTOWER UENO(地図 - Google マップ) ※該当施設は赤色でスポット表示される。
  3. ^ WORKMAN Plus ららぽーと立川立飛店(地図 - Google マップ) ※該当施設は紺色でスポット表示される。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 企業概要”. 公式ウェブサイト. ワークマン. 2019年10月18日閲覧。
  2. ^ a b c (株)ワークマン【ベイシアグループ】 【東証JASDAQ上場】”. 公式ウェブサイト. 株式会社マイナビ (2019年9月2日更新). 2019年10月17日閲覧。
  3. ^ a b c d 代表取締役および役員の異動に関するお知らせ - ワークマン - ニュースリリース (PDF)”. 公式ウェブサイト. 株式会社インフォマート (2019年2月27日). 2019年10月17日閲覧。
  4. ^ a b c ワークマンの成長に貢献した栗山清治社長が退任、後任は小濱英之取締役”. Fashionsnap.com(公式ウェブサイト). 株式会社レコオーランド (2019年2月27日). 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e ダイヤモンド・チェーンストア編集部 (2019年6月17日). “ワークマン代表取締役社長 小濱 英之 新しいワークマンをつくるのがミッション、ワークマンプラスを軌道に乗せる!”. ダイヤモンド・リテイルメディア(公式ウェブサイト). ダイヤモンド社. 2019年10月17日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ワークマンnews|4/1代表取締役社長に小濱英之(49歳)取締役が就任”. 商人舎 流通スーパーニュース(公式ウェブサイト). 株式会社 商人舎 (2019年3月11日). 2019年10月17日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j 株式会社ワークマン 第37期 有価証券報告書”. EDINET (2018年6月28日). 2019年6月4日閲覧。
  8. ^ a b c d 林芳樹 (2019年2月28日). “ワークマン次期社長に小濱取締役 「ワークマンプラス」拡大戦略を引き継ぐ - 『WWDジャパン』”. INFAS publications(公式ウェブサイト). 株式会社 INFASパブリケーションズ. 2019年10月17日閲覧。
  9. ^ a b c 飯泉梓「ベイシアグループの諦めない子会社(1) 作業服のユニクロ――ワークマン」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年7月11日付配信。[リンク切れ]
  10. ^ a b ワークマンが高機能ウェア専門店を「ららぽーと立川立飛」に初出店”. 公式ウェブサイト. ワークマン (2018年7月26日). 2019年10月18日閲覧。
  11. ^ a b 作業着の巨人、WORKMAN、アウトドア纏う、広告塔は吉幾三からユーチューバーに、高機能+低価格、デザイン進化。”. 日経メッセ(公式ウェブサイト). 日本経済新聞社 (2018年9月28日). 2019年10月17日閲覧。
  12. ^ a b nmt事務局 (2018年11月12日). “ライダーと妊婦が来店!? ワークマンの新業態「ワークマンプラス」はこうして生まれた - 『The News Masters TOKYO』”. 公式ウェブサイト. 文化放送. 2018年11月12日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 津久井悠太「ワークマンが「脱・吉幾三」に踏み切った理由 PBを磨きアウトドアに進出、ユニクロの世界にも挑戦」『日経BP』日経BP社、2018年9月3日。2019年10月17日閲覧。
  14. ^ a b c d ワークマン、群馬県に伊勢崎流通センターを開設”. 週刊メリマガ『マテリアルフロー・プラス』(公式ウェブサイト). 株式会社流通研究社 (2017年2月15日). 2019年10月17日閲覧。
  15. ^ a b c 株式会社 ワークマン”. ワークマン オンラインストア(公式ウェブサイト). ワークマン. 2019年10月18日閲覧。
  16. ^ a b c ワークマン/新流通センター稼働”. 公式ウェブサイト. 株式会社セイノー情報サービス (2017年3月13日). 2019年10月18日閲覧。
  17. ^ a b ワークマン竜王流通センター (PDF)”. 公式ウェブサイト. 伊藤建築設計事務所. 2019年10月17日閲覧。
  18. ^ a b c d e 出店データ”. 公式ウェブサイト. ワークマン. 2019年10月18日閲覧。
  19. ^ a b 東北初「WORKMAN Plus」店を山形と東根に同時オープン”. 公式ウェブサイト. ワークマン (2019年9月25日). 2019年10月18日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q ワークマンの歴史・創業ストーリー”. 公式ウェブサイト. Stockclip株式会社. 2019年10月17日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m 株式会社ワークマン 個人投資家向け会社説明会 ~日本全国の働く人たちを応援~ (PDF)”. 公式ウェブサイト. 株式会社ワークマン. p. 28 (2014年11月). 2019年10月17日閲覧。
  22. ^ a b c d e 2018年2月22日 放送 ワークマン 社長 栗山清治 - 『カンブリア宮殿』”. 公式ウェブサイト. テレビ東京 (2018年2月22日). 2019年10月17日閲覧。
  23. ^ 典拠は、2008年3月19日など、同番組内での発言。[出典無効]

関連文献[編集]

  • 栗山清治「ワークマン 代表取締役社長 栗山清治 7期連続の過去最高純益目指す 一般顧客を取り込むPBでさらなる躍進を狙う」『販売革新』第56巻第2号、商業界、2018年2月、 73-75頁、 NAID 40021445404

関連項目[編集]

外部リンク[編集]