八百半フードセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 八百半フードセンター
Yaohan Food Center Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 八百半
本社所在地 日本の旗 日本
栃木県鹿沼市上田町2341
設立 1962年(昭和37年)6月
業種 小売業
法人番号 4060001010658
事業内容 スーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 片柳伸一
資本金 3,500万円
従業員数 316名(男98名・女218名)正社員123名・パート社員193名
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
樅山店

株式会社八百半フードセンター(やおはんフードセンター)は、栃木県を営業基盤とするスーパーマーケット「ヤオハン」を運営する企業である。本社は栃木県鹿沼市上田町2341。

概要[編集]

1960年(昭和35年)に栃木県栃木市で兄弟で創業した食品店の支店として1961年(昭和36年)に鹿沼市に弟が支店を開業し、独立したのが始まりである[1]

本拠地である鹿沼市と隣接する日光市の旧今市市にあたる地区を中心に出店を行っていた[1]が、2009年(平成21年)10月16日に宇都宮店を開店し[2]、出店地域を少し広げている。

店舗面積約150坪[3]の小規模な古い店舗が多かったところに大手チェーンの出店攻勢が激しくなってきたことに対応して[1]店舗面積約300坪へ店舗の大規模化を行い[3]、低価格での野菜販売を武器に集客を図りながら惣菜や精肉・鮮魚などで収益を上げる形態への転換を目指した[3]

この営業方針に基いて、1998年(平成10年)11月の今市店の増床改装を皮切りに1999年(平成11年)には小規模店だったさつき店を閉鎖して近隣へ店舗面積約300坪の千渡店を開店する[3]毎年1店ペースで店舗の改装や新規出店を進め[4]、2006年(平成18年)12月2日に樅山店を開店したことで1店舗を残して全て店舗面積約300坪への切替を完了させた[4]

シジシージャパンに加盟しており、2005年(平成17年)9月に設立されたシジシージャパン北関東支社に所属している[4]

発達障害者らの自立や就労を支援するNPO法人「クリエイティブ・コミュニケーション・ビレッジ」の障害者福祉サービス部門が鹿沼市花木センター敷地内の「こぐまのパンやさん」で障害者らが製造した手作りパンの販売を北部店と樅山店で2010年(平成22年)11月25日から販売してその活動を支援している[5]

また、2005年(平成17年)12月にアメリカ合衆国産牛肉の輸入が再開された際には、業界団体の輸入牛肉プロジェクトの一員として現地調査に参加して加工会社の視察などを行い、栃木県内のスーパーでは最も早い2006年1月18日から販売を再開している[6]

沿革[編集]

  • 明治15年 四代前片柳半兵衛 栃木市に乾物、食料品店開設
  • 昭和28年4月 初代社長片柳定夫栃木市本店より分れ浦和市に食料品、酒店開業
  • 昭和36年4月 鹿沼市中田町にヤオハンスーパー第1号店開設
  • 昭和37年6月 株式会社八百半フードセンター設立 片柳定夫社長に就任
  • 昭和39年2月 仲町支店開設
  • 昭和42年11月 中央店開設
  • 昭和44年11月 北部店開設
  • 昭和48年12月 南店開設 
  • 昭和51年12月 晃望台通り東店開設
  • 昭和54年5月 宇都宮市内に御幸店開設
  • 昭和56年11月 今市店開設
  • 昭和57年10月 西店開設
  • 昭和59年9月 北部店敷地内に本社(3階建)社屋完成
  • 昭和60年10月 さつき店開設
  • 昭和62年12月 新南店開設、5年後生鮮センターに改造
  • 昭和63年5月 石川店開設
  • 平成2年5月 イーグルゴルフパーク開設 (ゴルフ練習場)
  • 平成3年5月 マクドナルド鹿沼店貸店舗東店敷地内への開設
  • 平成5年5月 みどりが丘店開設
  • 平成5年10月 片柳伸一2代目社長に就任
  • 平成10年4月 今市森友店開設
  • 平成11年11月 鹿沼市内千渡店開設
  • 平成13年11月 粟野店開設
  • 平成14年12月 東店移転新築 ニュー東店として開設 夜12時まで営業
  • 平成16年12月 北部店建替え新築開設
  • 平成17年12月 樅山店開設
  • 平成21年10月 宇都宮店開設
  • 平成25年10月 貝島店開設
  • 平成26年8月 日光七里店開設

店舗[編集]

  • 北部店 - 鹿沼市上田町2342
  • 樅山店 - 鹿沼市樅山町43-1、2006年(平成18年)12月2日開店[4]
  • 西店 - 鹿沼市日吉町730-1
  • 千渡店 - 鹿沼市千渡1827-1、1999年(平成11年)開店[3] 2019年(平成31年)2月28日閉店
  • 粟野店 - 鹿沼市久野398
  • 今市店 - 日光市瀬川218-1、1998年(平成10年)11月増床改装[3]
  • 宇都宮店 - 宇都宮市鶴田町603、2009年(平成21年)10月16日開店[2]
  • 森友店 - 日光市森友1600-1 2013年(平成25年)9月20日閉店
  • 貝島店 - 栃木県鹿沼市貝島町790 2013年(平成25年)10月4日開店
  • ニュー東店 - 鹿沼市貝島町579-1 2013年(平成25年)9月20日貝島店開店に伴い閉店
  • 日光七里店 - 栃木県日光市七里667番外  2014年(平成26年)8月28日開店

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c “北関東・新潟地区夏期特集=八百半フードセンター、既存店の大型化を推進”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1999年8月20日) 
  2. ^ a b “価格対応しながら特徴ある店作り 八百半フードセンター・ヤオハン宇都宮店”. 週刊ストアジャパン 2010年2月1日号 (ストアジャパン社). (2010-2-1). 
  3. ^ a b c d e f “八百半フードセンター、300坪を標準に既存店を大型化”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1999年7月14日) 
  4. ^ a b c d “新潟・北関東新春特集:トップインタビュー=八百半フードセンター・片柳伸一社長”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年1月16日) 
  5. ^ “福祉事業所のパン、スーパーで販売 鹿沼”. 下野新聞 (下野新聞社). (2010年11月28日) 
  6. ^ “鹿沼のスーパーで米国産牛肉を販売 県内初”. 下野新聞 (下野新聞社). (2006年1月18日) 
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]