金秀グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金秀ホールディングス株式会社
Kanehide Holdings Co.,Ltd.
金秀ビル
金秀ビル
種類 非公開企業同族経営
本社所在地 沖縄県那覇市旭町112-1 金秀ビル8階
設立 1961年3月30日 (61年前) (1961-03-30)
業種 持株会社
法人番号 6360001000742
代表者 呉屋守將(会長)
松本眞一(副会長)
新垣秀彦(社長)
資本金 1億円
発行済株式総数 6万1000株
売上高 増加 1055億円(2017年)
経常利益 減少 28億5300万円(2017年)
純利益 減少 10億900万円(2017年)
従業員数 単独:70人
所有者 呉屋家とその一族
主要子会社 金秀建設
金秀商事
金秀アルミ工業
金秀鋼材
金秀鉄工
金秀沖縄ピーシー
金秀興産
金秀鋼材
金秀興産
金秀バイオ
関係する人物 呉屋秀信(創業者)
外部リンク 金秀ホールディングス株式会社
テンプレートを表示

金秀グループ(かねひでグループ)は、沖縄県の企業グループ。経営のとりまとめは、持株会社の金秀ホールディングス株式会社(同県那覇市)が行っている。

概要[編集]

創業当時は鉄工業を営んだが、のちに他社の吸収・合併を繰り返し、総合建設業小売業保険代理業携帯電話販売代理業・リゾート施設の運営など事業を拡大している。また、「株式会社セブン-イレブン・沖縄」(株式会社セブン-イレブン・ジャパンの子会社)とフランチャイズ契約を結んで、沖縄県におけるセブン-イレブンの運営にも参画している[1][2]

なお、持株会社の金秀ホールディングスは、ラジオ沖縄の筆頭株主となっている(2016年3月31日現在、30,400株 27.63%)[3]

沿革[編集]

  • 1947年5月25日 - 金秀鉄工所が創業。
  • 1971年 - 沖縄軽金属株式会社(現在の金秀アルミ工業株式会社)が発足。
  • 2021年4月1日 - 株式会社金秀本社の社名を金秀ホールディングス株式会社へ変更[4][5]

主な事業[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ セブン沖縄1号店、2019年夏ごろに 金秀・松本社長が意向示す”. 沖縄タイムスプラス. 沖縄タイムス (2018年5月25日). 2020年11月28日閲覧。
  2. ^ スーパー、旅行社、ガソリンスタンド…沖縄でセブンとFC契約した会社の戦略”. 沖縄タイムスプラス. 沖縄タイムス (2019年7月13日). 2020年11月28日閲覧。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、467頁。 
  4. ^ 「金秀ホールディングス株式会社」へ社名変更のお知らせ”. 金秀グループ (2021年3月30日). 2021年4月4日閲覧。
  5. ^ 「金秀ホールディングス」に体制移行 4月からグループ全体を統括”. 琉球新報 (2021年3月31日). 2021年4月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]