埼玉縣信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
埼玉縣信用金庫
The Saitamaken Shinkin Bank
Saitamaken Shinkin Bank Head Office.jpg
埼玉縣信用金庫 本部
種類 信用金庫
略称 さいしん
本社所在地 日本の旗 日本
360-8611
埼玉県熊谷市久下4丁目141番地
本店所在地 360-0042
埼玉県熊谷市本町1丁目130-1
設立 1948年昭和23年)2月1日
業種 金融業
法人番号 6030005013121
金融機関コード 1250
事業内容 協同組織金融機関
代表者 安田格(理事長
資本金 233億円
従業員数 1,740名
外部リンク 埼玉縣信用金庫
特記事項:2017年3月末時点
テンプレートを表示
埼玉縣信用金庫のデータ
法人番号 6030005013121
店舗数 95店
貸出金残高 1兆5,780億円
預金残高 2兆6,416億円
特記事項:
2017年3月末時点
テンプレートを表示
埼玉縣信用金庫 本店営業部(建て替え後)
埼玉縣信用金庫 本店(建て替え前)

埼玉縣信用金庫(さいたまけんしんようきんこ、英語The Saitamaken Shinkin Bank)は、埼玉県熊谷市に本店を置く信用金庫である。略称は、「さいしん」。

概要[編集]

正式な表記は旧字体の「埼玉信用金庫」であるが、俗に新字体で「埼玉信用金庫」とも表記される。

本部・本店所在地は埼玉県北部の熊谷市であるが、2016年に県庁所在地さいたま市浦和区内に「浦和常盤ビル」を取得し、一部本部機能を移転している[1]

店舗数は埼玉りそな銀行よりやや少ないものの、武蔵野銀行よりやや多く、埼玉県内に本店のある第二地方銀行が存在しない埼玉県においては大手の金融機関であり、埼玉県の指定代理金融機関でもある。また、経営破綻した旧小川信用金庫の営業を2001年平成13年)に譲り受けて以来、埼玉県西部地域にも営業エリアを広げ、比企郡小川町及び同郡嵐山町指定金融機関でもある。

1994年平成6年)頃から浦和レッドダイヤモンズデザインの通帳とキャッシュカードを発行している。ATMは、しんきんATMゼロネットサービスには加盟しているが、埼玉県内の他信金と異なり入金ネットには未加盟である。また、当庫はセブン銀行ATMやビューアルッテATM(JR東日本の主要駅等に設置)と提携しており、キャッシュカードによる出金が利用できる(利用手数料108円 + 時間外手数料が発生)。

宣伝活動は埼玉新聞紙面広告とテレビ埼玉でのテレビCMのみであり、埼玉りそな銀行武蔵野銀行がそれらに加えて行っているNACK5でのラジオCMは実施していない。また、並行してテレビ埼玉で2009年平成21年)頃から放送されている全国信用金庫協会石川遼が出演するテレビCMに限り、連名で当庫のロゴがキャプションされている。

沿革[編集]

主要な事業所[編集]

以下、本部2施設と本店は、いずれも独立して立地しているが、いずれも国道17号沿いにある[1]

  • 本部
    • 熊谷本部:埼玉県熊谷市久下4丁目141番地(熊谷東支店併設)
    • 浦和常盤ビル(業務センター):埼玉県さいたま市浦和区常盤5丁目15-15
  • 本店営業部:埼玉県熊谷市本町1丁目130-1 さいしん熊谷本町ビル

店舗・店舗外ATM[編集]

2018年9月現在、本支店あわせて95店舗である。うち5店舗は店舗内店舗方式によって統合されている[4]

店舗内店舗一覧[編集]

越谷平方支店:大袋支店内に移転
原市支店:上尾支店内に移転
高坂支店:東松山支店内に移転
鴻巣西口支店:鴻巣支店内に移転
宮代支店:杉戸支店内に移転

関連会社[編集]

  • 埼信ビジネスサービス株式会社
  • さいしん信用保証株式会社
  • 埼玉信リース株式会社

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール | 《さいしん》のご紹介 | 《さいしん》について | 埼玉縣信用金庫
  2. ^ ~5月7日「本店営業部・熊谷ローンセンター」を新装開店!!~ 「彩りプラザ熊谷」を新設します 開店イベント・キャンペーンを実施します(埼玉縣信用金庫)
  3. ^ 「圏央道沿いの5信金連携 マッチングや販路開拓支援」日本経済新聞』朝刊2018年12月22日(東京・首都圏経済面)2019年4月11日閲覧。
  4. ^ 店舗移転・統合のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]