常盤 (さいたま市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 浦和区 > 常盤 (さいたま市)
常盤
—  町丁  —
さいたま市役所
常盤の位置(埼玉県内)
常盤
常盤
常盤の位置
座標: 北緯35度52分17.8秒 東経139度38分32.8秒 / 北緯35.871611度 東経139.642444度 / 35.871611; 139.642444
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
浦和区
地域 Urawa Saitama chapter.JPG浦和地区
人口 (2018年(平成30年)7月1日現在)[1]
 - 計 23,157人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 330-0061[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

常盤(ときわ)は、埼玉県さいたま市浦和区町名。現行行政地名は常盤一丁目から常盤十丁目。郵便番号は330-0061[2]

地理[編集]

さいたま市浦和区西部に位置する。北で北浦和、北東で元町、東で本太、南東で東仲町、南で仲町、西で中央区大戸、北西で新中里に接する。文教都市浦和の中でも鹿島台と称された高台に位置する。関東大震災後に多くの文化人(浦和画家)が移住し、浦和アトリエ村を形成した。さいたま市役所、浦和区役所、テレビ埼玉本社、埼玉りそな銀行本社等が集まる行政の中心である。

かつては北浦和駅西口(駅自体は北浦和に所在)に埼玉大学があったが、1971年下大久保(現在のさいたま市桜区に所在)に移転し、跡地に県立北浦和公園が建設された[4]。また、四丁目にはエフエムナックファイブ本社が置かれていた。

さいたま市役所庁舎の前身である浦和市役所庁舎は、仲町にある現在の浦和ロイヤルパインズホテル敷地から1971年1月に移転してきた。

歴史[編集]

史跡[編集]

  • 二・七市場跡
  • 石橋供養仏

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
常盤一丁目 1,239世帯 2,709人
常盤二丁目 960世帯 2,109人
常盤三丁目 1,640世帯 3,541人
常盤四丁目 714世帯 1,685人
常盤五丁目 803世帯 1,908人
常盤六丁目 520世帯 1,266人
常盤七丁目 554世帯 1,384人
常盤八丁目 517世帯 1,445人
常盤九丁目 1,572世帯 3,111人
常盤十丁目 1,428世帯 3,576人
9,947世帯 22,734人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
常盤一丁目 全域 さいたま市立仲町小学校 さいたま市立常盤中学校
常盤二丁目 全域
常盤三丁目 全域 さいたま市立常盤小学校
常盤四丁目 全域 さいたま市立仲町小学校
常盤五丁目 全域
常盤六丁目 全域
常盤七丁目 全域
常盤八丁目 全域
常盤九丁目 全域 さいたま市立常盤小学校
常盤十丁目 全域

交通[編集]

道場三室線(常盤七丁目)

鉄道[編集]

JR東日本東北本線JU 宇都宮線高崎線JS 湘南新宿ライン上野東京ラインJK 京浜東北線)および武蔵野線大宮支線が通るが、町域内に駅はない。浦和駅北浦和駅が最寄り駅となっている。

バス[編集]

  • 国際興業バス
    • 浦和駅西口〜大久保浄水場線(浦13) - 常盤一丁目、常盤二丁目、常盤四丁目、六間道路、市役所北口、水道局営業所
    • 浦和駅西口〜桜区役所線(浦12) - 同上
    • 浦和駅西口〜下大久保線(浦13-2) - 同上
    • 浦和駅西口〜桜区役所線(浦12-2) - 市役所前、六間道路、市役所北口、水道局営業所
    • 浦和駅西口〜大久保浄水場線(浦13-3) - 同上
    • 西浦和車庫〜北浦和駅西口線(北浦80) - 水道局営業所、市役所北口、六間道路、埼玉りそな銀行、常盤七丁目
    • 浦和駅西口〜北浦和駅西口線(浦14) - 同上
    • 北浦和駅西口〜白鍬電建住宅線(北浦04) - 埼玉メディカルセンター、二度栗山
    • 北浦和駅西口〜新中里三丁目線(北浦81) - 同上
    • 北浦和駅西口〜さいたま新都心駅線(新都01) - 同上
    • 北浦和駅西口〜埼玉大学線(北浦03) - 常盤十丁目

道路[編集]

橋梁
  • 新浦和橋(国道463号越谷浦和バイパス)
  • 浦和橋(埼玉県道65号さいたま幸手線)

施設[編集]

埼玉りそな銀行さいたま営業部
埼玉県近代美術館
浦和伝統文化館恭慶館
北浦和公園
NTT東日本-関信越本社
テレビ埼玉
NHKさいたま放送局

学区[編集]

小学校の学区は一、二、四、五、六、七、八丁目が仲町小学校となり、三、九、十丁目が常盤小学校、中学校の学区は全て常盤中学校となっている[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 北浦和公園埼玉県2014年12月16日掲載
  5. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。
  6. ^ 通学区域一覧表 (PDF)”. さいたま市 (2010年8月23日). 2010年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]