木崎村 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木崎村
廃止日 1932年4月1日
廃止理由 分割・編入合併
木崎村(大字北袋除く)、谷田村 → 浦和町
木崎村大字北袋 → 大宮町
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
団体コード 当時存在せず
総人口 8,190
(1930年10月1日)
隣接自治体 埼玉県:北足立郡浦和町、大宮町、
 与野町谷田村三室村片柳村
木崎村役場
所在地 埼玉県北足立郡木崎村大字木崎領領家[1]
特記事項 人口は国勢調査による
 表示 ウィキプロジェクト

木崎村(きざきむら)は、埼玉県北足立郡に存在した

1932年(昭和7年)4月1日に大字北袋を除く大部分が浦和町に編入され、消滅。旧村域は「木崎地区」と称された。大字北袋のみは大宮町へ編入された。

地理[編集]

  • 埼玉県中央(北足立)地域の南部にあった。
  • 大宮台地に位置し、台地とそれに挟まれる開析谷地からなる。北東部は芝川に面しており、沖積平野となっている。
  • 村の西部を中山道が南北に貫いていた。
  • 2006年(平成18年)現在における浦和区北部の上木崎、木崎、駒場、瀬ヶ崎、針ヶ谷、本太、領家、北浦和、元町、大東、大原、皇山町、大字三崎、前地3丁目と大宮区南端部の北袋町が、ほぼ旧村域にあたる。

歴史[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104

関連項目[編集]