藤縄善朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤縄 善朗
ふじなわ よしろう
生年月日 (1952-06-30) 1952年6月30日(66歳)
出生地 日本の旗 埼玉県鶴ヶ島村(現鶴ヶ島市
出身校 國學院大學文学部

Flag of Tsurugashima Saitama.JPG 第27・28・29代 埼玉県鶴ヶ島市長
当選回数 3回
在任期間 2005年11月5日 - 2017年11月4日
テンプレートを表示

藤縄 善朗(ふじなわ よしろう、1952年6月30日 - )は、日本政治家。元埼玉県鶴ヶ島市長(3期)。

来歴[編集]

埼玉県鶴ヶ島村(現鶴ヶ島市)生まれ。埼玉県立川越高等学校に入学するも、制服廃止運動や70年安保闘争に参加し、中退。1978年國學院大學文学部を卒業し、鶴ヶ島町役場に就職した。鶴ヶ島町役場及び鶴ヶ島市役所では教育委員会町史編纂室、議会事務局、政策推進室、区画整理課、老人福祉センター、埼玉西部環境保全組合等に勤務する。2001年、鶴ヶ島市役所を退職し、鶴ヶ島市長選挙に無所属で出馬したが、自民公明が推薦する現職の品川義雄鶴ヶ島市長に328票の僅差で惜敗した。落選後は坂戸市鶴ヶ島市で介護事業所を設立。

2005年、再び鶴ヶ島市長選挙に出馬し、初当選を果たした。2009年の鶴ヶ島市長選では、民主党が擁立した対立候補にダブルスコアの大差をつけ、再選。2013年の市長選挙では、他に出馬した候補がいなかったため無投票で再選。

人物[編集]

  • 趣味は渓流釣り、俳句、俳画、テニス。
  • 好きな歌手はSMAP(特に夜空ノムコウ)、サザンオールスターズ
  • 愛読書は万葉集
  • 1980年代に知遇を得た友人に、作家の中上健次がいた。中上が死去するまで、対談や座談会を行う等交流を続け(『中上健次[未収録]対論集成』(作品社)所収)、1986年には中上のバックアップを受け「サムルノリ in 高麗」を開催した。また鶴ヶ島市在住の文芸評論家、すが秀実にも交友関係があり、一時、二人で地域文化活動「坂鶴文化フォーラム」を開催していた。「坂鶴文化フォーラム」には、藤縄の母校である川越高校の後輩にあたる盛田隆二奥泉光の他、河上亮一坂田明西部邁ねじめ正一ギリヤーク尼ヶ崎島田雅彦らがゲスト参加していた。なお河上亮一は、鶴ヶ島市教育委員も務めている。
  • 2009年4月1日付の自身のブログのエントリにおいて、鶴ヶ島市が第三セクター「株式会社地域協働推進機構」に委託して進めている事業について疑義を呈する記事を、同年3月に配布した会報に掲載した鶴ヶ島市議会の会派「いずみ会」に対し、「3流の週刊誌と見まごう、ウソで塗り固められた、しかも無責任な表現に心底、怒りを覚えた」と批判し、いずみ会に所属する3人の鶴ヶ島市議会議員についても実名を挙げた上、「汚らしい人たち」「本当にあきれるほど無知」「恥知らず」と名指しで批判した[1]。藤縄市長の批判に対し、いずみ会は「ブログでの個人攻撃は議員活動を阻害する懸念がある」と反発した。

脚注[編集]

  1. ^ 汚らしい人たち - ふじなわ善朗<時々日録ブログ版>

外部リンク[編集]

先代:
品川義雄
Flag of Tsurugashima Saitama.JPG 埼玉県鶴ヶ島市長
第27・28・29代:2005年 - 2017年
次代:
齊藤芳久