この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鶴ヶ島市立藤中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴ヶ島市立藤中学校
過去の名称 鶴ヶ島町立藤中学校
国公私立 公立学校
設置者 鶴ヶ島市
設立年月日 1979年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 350-2206
埼玉県鶴ヶ島市藤金272-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

鶴ヶ島市立藤中学校(つるがしましりつ ふじちゅうがっこう)は、埼玉県鶴ヶ島市藤金にある公立中学校である。1979年4月1日に開校した。

沿革

  • 1979年(昭和54年)4月1日 - 鶴ヶ島町立鶴ヶ島中学校の生徒急増により、鶴ヶ島町立藤中学校として開校。
  • 1979年(昭和54年)4月9日 - 開校式
  • 1979年(昭和54年)11月15日 - 校旗・校歌・開校記念日制定
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 学区分離(鶴ヶ島町立富士見中学校に129名移動)
  • 1981年(昭和56年)7月31日 - プール完成
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 学区分離(鶴ヶ島町立南中学校に152名移動)
  • 1988年(昭和63年)1月15日 - 創立10周年記念式典
  • 1991年平成 3年)9月1日 - 市制施行により鶴ヶ島市立藤中学校と改称
  • 1994年(平成 6年)1月20日 - 校庭全面改修
  • 1996年(平成 8年)9月30日 - さわやか相談室設置工事
  • 1997年(平成 9年)8月29日 - 職員室空調設置工事
  • 1998年(平成10年)8月31日 - 体育館床改繕工事
  • 1998年(平成10年)11月13日 - 創立20周年記念式典
  • 2008年(平成20年)11月1日 - 創立30周年記念式典

交通アクセス

出身有名人

脚注

  1. ^ この時の名倉の世界選手権出場は日本選手としては当時の最年少記録であり、この記録は2005年世界陸上競技選手権大会にて金丸祐三(当時・大阪高等学校在学)が出場するまで18年間破られなかった。
  2. ^ 2009年1月「新春特集II・夢」”. 広報つるがしま. 鶴ヶ島市 (2009年1月1日). 2016年10月15日閲覧。

外部リンク