橋本幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋本幸(はしもと こう、1964年10月15日 - )は、国土交通省官僚国土交通省北海道開発局長。

北海道札幌市のNPO法人副理事長、ギタリスト付随音楽作曲家。ここでは行政以外の活動について記述。

略歴[編集]

活動[編集]

地域活動[編集]

音楽活動[編集]

  • ギタリストとしてブルースロックジャズファンクラグタイムブルーグラス等々ジャンルを問わず演奏し、道内外でライブやレコーディングを行う。コンカリーニョで開催する自身のライブは毎回満席の300席が即日完売となる。[8]
  • ギター1本で異分野の曲を弾く独自の分野に長く取り組んでおり、2000年箱根ブルーグラスフェスティバル・エンターテイナーコンベンション優勝などの受賞歴がある。
  • 「シーニックバイウェイ北海道」[9]「コミュニティサイクル・ポロクル」[10]等、地域活動・社会活動のテーマソングの作曲・制作を手掛けている。
  • 2020年にギタリストとして参加した北海道測量設計業協会PVは、朝日新聞天声人語、全国ニュース等でも取り上げられ、第61回北海道広告協会優秀賞受賞を受賞した。[11]

演劇活動[編集]

  • 北大在学中に北海道大学演劇研究会1986年公演に参加。以後、現在まで舞台音楽の作曲・制作として演劇に携わる。
  • 1987年斎藤歩(現北海道演劇財団[12]芸術監督)、斉藤千鶴(現NPO法人コンカリーニョ理事長)らと「札幌ロマンチカシアター魴鮄舎(ほうぼうしゃ)」を旗揚げ。所謂小劇場演劇ブーム期には1公演で2千人の観客を動員している。
  • 魴鮄舎活動停止後の1994年1998年は短期的なユニットを各年結成し、大通公園8丁目に特設テントを設営して公演を実施。
  • コンカリーニョ設立後の2006年からは札幌市西区の地域住民や小中学校に出演を呼びかけ、地域の歴史を戯曲化して演じる「温故知新音楽劇」の上演を行っている。[13]

関連記事等[編集]

  • 「北海道新聞(記事、ひと欄、まど欄、インタビュー)」、「財界さっぽろ(記事、インタビュー)」、雑誌「O.tone(インタビュー)」等
  • 2015年「札幌人図鑑」。

出典[編集]

外部リンク[編集]

先代:
倉内公嘉
国土交通省北海道開発局長
2021年 -
次代: