品川守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

品川 守(しながわ まもる、1949年 - )は、日本国土交通技官工学博士、技術士。国土交通省北海道局長として、総合開発計画の策定、行政改革、北海道開発局談合事件への対応にあたるなどした。

人物・経歴[編集]

北海道小樽市出身。小樽潮陵高校時代は山本真樹夫らとグループサウンズギターを弾いていた[1]北海道大学大学院工学研究科土木工学専攻修了後[2]、1976年北海道開発庁入庁。1985年北海道開発局帯広開発建設部治水課長、1988年同局石狩川開発建設部計画課長、1993年同局建設部河川計画課河川企画官など河川行政を長年担当し、北海道開発局河川計画課長や、国土交通省北海道局水政課長を経て、2004年国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部長。2005年国土交通省北海道開発局建設部長。2006年には山本隆幸吉田義一に続き、三代連続となる北海道開発庁出身の国土交通省北海道局長に就任。「地球環境時代を先導する新たな北海道総合開発計画」(2008年7月4日閣議決定、第7期北海道総合開発計画に相当)に尽力。同年に発覚した北海道開発局談合事件では、北海道開発局長に全容解明を指示するなどして対応にあたった。同年国土交通省大臣官房[3][4]。2009年退官、特定非営利活動法人公共環境研究機構特別研究員[5]。2012年「石狩川の捷水路とその効果に関する研究」により北海道大学博士(工学)の学位を取得[6]。2013年札幌市中央区に株式会社流域管理研究所を設立し、同社代表取締役に就任[7]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 潮陵会報 16号: 14. (2020). 
  2. ^ 新たな計画、北海道の基本戦略づくり開発こうほう新年号-
  3. ^ 北海道局長に品川氏 国交省、本多開発局長は留任  2006/07/04
  4. ^ 「北海道開発局官製談合:防止役、裏で主導 品川容疑者、国交省対策委員も /北海道 」2008年6月19日毎日新聞
  5. ^ 国家公務員法第106条の25第2項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の公表(総括表)総務省
  6. ^ 北海道大学 , 博士 (工学) , 乙第6813号 , 2012-03-22
  7. ^ 会社概要流域管理研究所
先代:
吉田義一
国土交通省北海道局長
2006年 - 2008年
次代:
奥平聖