北海道大学大学院法学研究科・法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道大学 > 北海道大学大学院法学研究科・法学部

北海道大学大学院法学研究科(ほっかいどうだいがくだいがくいんほうがくけんきゅうか、英称: Graduate School of Law)は、北海道大学大学院に設置される研究科の一つである。また、北海道大学法学部(ほっかいどうだいがくほうがくぶ、英称:School of Law)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1947年に北海道帝国大学に新設された法文学部を前身とし、1950年には法文学部が文学部法経学部に分離した。1953年に法経学部から独立して法学部が成立し、また大学院法学研究科が設置された。2004年には法学研究科に法科大学院である法律実務専攻を開設した[1]

沿革[編集]

  • 1947年 - 北海道帝国大学に法文学部を設置[1]
  • 1950年 - 法文学部を文学部と法経学部に分離[1]
  • 1953年 - 法経学部から独立して法学部が成立。大学院法学研究科を設置[1]
  • 2000年 - 大学院法学研究科の大学院重点化が完了。高等法政教育研究センターを設置[1]
  • 2004年 - 大学院法学研究科法律実務専攻を開設[1]
  • 2011年 - 総合入試を導入[1]

学部[編集]

  • 法学課程(入学・編入学定員220名)[2]
    • 法専門職コース
    • 総合法政コース

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政[編集]

法曹[編集]

経済[編集]

研究[編集]

文学[編集]

マスコミ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「沿革」北海道大学
  2. ^ [1]北海道大学

外部リンク[編集]