宮古毎日新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宮古毎日新聞
MiyakoMainichi.JPG
旧本社屋
種類 日刊(朝刊単独)[1]

事業者 宮古毎日新聞社
本社 宮古島市
代表者 伊志嶺 幹夫(代表取締役社長)[1]
創刊 1955年(昭和30年)9月19日[1]
言語 日本語
価格 1部 90円[1]
月極 1,998円[1]
発行数 17,000部(2014年3月)[2]
ウェブサイト http://www.miyakomainichi.com/
株式会社 宮古毎日新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒906-0012[1]
沖縄県宮古島市平良字西里337番地[1]
北緯24度48分13.2秒 東経125度17分0秒 / 北緯24.803667度 東経125.28333度 / 24.803667; 125.28333座標: 北緯24度48分13.2秒 東経125度17分0秒 / 北緯24.803667度 東経125.28333度 / 24.803667; 125.28333
事業内容 日刊紙発行
業種 情報・通信業
外部リンク http://www.miyakomainichi.com/
テンプレートを表示

宮古毎日新聞(みやこまいにちしんぶん)は、沖縄県宮古島市で発行され、主に宮古諸島で購読されている朝刊単独の地域新聞である[3]

1955年真栄城徳松により宮古島で初めての日刊紙として創刊された[4]トライアスロンの報道が充実しており、地域イベントも積極的に主催している[1]全国郷土紙連合加盟社[5]

宮古諸島では、全国紙琉球新報沖縄タイムスといった県紙は空輸されて配達が午前10時頃になるため、地域新聞である本紙や宮古新報が支持を集めている[3]

沿革[編集]

支社・支局[編集]

  • 那覇支社[1]
  • 東京支社[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 宮古毎日新聞社のご紹介”. 宮古毎日新聞社. 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ 新聞広告”. ブレーン沖縄. 2018年9月2日閲覧。
  3. ^ a b 深井麗雄 「IV 地域社会とメディア -沖縄県宮古島市の地元紙やテレビ局の役割について-」『研究双書 第154冊 日本の地域社会とメディア』(PDF) 関西大学経済・政治研究所、2012年3月31日
  4. ^ 沖縄コンパクト事典 『宮古毎日新聞』 (みやこまいにちしんぶん) 琉球新報
  5. ^ 加盟新聞社一覧”. 全国郷土紙連合. 2018年9月2日閲覧。
  6. ^ “新社屋の落成を祝う/本社”. 宮古毎日新聞. (2016年9月9日). http://www.miyakomainichi.com/2016/09/92514/ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]