桐生タイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桐生タイムス
種類 日刊(夕刊)
サイズ タブロイド判

事業者 株式会社桐生タイムス社
本社 群馬県桐生市東四丁目5番21号
代表者 木村洋一(代表取締役社長)
創刊 1945年12月10日
言語 日本語
価格 1部 100円
月極 2020円
発行数 1万2728部[1](2018年4月)
ウェブサイト http://www.kiryutimes.co.jp/
株式会社桐生タイムス社
The Kiryu Times
本社所在地 日本の旗 日本
〒376-8528
群馬県桐生市東四丁目5番21号
事業内容 夕刊「桐生タイムス」の発行
ニュースサイト「ウェブ桐生タイムス」
フリーペーパー「タウンわたらせ」の発行
各種郷土出版 ほか
設立 1945年12月
業種 情報・通信業
資本金 1,300万円
売上高 非公表
従業員数 50名
テンプレートを表示

桐生タイムス(きりゅうタイムス)とは、株式会社桐生タイムス社(群馬県桐生市)が発行する夕刊紙である。

概要[編集]

群馬県東部にある桐生市、みどり市、及び太田市藪塚本町地区を発行エリアとする。同地域の行政、事件事故、イベントなどのニュースをきめ細かく取材、報道している。読者投稿の「なんでもダイヤル」や、出生とお悔やみを毎日掲載する「明暗だより」などのコーナーがある。コラムは「ぞうき林」。市長選・市議選の投開票翌日は朝刊発行に切り替える。

フリーペーパー事業も手掛け、桐生市、みどり市向けの「タウンわたらせ」、栃木県足利市向けの「ウィークリー両毛」を発行している。

群馬大学工学部(桐生市)で毎年秋に催される「クラシックカーフェスティバルin桐生」を共催しているほか、年度末に桐生競艇で「桐生タイムス杯」を開催している。

日本新聞協会および日本地域紙協議会に加盟している。

沿革[編集]

1945年ー「新日本タイムス」として創刊。月3回発行。

1946年ー「桐生タイムス」へ改題。

1957年ー株式会社化。日刊となる。

2001年笠懸町役場(後のみどり市役所笠懸庁舎)近くに広域支局を開局。

2004年ー新聞のサイズがブランケット判からタブロイド判へと変更。広域支局を閉鎖。

2010年ー創立65周年で桐生タイムス展を開催した。

2015年ー創立70周年で「ウィークリー両毛」を創刊。「晦魄環照の世界」と「球都のデザイン展」を開催。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本新聞年鑑2019

外部リンク[編集]