瑞慶覧長敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瑞慶覧 長敏
ずけらん ちょうびん
生年月日 ( 1958-10-24) 1958年10月24日(62歳)
出生地 米国統治下の沖縄 島尻郡大里村(現:日本の旗 日本 沖縄県南城市
出身校 セントラル・ワシントン大学経済学部
琉球大学法文学部経済学科
所属政党民主党→)
無所属
称号 学士
親族 父・瑞慶覧長方(元沖縄県議会議員)
公式サイト ようこそ市長室へ│南城市公式Webサイト

当選回数 1回
在任期間 2018年2月12日 - 現職

選挙区 沖縄4区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

瑞慶覧 長敏(ずけらん ちょうびん、1958年10月24日 - )は、日本政治家沖縄県南城市長(第4代)。元衆議院議員(1期)。

父は沖縄社会大衆党委員長、沖縄県議会議員を歴任した瑞慶覧長方[1]

来歴[編集]

琉球政府島尻郡大里村(現・沖縄県南城市)生まれ。ワシントン州立セントラル・ワシントン大学経済学部を卒業後、琉球大学法文学部経済学科に編入し、1986年に卒業[2]。大学卒業後、大阪府や沖縄県で英語教育に従事した[2]

2009年第45回衆議院議員総選挙沖縄4区から民主党公認で出馬し、自由民主党前職の西銘恒三郎を破り、初当選した[3][4]

2011年6月2日の衆議院本会議における菅第2次改造内閣不信任決議案の採決では、党の反対方針に反して本会議を欠席し、投票を棄権した[5]6月13日の役員会で、民主党は常任幹事会による厳重注意処分が下された[6]

2012年の消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議における消費税増税法案を含む社会保障・税一体改革関連法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票を投じた[7]7月2日山岡賢次民主党副代表が、瑞慶覧を含む衆院議員40名、参院議員12名の離党届を党執行部に提出した[8]7月3日、民主党は常任幹事会で離党者への処分方針を決定し、瑞慶覧を含む離党届を提出した議員37名には除名処分が下された[9]。離党者を中心に結党した国民の生活が第一には参加せず、当面は無所属で活動する意向を表明していたが[10]7月4日に衆議院に結成を届け出た会派「国民の生活が第一・無所属の歩」には参加した[11]。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙に無所属で沖縄4区から出馬したが、前回下した自民党元職の西銘にダブルスコアの大差で敗れ、落選した[12]

2015年東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター事務局長に就任[2]2017年12月9日、翌年1月21日投開票の南城市長選挙に出馬する意向を表明した[13]。県下でオール沖縄勢力を形成する社民共産自由社大民進5党の推薦を受けたほか、オール沖縄勢力が全面的に支持する翁長雄志沖縄県知事からも支援を受け、4選を目指した現職の古謝景春(自民・公明維新推薦)を65票の僅差で破り、当選した[14][15][16]2月12日付で第4代南城市長に就任し、2月13日に南城市役所に初登庁した[17]

政策・主張[編集]

人物[編集]

  • 姓名の画数が多いため、ポスターや配布物等では「瑞慶覧 チョービン」の表記を慣例的に使用している。

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “8年ぶりの南城市長選 投開票まで残り2日”. 琉球新報. (2018年1月19日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-649287.html 2018年5月6日閲覧。 
  2. ^ a b c 市長のプロフィール│南城市公式Webサイト
  3. ^ “玉城デニー氏当選 民主、沖縄の選挙区で初議席”. 朝日新聞. (2009年8月31日). http://www.asahi.com/senkyo2009/news/SEB200908310006.html 2018年5月6日閲覧。 
  4. ^ “沖縄 小選挙区:総選挙2009”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya47.htm#k004 2018年5月6日閲覧。 
  5. ^ “民主から賛成は松木・横粂氏、棄権は15人 不信任案”. 朝日新聞. (2011年6月2日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201106020451.html 2018年5月6日閲覧。 
  6. ^ “小沢氏、田中真紀子氏ら党員資格停止3カ月 民主処分案”. 朝日新聞. (2011年6月13日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201106130249.html 2018年5月6日閲覧。 
  7. ^ “消費税法案に造反した57議員リスト”. 日本経済新聞. (2012年6月27日). https://r.nikkei.com/article/DGXNAS71N5Y01_W2A620C1PP8000 2018年5月6日閲覧。 
  8. ^ “離党届、衆院40・参院12人の一覧”. 日本経済新聞. (2012年7月2日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS0200N_S2A700C1000001 2018年5月6日閲覧。 
  9. ^ “民主党、離党者らの処分など決定 除名37人、党員資格停止19人”. 日本経済新聞. (2012年7月3日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS0302J_T00C12A7000000 2018年5月6日閲覧。 
  10. ^ “離党届書いて、後で撤回のぶざま 信念なき政治家たちの超おかしな弁明”. J-CASTニュース. (2012年7月4日). https://www.j-cast.com/2012/07/04138217.html?p=all 2018年5月6日閲覧。 
  11. ^ “小沢新党11日結成へ 党名「国民の生活が第一の党」?”. 朝日新聞. (2012年7月4日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201207040447.html 2018年5月6日閲覧。 
  12. ^ “2012衆院選 沖縄4区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A47004 2018年5月6日閲覧。 
  13. ^ “2012衆院選 沖縄4区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A47004 2018年5月6日閲覧。 
  14. ^ “南城市長選 瑞慶覧氏が初当選 古謝氏に65票差、市政交代 オール沖縄に追い風”. 琉球新報. (2018年1月22日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-650596.html 2018年5月6日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ “沖縄・南城市長選「オール沖縄」が制す 名護市長選に気勢”. 産経新聞. (2018年1月22日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/180122/plt1801220011-s1.html 2018年5月6日閲覧。 
  16. ^ “南城市長選、知事派が勝利 「新基地反対」に弾み”. 東京新聞. (2018年1月23日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018012302000134.html 2018年5月6日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “福祉向上へ意欲 南城市・瑞慶覧市長が初登庁”. 沖縄タイムス. (2018年2月14日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/209416 2018年5月6日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g h “2012衆院選 沖縄4区 瑞慶覧長敏”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A47004004004 2018年5月6日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
古謝景春
Flag of Nanjo, Okinawa.svg 沖縄県南城市長
第4代:2018年 -
次代:
(現職)