南高来郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 九州地方 > 長崎県 > 南高来郡
長崎県南高来郡の位置

南高来郡(みなみたかきぐん)は、長崎県にあった

長崎県内では所在・管轄する地域を示す郡名の略称として南高(なんこう)とも呼ばれた。

郡域[編集]

1878年に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の島原市雲仙市南島原市にあたる。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]


知行 村数 村名
藩領 肥前島原藩 1町
32村
島原城下[1]、島原村、杉谷村、三会村、三之沢村、東空閑村、大野村、湯江村、多比良村、土黒村、西郷村、伊福村、三室村、守山村、山田村、野井村、愛津村、千々石村、小浜村、北串山村、南串山村、加津佐村、口之津村、南有馬村、北有馬村、隈田村、有家町村、有田村、堂崎村、布津村、深江村、中木場村、安徳村
肥前佐賀藩 3村 神代東村[2]、神代西村[3]、古部村
島原藩・佐賀藩 1村 伊古村

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年
    • 10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、高来郡のうち島原村ほか34村の区域に行政区画としての南高来郡が発足。郡役所が島原村に設置。
    • 島原村の一部が分立して島原町となる。(1町34村)
  • 明治12年(1879年) - 有家村が分割して西有家村・東有家村となる。(1町35村)
  • 明治15年(1882年) - 神代東村・神代西村が合併して神代村となる。(1町34村)
  • 明治16年(1883年) - 島原町の一部が分立して湊町となる。(2町34村)
1.島原町 2.島原村 3.杉谷村 4.三会村 5.大三東村 6.湯江村 7.多比良村 8.土黒村 9.神代村 10.西郷村 11.伊福村 12.古部村 13.守山村 14.山田村 15.愛野村 16.千々石村 17.小浜村 18.北串山村 19.南串山村 20.加津佐村 21.口之津村 22.南有馬村 23.北有馬村 24.西有家村 25.東有家村 26.堂崎村 27.布津村 28.深江村 29.安中村 30.湊町(紫:島原市 桃:雲仙市 赤:南島原市)

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島原城下各町の総称。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町として数える。
  2. ^ 記載は東村。
  3. ^ 記載は西村。
  4. ^ 実際には旧・佐賀藩領はいったん伊万里県の管轄となり、明治5年1月に長崎県に編入。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
高来郡
行政区の変遷
1878年 - 2006年
次代:
(消滅)