加藤吉太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 吉太夫(かとう きちだゆう、1895年明治28年)2月[1][2] - 1988年昭和63年)3月11日[1][2])は、日本の農業経営者、農民運動家、政治家衆議院議員福井県今立郡中河村長。1930年(昭和5年)吉太夫と改名[3]

経歴[編集]

福井県[2]今立郡中河村下河端[3](現鯖江市[1][3])で、加藤家の二男として生まれる[3]。1911年(明治44年)福井県立武生中学校(現福井県立武生高等学校)を卒業した[1][2][3]

農業を営み[2]、下河端青年団長、中河村会議員、福井県農民連盟副委員長、中河村長、中河村徳尾合同耕地整理組合長などを務めた[2][3]

1947年(昭和22年)4月、第23回衆議院議員総選挙福井県全県区から福井県農民連盟副委員長として出馬し当選[1][3][4]し、衆議院議員に1期在任した[1][2]日本農民党に加わり、同党務部長、同会計などを務めた[1][2]。その後、第24回総選挙、1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙福井県選挙区から出馬したが、いずれも落選した[5]

その他、中河村農業協同組合長、県農民連盟委員長などを務め、戦後の農業復興と農民政治力の結集に尽力した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』162頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』159頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『福井県大百科事典』208頁。
  4. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第23回』235頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』185、459頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第23回』衆議院事務局、1948年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。