全国農業会議所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人全国農業会議所(ぜんこくのうぎょうかいぎしょ、英文名称National Chamber of Agriculture.、略称NCA)は、日本の市町村に設置された農業委員会の全国組織である。かつては農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)に基づいて設立された特別民間法人であった。

概要[編集]

  • 業務(農業委員会等に関する法律第59条)
    • 農業及び農民に関し、意見を公表し、行政庁に建議し、又はその諮問に応じて答申すること。
    • 農業及び農民に関する情報提供および、調査・研究を行うこと[1]
    • 都道府県農業会議の行う農業委員会等に関する法律第40条第2項の業務につき指導及び連絡を行うこと。
    • 前各号に掲げるもののほか、その目的を達成するため必要な業務。
  • 会員の資格(農業委員会等に関する法律第60条)
    • 都道府県農業会議
    • 全国農業協同組合中央会及び全国の区域を地区とする農業協同組合連合会
    • 上記の2つに掲げる者の外、農業の改良発達を図ることを目的とする団体であつて定款で定めるもの
    • 農業に関し学識経験を有する者であつて総会(創立総会を含む。)で指名したもの
    • 前各号に掲げる者の外、農業又はこれと密接な関係を有する事業を営む者であつて定款で定めるもの

脚注[編集]

  1. ^ 全国農業新聞」の発行も、当該業務の一つ。

外部リンク[編集]