平山幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平山 幸司
ひらやま こうじ
生年月日 (1969-11-09) 1969年11月9日(48歳)
出生地 青森県五所川原市
出身校 慶應義塾大学法学部
関東学院大学工学部卒
前職 会社員
所属政党 民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(生活の党→)
生活の党と山本太郎となかまたち
称号 学士(工学)
学士(法学)
公式サイト ひらこう アオモリ!青森を愛し、青森を想う。青森への想い

選挙区 青森県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

平山 幸司(ひらやま こうじ、1969年11月9日 - )は、日本政治家生活の党と山本太郎となかまたち所属の元参議院議員(1期)。青森県五所川原市出身。

学歴[編集]

職歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 類は政治学を主とする乙類である。
  2. ^ 前代未聞!採決時に爆睡 民主議員またまた緊張感ゼロ
  3. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  4. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  5. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  6. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  7. ^ “「造反事実ない」と参院12人の離党届を受理”. 読売新聞. (2012年7月4日). オリジナル2012年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120710020547/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000135-yom-pol 
  8. ^ 新党の参加議員 Archived 2012年12月4日, at Archive.is - 時事ドットコム 2012年7月11日
  9. ^ “参院選-気流どこへ・政党編(下)第三極/支持拡大へ政策強調”. 河北新報社. (2013年7月3日). http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1123/20130703_06.htm 2013年7月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]