山崎結子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「結子」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
山崎 結子
やまざき ゆいこ
Yuiko Yamazaki official portrait.jpg
内閣府地方創生推進室より公表された肖像画像
生年月日 (1981-06-21) 1981年6月21日(41歳)
出生地 東京都世田谷区
出身校 成城大学文芸学部文化史学科
所属政党 無所属
親族 曾祖父・山崎岩男(青森県知事)
祖父・山崎竜男参議院議員
父・山崎力(参議院議員)

当選回数 2回
在任期間 2017年4月24日 - 現職
テンプレートを表示

山崎 結子(やまざき ゆいこ、1981年6月21日 - )は、日本政治家青森県外ヶ浜町長(2期)。青森県初の女性首長である[1][2]

来歴[編集]

東京都世田谷区に、当時読売新聞社の記者をしていた山崎力[3]の次女として生まれる。成城大学文芸学部文化史学科卒業。

音楽・映像ソフト製作会社のフロンティアワークス青森市に本社を置くオカムラ食品工業などに勤務した。また非常勤で環境省自然環境局に勤めた経験も持つ[4]

2017年(平成29年)2月7日、任期満了に伴う外ヶ浜町長選挙への出馬を表明[5]

同年3月26日に行われた町長選挙は12年ぶりの選挙戦となった。4選を目指す現職の森内勇と、自民党青森県連幹事長の神山久志県議の長年続いた協調関係が崩れ、神山は山崎を全面支援。一方、現職陣営は森内の長男で自民党県連総務会長の森内之保留県議が支えたため保守分裂の構図となったが、山崎が大差で森内を破り初当選を果たした。山崎は県内初の女性首長となった[1][6]。4月24日、町長就任[7]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:5,855人 最終投票率:78.91%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
山崎結子35無所属2,891票62.97%
森内勇79無所属1,700票37.03%

2021年(令和3年)、前副町長の宮本一男を破り再選。

親族[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
森内勇
外ヶ浜町旗 青森県外ヶ浜町長
2017年 -
次代
現職