岐阜東中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岐阜東中学校
岐阜東高等学校
岐阜東高校
過去の名称 岐東高等学校
岐阜東高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人富田学園(岐阜県)
校訓 「英知」を磨くこと、「自立」を目指すこと、「品位」を尊ぶこと、「情熱」を重んじること
設立年月日 1957年4月
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 21504A
所在地 500-8765
岐阜県岐阜市野一色四丁目17番1号
外部リンク 公式サイト(中学校)
公式サイト(高等学校)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岐阜東中学校・高等学校の位置(岐阜県内)
岐阜東中学校・高等学校

岐阜東中学校・高等学校(ぎふひがしちゅうがっこう・こうとうがっこう、英語名:Gifu Higashi Junior & Senior High School)は、岐阜県岐阜市野一色四丁目に所在し、中高一貫教育[1]を提供する私立中学校高等学校。略称は「岐東」。

建学の精神・校訓[編集]

建学の精神「やりぬく精神」
不撓不屈の精神をわかりやすくしたもので、生徒が日常生活において常に努力を怠らず、将来に向かって自己の成長と発展を期して全力をつくし、心身共に健全で強固な人間となることを願って、建学の精神としたもの。

校訓
「英知」を磨くこと、「自立」を目指すこと、「品位」を尊ぶこと、「情熱」を重んじること

沿革[編集]

  • 1957年昭和32年)学校法人富田学園により岐東高等学校男子校として設立。普通科、商業科設置。
  • 1961年(昭和36年)機械科設置。
  • 1962年(昭和37年)岐東高等学校から岐阜東高等学校に改称。蛍雪コース設置。
  • 1970年(昭和45年)機械科募集停止。
  • 1992年平成04年)岐阜東中学校(中高一貫教育・共学)が設立され、習熟度別授業といった少人数授業を開始する。
  • 1993年(平成05年)商業科募集停止。高等学校が男女共学普通科だけの進学校となる。
  • 1995年(平成07年)進学コース設置。

中学校[編集]

  • 中高一貫6ヵ年課程

高等学校[編集]

  • 学科 全日制 普通科
    • 進学コース
    • 蛍雪コース
    • 特進コース(内部進学者)

概要[編集]

周辺環境[編集]

岐阜市の中南部、金華山の南東に位置し、周囲には岐阜市立長森中学校岐阜県立衛生専門学校岐阜県総合医療センター他、いくつか学校や教育施設が所在し、岐阜市は文教地区(特別用途地区)を指定していないが[2]、いわゆる文教地区である。

校舎敷地内には、岐阜東中学校岐阜東高等学校富田高等学校と学校法人富田学園三校の校舎が併存しているが、一部共用施設を除いて校舎や正門は異なる。また、富田高等学校は、元々富田女子高等学校という女子校で、当校は男子校であった。現在では両校共に共学化されているが、授業、カリキュラムや学校行事も異なり別の高校となっている。

教育の特色[編集]

建学の精神「やりぬく精神」のもと、知性と教養あふれる人間性を育成し、何事にも最後までやり抜く人材を社会に送り出すことが教育目標とされている。そのため、生徒の自主性・社会性の育成が大切にされている。学校祭球技大会芸術鑑賞会、また、生徒会活動や部活動を通して、有為な人材の育成を図るとともに徹底した進学指導が行われている。

授業[編集]

授業全力主義!~chime to chime!~ をスローガンとして掲げている。

平日の授業は1限50分が7限(水曜は6限。尚、進学コースは1年次のみ7限授業、2年次より6限授業)と習熟度別授業や各教科の補習が早朝、放課後に実施され、第1・第3土曜日に4限授業がおこなわれている。放課後にはサテネット教室の個別ブースで、オンデマンド講座が受講[3]できるなど個々の状況に合わせた学習環境が充実している。

蛍雪コース・進学コースは1年次終了時点で、コース変更が可能。ただし1年間の学業成績等を考慮して判断されるので、希望すればコース変更ができるということではない。2年次から文系・理系別のクラス編成が行われる。

進路状況[編集]

ほぼ全員が大学進学を希望し、進学先は4年制大学進学者が約9割を占める。東京大学京都大学一橋大学をはじめとする国公立大学や、いわゆる早慶GMARCH関関同立などの私立大学に合格者を輩出している[4]。中高一貫6ヵ年課程においては、医学部医学科への進学者は全卒業生の約1割に及ぶ。

施設[編集]

図書館の蔵書数5万5,000冊は岐阜県内の中・高等学校では最大規模であり、全国的にも屈指の内容を誇る[5]

食堂は200席あり日替わりメニューや単品ものなど各種メニューが豊富。焼肉丼¥370、マーボー丼¥340、カレーラーメン¥280、うどん¥250、夏季限定メニューの冷やし中華\250など[6]

校舎の全館に冷暖房設備が完備。体育館は平成11年に建て替えられた。校舎敷地の南東にある第2グラウンドはサッカーコートが2面とれるほどの広さで、グラウンドの北側にはハンドボール専用コートがある。

カルバー46cm反射望遠鏡[編集]

特別校舎5階屋上のドーム型天文台で観測に使用されていた望遠鏡。1927年(昭和2年)に日本の天文学者山本一清によって輸入された。当時、東洋一の口径の望遠鏡。1962年(昭和37年)に当校に移設され、彗星発見者としても名を馳せた天文部顧問・教諭の指導等により、生徒の実習などに二十年弱使用された[7]。天文台は老朽化などの理由により撤去されたが、カルバー46cm反射望遠鏡は京都大学花山天文台に現存しており、貴重な資料として保管されている[8]

年間行事[編集]

中学校[編集]

  • 04月 - 入学式・始業式、新入生合宿(木曽駒高原)、授業参観、個別懇談
  • 05月 - 強歩大会、球技大会
  • 06月 - 前期中間テスト、授業参観・懇談会 
  • 07月 - 水泳教室(中1・中2)、カナダ修学旅行(高1)、個別懇談、夏期前期補習
  • 08月 - 希望者発展補習(高2・高3)、夏期後期補習
  • 09月 - 文化祭、職場体験(中3)、前期期末テスト
  • 10月 - 個別懇談、体育祭、社会見学、大学見学(東京・中3)
  • 11月 - 岐阜市連合音楽会(中1・中2)、授業参観
  • 12月 - 後期中間テスト、個別懇談、夢を語る会(中3・高1)、入学試験(専願)
  • 01月 - 「私の主張」大会、入学試験(一般)
  • 02月 - スキー合宿、授業参観・懇談会、英語レシテーションコンテスト(中1~中3)
  • 03月 - 学年末テスト、卒業証書授与式

高等学校[編集]

  • 04月 - 入学式・始業式
  • 05月 - 強歩大会
  • 06月 - 夏服更衣・前期中間考査・球技大会
  • 07月 - 三者懇談・夏期授業・学校見学会
  • 08月 - 夏期補習・夏期授業
  • 09月 - 体育祭・文化祭・前期末考査・遠足
  • 10月 - 後期始業式・冬服更衣・学校見学会・校内弁論大会
  • 11月 - 芸術鑑賞・学校見学会
  • 12月 - 後期中間考査・卒業考査・三者懇談・学校見学会
  • 01月 - センター激励会
  • 02月 - 一般入試・推薦入試
  • 03月 - 卒業式・学年末考査・沖縄修学旅行

部活動[編集]

運動系[編集]

文化系[編集]

同好会[編集]

通学圏[編集]

近隣にある各務原市大垣市瑞穂市本巣市羽島市羽島郡関市山県市犬山市一宮市、又、多治見市稲沢市名古屋市など広域から通学する生徒もいる[5]

交通アクセス[編集]

学校関係者[編集]

教職員[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]