船見信幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
船見 信幸
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県
生年月日 1947年
選手情報
ポジション 三塁手内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

船見 信幸(ふなみ のぶゆき)は、岐阜県出身の元社会人野球選手。ポジションは内野手

経歴[編集]

岐阜東高校では、1964年春の選抜に主将として出場。甲子園初出場校同士の対戦となった初戦で、高知県の安芸高校に1対7で敗れる[1]

中京大学を卒業後、日本楽器に入社。 1970年ドラフト会議阪神タイガースから4位で指名されるが入団を拒否し[2]、会社に残留。

1972年第43回都市対抗野球大会では三塁手として出場。2回戦の三菱名古屋、準決勝の西濃運輸戦で3本の本塁打を放つなどチームの初優勝に貢献。チームメイトの新美敏と共に社会人ベストナインに選出。同年、ニカラグアで開催されたIBAFワールドカップ(第20回国際野球連盟世界選手権)日本代表にも選出された。

表彰[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]