上甲秀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上甲 秀男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1947-11-20) 1947年11月20日(72歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上甲 秀男(じょうこう ひでお、1947年11月20日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

北宇和高では、外野手の他、捕手もした。

1970年都市対抗野球四国予選で、5試合に3ホーマーをマーク、そのうち1本は、松山球場のバック・スクリーンにライナーでとばした長打力の持ち主。自チームでの本戦出場はならなかったが、四国電力の補強選手として本戦に出場し2安打を放つ。同じチームに弘田澄男四国銀行からの補強選手)がいた。

1970年のドラフト会議阪神タイガースから7位指名され入団。

一軍公式戦に出場がないまま、1972年に現役を引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 35 (1971年 - 1972年)

関連項目[編集]