青鬼 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青鬼
ジャンル ホラーゲームロールプレイングゲーム
対応機種 Windows XP以降
開発元 noprops
人数 1人
必要環境 OS:XP/Vista/7
テンプレートを表示

青鬼』(あおおに)は、nopropsによるRPGツクール製のフリーホラーゲーム。2009年頃からニコニコ動画YouTubeを中心に人気が出始め、2011年にWindowsデスクトップアプリ『青鬼 ver.6.23』、2016年にブラウザゲーム『青鬼2016』、2017年に続編となるスマホアプリ『青鬼2』が公開された。書籍、漫画、映画など、多方面においてメディアミックスがなされており、主に若年層からの人気が高い。

概要[編集]

洋館に閉じ込められた主人公を操作し、各所に仕掛けられた謎や仕掛けを解きながら、洋館からの脱出を目指すゲームである。ゲームタイトルともなっている青鬼は様々な場所で突如現れ、主人公を執拗に追跡してくる。この青鬼に触れると直ちにゲームオーバーになってしまうため、迫り来る青鬼をうまくかわすか、または身を隠してやり過ごしつつ、謎解きをしなければならない。

nopropsによって製作され、複雑な謎解きと恐怖感を煽るBGMなどでニコニコ動画YouTubeで実況プレイ動画が話題となり、動画再生が5000万を超える[1]2011年4月には、ニコニコ動画の動画実況者キリンとのコラボレーションによりFlashの携帯ゲームにもなっており[2]、青鬼側になって人間を捕まえるゲームも作成された[3]。また、ヨドバシカメラで無料配布された『ツクールシリーズ お試しディスク Vol.4』にも収録されている[4]

2013年2月27日には著:黒田研二、挿絵:鈴羅木かりんによる小説版が発売。それに先立ち、2月19日PHP研究所からプロモーションビデオがYouTubeとニコニコ動画で公開された[1]

2014年7月5日には入山杏奈AKB48)主演・小林大介監督で実写映画が公開された。

2014年10月25日発売の『月刊少年エース』12月号より「青鬼 元始編」として漫画版が連載されている。構成は黒田研二、漫画は鈴羅木かりんと小説版と同様のスタッフが参加している。

2016年10月にはスタジオディーン製作でショートアニメ化、2017年には劇場アニメ化される。劇場版はオリジナルストーリーでゲームやノベライズ版、実写映画とも違った展開で描かれる[5]

2016年12月にはブラウザゲーム「青鬼2016」がプラットフォーム「AndApp」で公開された。[6]

2017年2月にはスマホアプリ「青鬼2」が公開された。[7]

あらすじ[編集]

ゲーム版
たけしの提案による肝試しで、青鬼の館に踏み入ってしまった仲間たちは、青鬼という怪生物から逃れながら館からの脱出を試みる。
ノベライズ版
転校生シュンは、クラスに馴染めず憂鬱にすごしていた。そんなとき、化け物が現れると噂が立つ洋館ジェイルハウスの前で学年一の秀才のひろしをはじめとした同級生5人と遭遇し、洋館に足を踏み入れる。(後の作品で人数が増える)

登場人物[編集]

ひろし
声 - 石田彰(『青鬼 復讐編』特別編PV)、逢坂良太(テレビアニメ)[8]
【ゲーム版】
主人公。バージョンによって姿、口調は異なる。
Ver.1.0・1.1では顔のグラフィックが表示されないため顔、姿は不明だが黒髪に学ランと思われる。一人称は「僕」。口調は他のバージョンと異なり敬語は使わない。
Ver.3.0・3.2では白髪に眼鏡、マフラーをつけた姿。一人称は「俺」。他の人物に比べると精神面は大人である。冒頭でのみ敬語を使うが、それ以外はタメ口。
Ver.4.3・5.2での容姿はVer.3.0と同じ。このバージョンから完全に敬語を使うようになる。一人称は「私」。女性に対しては「さん」、男性に対しては「くん」をつける。
Ver.6.1・6.23では容姿が中学生らしくなっている。Ver.1.0・1.1のようにマフラーはつけていない。相手に対して呼び捨てで呼ぶ。
またVer.6.1・6.23の隠し要素の「サウスパーク編」では、さらにVer.1.0・1.1のように眼鏡もつけておらず、こちらでも相手に対して呼び捨てで呼ぶ。卓郎とたけしと集まって話すときに一瞬敬語を用いる場面があるがそれ以外はタメ口。一人称は用いる場面はないので不明。
【ノベライズ版】
学年一の秀才で非科学的なものをいっさい信用していない。同級生にも敬語で話すほど真面目な性格で、常に学生服姿。
カズヤ
【ゲーム版】
ver.1.0・1.1にのみ登場するキャラクターで、ひろしの友人。白髪。気弱な性格をし、タクローにすらも敬語を使う。
【ノベライズ版】
小説《怨霊編》にて登場。久しぶりに登校したシュンに声をかけつつ、彼に忠告を行う。シュンのクラスメイト。
美香
声 - 喜多村英梨(テレビアニメ)[8]
【ゲーム版】
Ver.1.0・1.1では「メグミ」という名前で登場する。
Ver.3.0・3.2では茶髪のセーラー服で登場する。
【ノベライズ版】
気が強い美少女。奔放に振舞うが実は寂しがり屋で、飼い猫のペルシャ猫、ハートを心の拠り所にしている。卓郎に好意を抱く。
卓郎
声 - 水島大宙(テレビアニメ)[8]
【ゲーム版】
Ver.1.0・1.1ではいじめっ子の「タクロー」として登場する。
Ver.3.0・3.2ではひろしの遊び仲間として登場する。
【ノベライズ版】
大会社の社長の息子。イケメンの超ナルシストで、髪型を常に気にしている。表向きはサッカー好きの優等生を気取っているが、裏の顔は残忍。
たけし
声 - 森嶋秀太(テレビアニメ)[8]
【ゲーム版】
Ver.1.0・1.1では名前では出ないがたけしの原型となる人物が登場している。
Ver.3.0・3.2では性格が少々、悪いような場面(ひろしの事を脳味噌野郎と呼ぶ、等)がある。
Ver.4.3・5.2では彼が館に行こうと言っていたことが判明する。
【ノベライズ版】
大きな口を叩くが臆病者で宇宙人や幽霊などのオカルトが苦手。卓郎の腰巾着で常に付き従う。「食堂まんぷく」の跡取り息子。
リョウタ
ver.1.0・1.1にのみ登場するキャラクターで、卓郎の取り巻きの一人。明るい白髪。最初の犠牲者で風呂場で水死体でひろしに発見される。
直樹
【ゲーム版】
Ver.3.0・3.2でひろしの夢の中に出てくる人物で、ひろしと顔見知りのようだがどういう関係かは不明。
【ノベライズ版】
ジェイルハウスの化け物に呪い殺されたと噂されている同級生。
青鬼
声 - ひろし風の性格の青鬼:逢坂良太(テレビアニメ・第12話)、たくろう風の性格の筋肉質な青鬼:水島大宙(テレビアニメ・第12話)
主人公たちを執念に追いかける謎の存在。巨大な頭と左右異なった眼球を持つ青色の怪物。バージョンを重ねるにつれて異形な形、巨大でスクワットを行うものなど亜種のようなものが出てくる。口を開けると牙が生えている。
Ver.1.0・1.1では道中、この館に住んでいた家族らしき写真があり、入手すると写真を探しに執拗に追いかけるようになる。
Ver.6.1・6.23では卓郎、美香、たけしも青鬼に殺された直後に青鬼の姿として登場するなど正体がますます不明となっている。
髪は黒髪でモヒカンヘアーだが、Ver.6.1・6.23の裏ワザでの「サウスパーク編」ではスキンヘッドで他のメディアでもこちらの髪型の方が多い。
フワッティー
声 - たけし風の性格のフワッティー:森嶋秀太(テレビアニメ・第12話)
Ver.6.1・6.23に追加された逆凹型の体型で丸い目と無数の尖った牙を持つ謎の青色の怪物。終盤で登場し青鬼と同じく主人公たちを執拗に追いかける。青鬼との違いは追いかけてくる途中で一瞬止まり急激に加速してくる点である。
隠し要素で主人公の名前を[フワッティー]にすると、図書室で出てくる初期鬼を撒いた後に出現する。
キノシタ
Ver.6.1・6.23で隠し要素で出てくるキャラクター。青鬼化させることができる。

ノベライズ版オリジナルキャラクター[編集]

シュン
ノベライズ版の主人公。転校してきたばかりで、内向的な性格なためクラスに馴染めないでいる。ゲーム制作が趣味。
『あおおに〜じ・あにめぇしょん〜』では、最終回のラストで杏奈と一緒に洋館にやってくる後姿と、洋館へと入ろうとする姿が描かれている。
杏奈
シュンのクラスの学級委員長。昨年末に両親が事故で他界し、以降霊感が強くなる。シュンが密かな思いを寄せている。
『あおおに〜じ・あにめぇしょん〜』では、最終回のラストでシュンと一緒に洋館にやってくる後姿と、洋館へと入ろうとする姿が描かれている。

元始編オリジナルキャラクター[編集]

ほのか・ほのか姉
怪物が住んでいるジェイルハウスでかくれんぼをしていた謎の姉妹。

映画[編集]

青鬼[編集]

青鬼
監督 小林大介
脚本 小鶴
原作 noprops
製作 飯塚達介
松村傑
澤岳司
海老沼泰弘
阿部祥紀
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 入山杏奈
須賀健太
聖也
陳内将
古畑星夏
尾関陸
音楽 きだしゅんすけ
主題歌 山田奈都美 「蒼いクレスト」
撮影 南秋寿
編集 鈴木真一
制作会社 デジタル・フロンティア
製作会社 『青鬼』製作委員会
配給 AMGエンタテインメント
公開 日本の旗 2014年7月5日
上映時間 70分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 青鬼 ver2.0
テンプレートを表示

概要(映画)[編集]

入山杏奈AKB48)主演・小林大介監督で実写映画化。2014年7月5日公開。PG12指定。

公開当初は全国で9館の規模であったが、公開から2日間の全ての劇場で全ての上映回が満席になるなど、注目を集め[9]、2014年10月時点で、全国で70館を超えるヒットとなった[10]

また、ニコニコ生放送でも公開と同時に有料放送、映画実況放送を行い、ニコ生映画有料上映史上最高のチケット購入数を記録したことも話題になった[11]

キャスト(映画)[編集]

登場人物はノベライズ版に準じている。

スタッフ(映画)[編集]

  • 監督:小林大介
  • 脚本:小鶴
  • 原作:noprops
  • 小説著:黒田研二
  • 製作総指揮:吉田尚剛
  • エグゼクティブプロデューサー:永森裕二
  • プロデューサー:飯塚達介 松村傑 澤岳司 海老沼泰弘 阿部祥紀
  • 撮影:南秋寿
  • 照明:渡辺大介
  • 録音:島津未来介
  • 美術:塚本周作
  • 編集:鈴木真一
  • 音楽:きだしゅんすけ
  • スタイリスト:高橋さやか
  • ヘアメイク:有路涼子
  • CGプロデューサー:鈴木伸広
  • CGディレクター:土井淳
  • 助監督:松下洋平
  • 制作担当:小谷不允穂
  • 制作プロダクション:デジタル・フロンティア
  • 製作:『青鬼』製作委員会
  • 企画・配給:AMGエンタテインメント

Blu-ray / DVD(映画)[編集]

映画「青鬼」づかん
青鬼のCGに密着したスピンオフDVD。2014年10月8日発売。
『青鬼』
映画本編。Blu-ray、DVD共に2014年12月10日発売。

青鬼 ver2.0[編集]

青鬼 ver2.0
監督 前川英章
脚本 いながわ亜美
原作 noprops
製作総指揮 吉田尚剛
出演者 中川大志
平祐奈
松島庄汰
久松郁実
勧修寺玲旺
タモト清嵐
音楽 塚田良平
主題歌 「汚れなき悪戯」
撮影 長野泰隆
編集 星野義弘
制作会社 デジタル・フロンティア
製作会社 『青鬼 ver2.0』製作委員会
配給 AMGエンタテインメント
公開 日本の旗 2015年7月4日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 青鬼
テンプレートを表示

概要(ver2.0)[編集]

中川大志主演・前川英章監督で2度目の実写映画化。2015年7月4日公開。

本作は、「PART2」ではなく『ver.2.0』であり、続編ではなく前作からのバージョンアップとのこと[12]

Twitter上の反応では「前作よりさらに面白い」という声が非常に多く、評判は上々の様子となった[13]

キャスト(ver2.0)[編集]

スタッフ(ver2.0)[編集]

  • 監督:前川英章
  • 脚本:いながわ亜美
  • 原作:noprops
  • 小説著:黒田研二
  • 製作総指揮:吉田尚剛
  • エグゼクティブプロデューサー:永森裕二
  • プロデューサー:松村傑海老沼泰弘清水俊岩淵規(メディアンド)、阿部祥紀
  • 撮影:長野泰隆
  • 照明:児玉淳
  • 録音:齋藤泰陽
  • 美術:中谷暢宏
  • 編集:星野義弘
  • 音楽:塚田良平
  • スタイリスト:岡本佳子
  • ヘアメイク:及川奈緒美
  • CGプロデューサー:鈴木伸広
  • 助監督:石川久
  • 制作担当:中里友樹
  • 制作プロダクション:デジタル・フロンティア
  • 制作協力:メディアンド
  • 製作:『青鬼 ver.2.0』製作委員会
  • 企画・配給:AMGエンタテインメント

Blu-ray / DVD(ver2.0)[編集]

『青鬼 ver.2.0』
映画本編。Blu-ray、DVD共に2015年11月20日発売。

書籍[編集]

小説
黒田研二著、PHP研究所出版
ガイドブック

漫画[編集]

青鬼 元始編
2014年10月25日発売の月刊少年エース2014年12月号より「青鬼 元始編」として2016年12月号まで連載された。構成は黒田研二、漫画は鈴羅木かりんが担当した。
ゲームを下敷きにしつつ、小説とも、映画とも違う「もう一つの青鬼」として描かれていく[14]というコンセプトで描かれた。単行本はカドカワコミックス・エース角川書店)より発売。
青鬼 闇蘇露編
アンソロジーコミック。2014年7月2日発売。執筆者は全員で16名。PHP研究所より発売。

ゲームブック[編集]

青鬼の館から脱出するため謎を解き明かすのが目的のゲームブック。

「パラグラフ170 選択肢」に誤植があり、ゲームブック版の公式サイトでお詫びと訂正が載っている。

鹿野康二著、カドカワBOOKS(角川書店)

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

あおおに〜じ・あにめぇしょん〜
ジャンル ブラックコメディ[15]
アニメ
原作 noprops
総監督 濱村敏郎
監督 前田地生
シリーズディレクター maxcaffy(チーフディレクター)
シリーズ構成 かねこけ
脚本 かねこけ
キャラクターデザイン 坂井久太(キャラクター原案)、kichi
音楽 柳田しゆ
アニメーション制作 スタジオディーン
製作 アニメ「青鬼」製作委員会
放送局 テレビ東京BSジャパン
放送期間 2016年10月 - 2017年1月
話数 全13話
テンプレート - ノート

2016年10月3日より2017年1月9日まで『あおおに〜じ・あにめぇしょん〜』のタイトルでテレビ東京BSジャパンにて5分枠の短編アニメで放送された。なれぇしょん東地宏樹。内容はディフォルメ等身キャラによるブラックコメディである。なお、通常のアニメにある各話絵コンテ・演出の役職は存在しない。

キャラクターがすぐ死ぬという原作ゲームの特徴を盛り込み、毎回ゲームオーバーする作りになっている[16]

スタッフ(テレビアニメ)[編集]

  • 原作 - noprops
  • 総監督 - 濱村敏郎
  • 監督 - 前田地生
  • チーフディレクター - maxcaffy
  • シリーズ構成・脚本 - かねこけ
  • キャラクター原案 - 坂井久太
  • キャラクターデザイン - kichi
  • 音響監督 - 高寺たけし
  • 音響制作 - ダックスプロダクション
  • 録音スタジオ - P's STUDIO azabudai A/R ONE
  • 音響効果 - 和田俊也
  • 音楽 - 柳田しゆ
  • 音楽制作 - メロネスト
  • 音楽協力 - テレビ東京ミュージック
  • エグゼクティブプロデューサー - 渡辺和哉
  • プロデューサー - 今優子、佐藤至信、八島誠、細谷伸之、伊藤卓史、平川友香理、浦崎宣光
  • アニメーションプロデューサー - 津川明倫、中田善文
  • アニメーション制作 - スタジオディーン
  • プロデュース - 読広エンタテインメント
  • 広告代理店 - 読売広告社(ノンクレジット)
  • 製作 - アニメ「青鬼」製作委員会

主題歌[編集]

エンディングテーマ「キミこそ青鬼」
歌 - マチゲリータ(from Book of Magic)
挿入歌「男達の挽歌」(第6話)
歌 - ひろし・たくろう・たけし(逢坂良太・水島大宙・森嶋秀太)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 放送日
テレビ東京
第1話 5人いる! 2016年
10月3日
第2話 たけし発電所 10月10日
第3話 告白 10月17日
第4話 あおおにのゆうがないちにち 10月24日
第5話 ロココ調 10月31日
第6話 男達の挽歌 11月14日
第7話 パズルゲーム 11月21日
第8話 鉄格子 11月28日
第9話 ご当地キャラ 12月5日
第10話 音速あおおに 12月12日
第11話 アオオニスイッチ 12月19日
第12話 逆転世界 12月26日
第13話 閉じ込められて70年 2017年
1月9日

放送局[編集]

テレビ東京系列 / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [17] 備考
2016年10月3日 - 2017年1月9日 月曜 3:05 - 3:10(日曜深夜) テレビ東京 関東広域圏
2016年10月10日 - 2017年1月16日 月曜 2:35 - 2:40(日曜深夜) BSジャパン 日本全域 BS放送
2017年5月6日 - 不定期 アニマックス 日本全域 CS放送
テレビ東京 月曜 3:05(日曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
あおおに〜じ・あにめぇしょん〜
【本作からアニメ枠】
-

劇場アニメ[編集]

2017年2月11日に『青鬼 THE ANIMATION』のタイトルで公開された。内容は全年齢でも見られるサスペンスホラー[15]

スタッフとして、3DCG系の監督をこなしてきた濱村敏郎と、『かまいたちの夜』や推理小説を手がけてきた我孫子武丸が参加する。

スタッフ(劇場アニメ)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 4Gamer.net ― ホラーゲーム「青鬼」公式ノベルのPVがYoutubeとニコニコ動画で公開に
  2. ^ 【訛り実況】キリン×青鬼 携帯ゲームリリース!‐ニコニコインフォ
  3. ^ コラボ第二弾!【青鬼になってみた】~人間を捕まえろ編~がFLASHゲームで登場!-dwango.jp-
  4. ^ 知ってトクする(かもしれない)ツクール近況報告! / ツクールBlog
  5. ^ 「青鬼」テレビ&劇場アニメ化決定!上映版はオリジナルストーリーが展開!
  6. ^ 「青鬼2016」がプラットフォーム「AndApp」で配信。新EDなどを追加”. 4Gamer.net. 2017年4月4日閲覧。
  7. ^ 青鬼2 - 今度の舞台は廃校・・・”. UUUM株式会社(ウーム株式会社). 2017年4月4日閲覧。
  8. ^ a b c d 青鬼のゆる~いTVアニメ『あおおに ~じ・あにめぇしょん~』のキャストが発表! 逢坂良太さん、喜多村英梨さんらが出演、コメントも到着
  9. ^ 映画『青鬼』やマンガ『霧雨が降る森』に共通する、今、中高生に人気のアレとは” (2014年10月12日). 2014年10月31日閲覧。
  10. ^ 映画『青鬼』DVD&Blu-rayと、スピンオフDVD『青鬼づかん』のリリースが決定” (2014年10月7日). 2014年11月1日閲覧。
  11. ^ 入山杏奈復帰で大注目!『青鬼』が963万円でニコ生史上最高記録を達成” (2014年7月11日). 2014年10月31日閲覧。
  12. ^ 映画『青鬼 ver.2.0』新キャスト決定!!” (2015年2月3日). 2015年2月9日閲覧。
  13. ^ 『月刊少年エース』2015年9月号5pより。
  14. ^ 月刊少年エース2014年12月号46pより。
  15. ^ a b あの「青鬼」がまさかのブラックコメディ化&脚本・我孫子武丸で本格サスペンスホラー化したアニメ「青鬼」関係者トークショー
  16. ^ 「あおおに ~じ・あにめぇしょん~」前田地生監督インタビュー「アニメでは毎回ゲームオーバーにしようと思いました」”. アニメ!アニメ! (2016年10月12日). 2016年10月17日閲覧。
  17. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]