交渉人 遠野麻衣子・最後の事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
交渉人 遠野麻衣子・最後の事件
著者 五十嵐貴久
発行日 2007年9月10日
発行元 幻冬舎
ジャンル サスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
前作 交渉人
次作 交渉人・籠城
コード ISBN 978-4-344-01377-3
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

交渉人 遠野麻衣子・最後の事件』(こうしょうにん とおのまいこ・さいごのじけん)は、五十嵐貴久による日本推理小説

2003年に刊行された「交渉人」の2年後を描いた続編であり、前作の準主役・遠野麻衣子を主人公に据えたスピンオフ作品である。2010年4月に幻冬舎文庫より文庫化され、『交渉人・爆弾魔』と改題された。2010年6月、テレビ朝日系列の土曜ワイド劇場にてテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

テレビドラマ[編集]

2010年6月26日テレビ朝日系列土曜ワイド劇場にて放映された。

キャスト[編集]

警察関係者


スタッフ[編集]

外部リンク[編集]