机のなかみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
机のなかみ
監督 吉田恵輔
脚本 吉田恵輔
仁志原了
製作 古屋文明
小田泰之
出演者 あべこうじ
鈴木美生
坂本爽
清浦夏実
踊り子あり
音楽 神尾憲一
主題歌 クラムボン
「THE NEW SONG」
撮影 山田真也
編集 吉田恵輔
製作会社 ステアウェイ
配給 アムモ
公開 日本の旗 2007年4月21日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

机のなかみ』(つくえのなかみ)は、2007年4月21日に公開された日本映画。

監督・脚本・編集は吉田恵輔、主演はあべこうじ鈴木美生

解説[編集]

キャッチコピーは「見ちゃいけないかわいさ 爽やかなのに残酷、抱腹絶倒なのに号泣。一途なのに下心たっぷり…予測不能な、この素晴らしくない世界。」

「なま夏」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペティションでグランプリを獲得した吉田恵輔監督の長編デビュー作。下心いっぱいのお調子者の家庭教師と、ある秘密を抱えたかわいい女子高生を軸に繰り広げる予測不能の人間模様がコミカルに綴られる。主演は06年度R-1ぐらんぷり準優勝のあべこうじとグラビアアイドルの鈴木美生

ストーリー[編集]

大学受験を目前に控えた高校生の望(鈴木美生)は、家庭教師の馬場(あべこうじ)に勉強を教えてもらうことになる。同棲中の彼女(踊り子あり)がいるにも関わらず、望の愛くるしさにすっかり参ってしまった馬場は、何かにつけて彼女の気を引こうとする。彼のアタックをかわしながら猛勉強を続ける望には、ある秘密があった。

登場人物[編集]

馬場 元
演 - あべこうじ
ヒモ暮らしをする家庭教師。教え子の望に片思いする。
望月 望
演 - 鈴木美生
大学進学を目指す女子高生。父親から溺愛される。
藤巻 凛
演 - 坂本爽
馬場の教え子の一人。望とは同じ高校。
水野 多恵
演 - 清浦夏実
望の親友であり、凛の彼女。
棚橋 美沙
演 - 踊り子あり
馬場と同棲する彼女。
望月 栄一郎
演 - 内藤トモヤ
望の父。
三島先生
演 - 三島ゆたか
望らの担任教師。

スタッフ[編集]

  • 監督・原作・脚本・編集:吉田恵輔
  • 撮影:山田真也
  • 照明:佐伯琢磨
  • 録音:湯脇房雄
  • 音響効果:藤林繋
  • 衣装/スタイリスト:宮田弘子
  • キャスティング:真保直子
  • 製作担当:中村元
  • 助監督:立岡直人
  • 題字/タイトル:片山宏明
  • 製作:ステアウェイ / アムモ、日本出版販売
  • 配給:アムモ
  • その他:西村洋一、田代ももこ
  • エンディング曲:クラムボン「THE NEW SONG」作詞:原田郁子、作曲:ミト(コロムビアエンターテインメント)

外部リンク[編集]