イグアナ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イグアナ亜科
Leguán zelený.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: 広義のイグアナ科
Iguanidae sensu lato
亜科 : イグアナ亜科
Iguaninae
シノニム

イグアナ科
Igianidae sensu stricto

イグアナ亜科(Iguaninae)は、爬虫綱有鱗目イグアナ下目イグアナ科に属する亜科。近年は独立科イグアナ科 (Iguanidae) とすることが多いが、「イグアナ科」という分類群名には多義性があるため、ここでは便宜上、イグアナ亜科と呼ぶ。

イグアナ亜科はイグアナ (Iguana) と総称される(名前にイグアナが付かないチャクワラ属は除外することもある)。ただし、イグアナ亜科以外にもイグアナの名がつく種は多い(イグアナを参照)。

分布[編集]

アメリカ合衆国からパラグアイにかけてのアメリカ大陸および、ガラパゴス諸島カリブ諸島フィジー諸島

島嶼に住む属は次のとおり。

生息域[編集]

属により異なる。海生のものがいるのが特徴。

特徴[編集]

全長は、Dipsosaurus 属の20cm前後から、ウミイグアナの150cm前後(最大で200cm近く)まで。トカゲ亜目の中でも大型である。

子供はや小動物を食べるが、生体は果実や草など(ウミイグアナは海草)の植物食。

卵生。他のイグアナ下目には卵胎生のものもいる。

利用[編集]

メキシコを中心に食用とされており、主に樹上性の大型種が好まれる。グリーンイグアナ養殖もされている。

ペットとして好まれ、特にグリーンイグアナは人気が高い。

分類[編集]

画像[編集]