コートレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コートレット

コートレット (côtelette) は、スライスした仔牛肉パン粉をつけて炒め焼きするフランス料理である。日本カツレツの原型になった。コートレット・ド・ヴォーともいう[1]

調理方法[編集]

  1. まず、仔牛肉を薄く叩き伸ばす[1]
  2. 次に、小麦粉をまぶして溶き卵をくぐらせてから、パン粉を付着させる[1]
  3. 最後に、多量のバターで炒め焼きにする[1]

パン粉は、硬くなったフランスパンをおろしがねでおろして作る[2]。また、完成した料理には、調味料としてデミグラスソースをかける[2]

世界のコートレット[編集]

発祥国のフランスでは、すでにコートレットはあまり見かけない料理になっている[1]

イタリア料理のコトレッタ・アッラ・ミラネーゼ、オーストリア料理の「ウインナ・シュニッツェル」は、コートレットとほぼ同様の料理である[1]

日本のカツレツは、コートレットを日本風にした洋食である[1]。カツレツという語はコートレットがなまって命名された[3]。開国したばかりの明治時代の日本では、コートレットを見よう見まねで作る中で鶏肉牛肉を使うようになった[3]。コートレットは日本人の舌には油が強すぎたため、油切れの良い天ぷらのような多量の油で揚げる方式に変化し、食感をよくするためにパン粉も粒の大きなものが使われるようになった[1]。さらに、薄切りをやめて厚切りの豚肉を使うなどしてカツレツを日本人好みに改良した料理が豚カツである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 似てるけど全く別物! 「とんかつ」「カツレツ」 、あなたは違いを知っていますか?”. Yahoo!ニュース (2021年4月18日). 2021年5月7日閲覧。
  2. ^ a b とんかつの祖父と父”. ライオンフーヅ. 2021年5月7日閲覧。
  3. ^ a b 奥田ユキコ. “【ニッポン洋食ものがたり】とんかつは、いつ、どうやって誕生した?”. 日本気象協会. 2021年5月7日閲覧。