タイワンタガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイワンタガメ
Lethocerus indicus.jpg
保全状況評価
絶滅危惧IA類環境省レッドリスト
Status jenv CR.png
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目(異翅亜目)
Heteroptera
下目 : タイコウチ下目 Nepomorpha
上科 : タイコウチ上科 Nepoidea
: コオイムシ科 Belostomatidae
: タガメ属 Lethocerus
: タイワンタガメ L. indicus
学名
Lethocerus indicus
Lepeletier & Serville, 1825
シノニム

Belostoma indicum

和名
タイワンタガメ

タイワンタガメLethocerus indicus)は、コオイムシ科に属するタガメの一種である[1]

形態[編集]

体長は6.5から8cm (2.6から3.1in)[1]である。

生態[編集]

生態は日本のタガメによく似ており、前肢は小さめである。

分布[編集]

南アジア東南アジア中国南東部、朝鮮琉球諸島ニューギニア島[1]。日本唯一の生息地である与那国島では、10年以上記録がなく絶滅が心配される。環境省レッドリスト2018では絶滅危惧IA類(CR)となっている[2]

利用[編集]

タイでは食用にされている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c P. J. Perez-Goodwyn (2006). Taxonomic revision of the subfamily Lethocerinae Lauck & Menke (Heteroptera: Belostomatidae)". Stuttgarter Beiträge zur Naturkunde. A (Biologie) 695: 1–71.
  2. ^ 環境省レッドリスト 昆虫 (PDF)”. 環境省 (2018年5月22日). 2018年8月22日閲覧。
  3. ^ タガメ食文化圏 - タイの”全国区”タガメとバッタ”. 公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会. 2018年8月22日閲覧。