タイワンタガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイワンタガメ
Lethocerus indicus.jpg
保全状況評価
絶滅危惧IA類環境省レッドリスト
Status jenv CR.png
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目(異翅亜目)
Heteroptera
下目 : タイコウチ下目 Nepomorpha
上科 : タイコウチ上科 Nepoidea
: コオイムシ科 Belostomatidae
: タガメ属 Lethocerus
: タイワンタガメ L. indicus
学名
Lethocerus indicus
Lepeletier & Serville, 1825
シノニム

Belostoma indicum

和名
タイワンタガメ

タイワンタガメLethocerus indicus)は、カメムシ目(半翅目)コオイムシ科タガメ属に属する水生昆虫水生カメムシ類)の一種で[1]日本に分布するタガメに近縁な種である。

形態[編集]

体長は60mm[1]もしくは65mm - 80mmで[2]、日本国内で記録されたことがある水生昆虫類としては最大である[2]。日本本土に生息するタガメによく似ているが前肢は小さめで複眼が球形であること、さらに幅広く偏平な後脚などで区別できる[2]

成虫は雌雄ともに独特の匂いを出すがその成分は雌雄で異なり、後述のように人間が食用として用いる場合は♂成虫の方が♀成虫より芳香の評価が高く、♂のほうがより高値で取引される[3]

生態[編集]

比較的広い池沼に生息していると考えられている[2]。タイワンタガメ・日本のタガメを含め世界各地には様々なタガメ属の昆虫が生息するが、それぞれ生息地の自然環境による差はあれど行動様式はいずれもかなり近似している[4]

分布[編集]

南アジア東南アジア中国南東部・朝鮮半島ニューギニア島に分布する[1]。日本唯一の生息地である南西諸島八重山列島与那国島沖縄県)では1957年に記録されたが、1970年代後半に1個体が確認されて以来記録がないため絶滅が危惧されており[2]絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト)に指定されている[5]

日本産のタガメと同様に農薬など化学的水質汚染への耐性は低く、都築裕一がタイ王国内で行った生息調査により「首都バンコク近郊では生体は観察できず、現地の人からの聞き取り調査によれば『開発の進んでいない農村地帯へ行かないと手に入らない』ということだった。農村部でも近年は農薬が使われ始めており、個体数は年々減少している」という実態が判明している[6]

利用[編集]

日本のペットショップでは稀に「ビルマオオタガメ」「ジャワオオタガメ」など産地名付きの通称で販売されている[6]。飼育は日本産のタガメより難しいが南アメリカ産のナンベイオオタガメと比較すれば容易であり、上手に飼えば長期飼育・繁殖も可能である[4]

食用[編集]

油で揚げたタイワンタガメ(タイ王国)

中国南部(華南地方) - インドシナ半島タイ王国など)では伝統的に食用にされている[7]。特にタイでは食材として多量に消費されており[8]三橋淳(2010)は「タイの食用昆虫と言えばタイワンタガメを置いては語れない」と評している[3]

本種はタイでは「メンダ」と呼ばれて料理の香り付け・塩茹で・佃煮などで食用とされ、早朝の市場では人気が高く生きたまま、もしくは調理済みで売られている[6]。タガメ属の♂成虫は繁殖期に「パイナップルバナナに似た芳香」を放つようになるが本種は中でもその香りが強い[6]。♂のほうが強い芳香を持つため、2000年当時の1頭当たりの価格は♂が日本円で約80円程度、♀は♂の約5分の1程度であった[7]

蒸した♀成虫を食べる際には翅を取り除き、腹部を割って中の卵塊を取り出して食べるが、卵塊は粘り気の強い魚卵のような触感で美味とされる[3]。♂の場合は胸部・脚部に詰まった筋肉を穿り出して食べる[3]

タガメは肉食性の水生昆虫であるためかつての日本では養魚場の大害虫だった一方、タイでは山間部の蛋白源として不可欠な益虫であり、成虫が灯火に集まる習性(正の走光性)を利用して採集する[7]夜間に照明に飛来した野生個体の成虫を捕獲する(ライトトラップ)ことが多いが[8]、ため池で養殖する場合もあり[7]、近年では養殖法を解説した本が出版されたり、淡水魚の養殖池に発生したものを利用する場合もある[8]。タイにおける昆虫食文化は魚介類に乏しい内陸部(特に北部)で盛んで[7]、タイワンタガメ(メンダ)は北部・東北部の市場で普通に売られているが[9]、昆虫食文化の乏しい首都バンコクでもセスジツチバッタとともに食用として人気が高い[7]

またタイでは臭腺液が様々な食材に芳香を付けるエッセンスとして利用されるほか[10]、「ナムプリック・メンダ」(Nam prik mangda)というタガメの香りが着いた香辛料がある[11]。これはウドーンターニー県ハジャイにて「カピとタイワンタガメを火であぶり、タイワンタガメの肉にカピニンニク唐辛子を加えてすりつぶして水で伸ばす」という調理方法で生産されている[12]。この「ナム・プリック・メンダ」は日本人からすればかなり辛く[6]「唐辛子の辛さでタガメの香りはあまり感じられない」ほどだが[11]、タガメ独特の果実風の味・香りを持ち[6]、現地ではこれをご飯にかけたり野菜に付けて食べたりする[11]。またタイではすり潰したペーストが調味料として売られているほか、シュリンプペーストの香り付けに使われる例もあり、タガメの香りを再現した化学調味料も市販されている[12]。タイワンタガメはタイ国内で流通するのみならずアメリカ合衆国に在住するタイ人(在米タイ人)のために輸出もされており、1980年代にはカリフォルニア州バークレーのタイ食品店で販売されていた記録がある[13]

高野秀行はタイワンタガメの芳香を「キンモクセイ(桂花)・ライムユズのようなもの」と評している[12]

タイ以外の生息地各国でも以下のように食用として利用されている。

  • ベトナム - タイと同様にその肉を食べたり臭腺液を香料として得るために利用されており[14]、翅・脚・尾部の突出物を取り除いた上で炭火焼きにしたり水蒸気で蒸したりしてヌクマムを付けて食べたり、細かく刻んで油で炒めて食べたりする[15]
  • ラオス - 蒸したタイワンタガメにエビソースをつけて食べる[16]。1995年に三田村敏正が「首都ビエンチャンでタイワンタガメの串焼きが6匹約50円で売られていた」と記録している[17]
  • 中国・広東省 - 塩茹で・唐揚げにして食べる[18]
  • インド - 東部ナガランド州に在住する少数民族・アオナガ族が食用として利用している[19]
  • ミャンマー - ラングーン付近にて水銀灯に飛来する成虫を採集し、炭火で焼いて脚などの肉を穿り出して食べる[20]
  • シンガポール - 1947年にHoffmannが「タイワンタガメで香りを付けた塩が売られていた」と記録している[21]

出典[編集]

  1. ^ a b c P. J. Perez-Goodwyn (2006). Taxonomic revision of the subfamily Lethocerinae Lauck & Menke (Heteroptera: Belostomatidae)". Stuttgarter Beiträge zur Naturkunde. A (Biologie) 695: 1–71.
  2. ^ a b c d e 環境省生物多様性センター「タイワンタガメ (Lethocerus indicus (Lepeletier & Serville, 1775))」『レッドデータブック2014 昆虫類』(PDF)5、ぎょうせい、2015年2月1日、17頁(日本語)。ISBN 978-43240989982019年3月5日閲覧。
  3. ^ a b c d 三橋 2010, p. 142
  4. ^ a b 都築, 谷脇 & 猪田 2003, p. 203
  5. ^ “環境省レッドリスト2018昆虫類” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 環境省, (2018年5月22日), p. 18, オリジナルの2019年3月5日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20190305161229/http://www.env.go.jp/press/files/jp/109278.pdf 2019年3月5日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f 都築, 谷脇 & 猪田 2003, p. 202
  7. ^ a b c d e f タガメ食文化圏 - タイの”全国区”タガメとバッタ” (日本語). 公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会 (2000年10月25日). 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。(※『農業共済新聞』2000年10月25日[第4週]号に掲載)
  8. ^ a b c 三橋 2012, p. 111
  9. ^ 三橋 2008, p. 70
  10. ^ 三橋 2012, p. 142
  11. ^ a b c 三橋 2012, p. 143
  12. ^ a b c 高野秀行『辺境メシ ヤバそうだから食べてみた』文藝春秋社、2018年10月25日、96頁。ISBN 978-4163909196
  13. ^ 三橋 2008, p. 77
  14. ^ 三橋 2008, p. 70
  15. ^ 三橋 2010, p. 138
  16. ^ 三橋 2010, pp. 46-47
  17. ^ 三橋 2008, p. 108
  18. ^ 三橋 2008, p. 64
  19. ^ 三橋 2008, p. 102
  20. ^ 三橋 2008, p. 110
  21. ^ 三橋 2008, p. 111

参考文献[編集]

書籍[編集]

関連項目[編集]