走光性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

走光性(そうこうせい、Phototaxis)は、走性の一つで、生物刺激に反応して移動することである。走光性のうち、光のある方向に近づくような行動は「正の走光性」、光から離れるような行動は「負の走光性」(走暗性、走闇性)などともいう。正負を付さず単に「走光性の生物」などと言った場合には、正の走光性を指していることが多い。

なお、植物などが日光に対して屈曲する屈光性屈性の一つ)とは、性質を表す個体が移動する(向きを変えるだけではない)という点で異なる。

[編集]

走光性を持つ生物として一般には、ハエなどが挙げられる(諺「飛んで火に入る夏の虫」に表れる虫の動きは正の走光性による)。また、微生物テトラヒメナやユーグレナ(ミドリムシ)なども正の走光性を持つ。反対にミミズ、ゴキブリなどは負の走光性を持つ。

理由[編集]

生物は、それぞれの生息環境に適応した正負の走光性を獲得する事によって生存確率を高めている。ユーグレナは光合成を効率よく行なう為に正の走光性を持っている。またミミズの場合、生存に適さない地表を避ける為に負の走光性を持っていると考えられている。

一方、蛾などの夜行性の虫も正の走光性を持っているが、これは水平に飛行する為の指標として真上からの平行光(月明かり)を利用しているためであるとされる。火災、或いは人工光などによる照明は点光源のため、平行光に対する時と同様に光源方向に背(身体上面)を向けて飛行すると、本来の垂直方向への上昇力が光源に向けられるため、螺旋状に飛行して光源に衝突してしまう。

ドイツ連邦共和国政府は、昆虫の種類・数が減少しているという調査結果を受けて、人工的な光による夜行性昆虫の被害を抑制する政策を打ち出している[1]

人間[編集]

ヒト暗闇を怖れるため「人間は正の走光性を持っている」ともいわれる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 香坂玲(名古屋大学大学院教授)「ドイツ 自然保護改正案を採択/昆虫と共存の農業へ」『日本農業新聞』2021年8月2日14面

関連項目[編集]