培養肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャーレによってハンバーグ状に形成された培養肉
ハンバーグとして調理中の培養肉

培養肉(ばいようにく)とは、動物個体からではなく、可食部の細胞組織培養することによって得られた肉のことである。

動物を屠殺する必要がない、厳密な衛生管理が可能、食用動物を肥育するのと比べて地球環境への負荷が低い、などの利点があり、従来の食肉に替わるものとして期待されている。2019年現在のところ、高価であることが培養肉の課題の1つである[1][2]。しかし、技術の発展によって、従来の食肉と同等程度までに低価格化することができると予測されている[3][4]。一方で、人工的に生産された肉を食することに否定的な意見もある[5]

21世紀において、いくつかの培養肉研究プロジェクトが実施されている[6]。2013年8月にオランダのチームによって世界初の培養肉ビーフバーガーが実現し、ロンドンでデモンストレーションとして食された[7]。ほか、2016年日本の有志団体によるDIYバイオによる製造実証[8][9]、同団体発のスタートアップによる培養フォアグラの製造[10]、2017年7月フィンレス・フーズ社による培養魚肉の製造[11]、2017年3月メンフィス・ミーツ社が家禽(鶏肉と鴨肉)の細胞培養肉などの事例がある。

2019年3月末には、JAXAが「宇宙食料マーケット」の創出を目指し、「Space Food X」というプログラムを立ち上げた。30以上の企業、大学、研究機関等が参加し、「培養肉」を含む宇宙で食料を地産地消できる技術の開発を行う。これは宇宙移民の実現に向けた動きの一環で、将来的には宇宙ステーション火星に培養肉の研究所または工場を建設する予定。[要出典]

脚注[編集]

関連項目[編集]